アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

DXとは?DX推進のポイントまとめ

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

DXとはDigital Transformationの略称で、最先端のデジタル技術を使い続けることによって、生活やビジネスモデルに変革をもたらすことを言います。DXを推進して、丸一日かかっていた作業が数時間で終わってしまうケースや、企業風土がガラリと変わった例もあります。

DXを利用すれば、これまで難しかったことが簡単にできるようになります。これからの企業には、DXを活用して世界を変えていくような力が求められるのです。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

DXとは

DXとは、Digital Transformation(デジタル変革)の略称で、2004年にスウェーデンの大学教授エリック氏が提唱したものです。「進化し続けるデジタル技術が人々の生活を豊かにしていくこと」と定義されました。

DXについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

DXとは?DXの意味や事例をチェック!

DXのメリット・デメリット

DXのメリット

DXを進めると、時間がかかっていた作業が時短されたり、複数人が必要だった作業が一人でできるようになる、などのメリットが挙げられます。

特に注目されているのが、ビッグデータの活用です。顧客のニーズ・心理・動向を正しく把握できれば、より適した商品・サービスを開発できるようになるでしょう。

DXのデメリット

DXを自社に最適となるようカスタマイズしたり、DX技術・DXツールを開発したい場合、専門的な知識や、DXに長けたエンジニアが必要となります。

外部で開発されたDXツールを導入する場合も、最低限の利用知識やインターネットリテラシーが求められます。

DXを推進するため必要なことは

DXを推進するには、まず目的を定めることが大切です。なんとなくDXツールを導入し、成果も見えない、現場が混乱してしまい、中途半端な状態で諦めてしまった…というパターンも見受けられます。

部署を超えた意識共有も必要ですし、DX推進のために組織改編が必要かもしれません。実際に導入した後は、定期的に効果測定をしたり、目標を修正しながら進めることになるでしょう。

 

DXを推進するために重要なポイントを以下の記事にまとめています。ぜひ合わせてご覧ください!

DX推進をするためには?手順やポイントを解説!

DXの推進目的・利用シーン

飲食店

コロナ禍を経て、飲食店では非接触決済を導入したり、注文タブレット端末や配膳ロボットを導入する店舗も増えました。これにより人手不足の解消や、事務作業の効率化につながっています。

 

飲食店のDX導入について、詳しくはこちらの記事で解説しています。ぜひ合わせてご覧ください!

飲食店をDX化するには?コロナ禍で迫られるDX化についてポイントを解説!

病院・クリニック

医療機関ではコロナ禍の影響を受けて電話回線がパンクしたり、業務過多になる等の問題がありました。一方、患者の受診控えにより経営悪化が指摘される個人医院も多く、コストダウンや人件費節減が課題となっている所もあります。

そこで電話DXツールにより電話対応を自動化したり、問診ツール・予約ツールと電子カルテを連携させるDXシステムなどが広がっています。

 

病院・クリニックのDX導入について、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

医療DXとは?企業の取り組み事例や成功のポイント

ホテル・宿泊業

宿泊業界はコロナ禍により大きな影響を受け、他業種への転職が急増しました。アフターコロナを迎えつつある今、宿泊業界では人手不足が深刻になっています。

そこでDX技術を取り入れ、予約最適化、空室管理、清掃自動化といった取り組みが始まりました。人がやらなくてもよい業務はシステムに任せてしまう、という考え方が広まっています。

 

より詳しくは、以下の記事をご覧ください!

ホテル業界のDXとは?電話DX化でコロナ禍に負けない競争力をつける方法

ECサイト

オンラインショッピングやECサイトの利用件数は年々増加し、今後もその傾向が続くと言われます。

ECサイトには多種多様な情報が集まりますが、それを有効に生かせている企業はごくわずかです。DX技術でデータ分析を行うことで、顧客に最適化したマーケティングが実現できるでしょう。

 

ECサイトへのDX導入ポイントについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

ECサイトにおけるDXとは?メリットや推進ポイントを解説

不動産業

日本の不動産業界では、紙の書類に印鑑をつく、顧客情報をファイルに入れてキャビネットに並べる、といった昔ながらのビジネススタイルが多くみられます。

まずはペーパーレス化・クラウド化から始める不動産業者も多く、日常的な業務が効率化されたり、長時間労働が改善されるなどの効果が期待できます。

 

不動残業界のDX導入について、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

不動産業界のDXとは?電話業務を効率化して競争力を高める方法を解説

教育業

日本の学校や教育現場では、デジタル導入の遅れが指摘されています。デジタル人材の育成も求められる中、GIGAスクール構想をもとにデジタル化・DX環境整備が急ピッチで進められています。

かつては大量の紙資料を使うことも多かった教育現場ですが、ペーパーレス化・クラウド化・デジタル化が進んでいるようです。指導者側にもDXスキルが求められるなど、DX推進を積極的に行う必要があります。

 

教育業に関連するDX導入ポイントについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください!

学校や教育現場のDX化とは?電話対応を自動化して煩雑化する業務を効率化する方法を解説!

DXの比較ポイント

費用で選ぶ

DXツールやDXシステムは、初期導入費用・月額利用料・追加オプション料・設定変更手数料・設備投資費用などから構成されています。目的や企業規模に見合ったプランを選びましょう。

導入のしやすさにあわせて選ぶ

DXツールは、申し込んでその日から使えるものや、導入までに何度も打ち合わせをするものなど、様々なタイプがあります。合わせて、最低利用期間や、お試し期間があるかどうかもチェックしてみてください。

そのほか、設備の導入が必要かどうかもポイントとなります。

使いやすさにあわせて選ぶ

DXツールは、実際に現場のスタッフが使ってみて、使いやすいものが良いでしょう。できれば無料お試し期間があるものや、デモ画面を使えるものがおすすめです。

もし困ったときもサポート体制があれば、安心して使うことができます。

目的や、自社の課題に合わせて選ぶ

DXシステムやDXツールを導入するときは、目的や課題に合わせて選ぶのが鉄則です。

多機能・高機能になるほどコストも高くなり、カスタマイズが難しくなる傾向にあります。あらゆる機能がひとつにまとまったツールではなく、小規模のDXツールを相互に連携させる方が、うまくいくことがあります。

ポイント別、おすすめDXツール

費用で選ぶDX

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、月額3,000円~利用できるIVRツールです。電話がかかってくるとAIの音声ガイダンスが「○○の問い合わせは1番を押してください…」と自動対応するシステムで、普段の電話業務を劇的に改善します。

基本的なIVR機能をオプション料金なしで使い放題でき、人件費カット、通話料節約などコストダウンにも役立ちます。

 

月額無料~利用できるビジネスチャットツールです。メッセージはもちろん、ファイルも90日間まで残すことができます。チーム別のチャットルームを作ったり、簡単に外部と資料を共有することもできます。

 

1ユーザー当たり月額780円~利用できる、総合型のビジネスツールです。スタッフ一人ひとりの業務状況を見える化でき、各種書類のデジタル化・クラウド化が可能です。テレワークにも対応しています。

導入のしやすさで選ぶDX

日本で開発されたビジネスチャットツールです。日本人向けに使いやすく設計されており、直感的に利用できるでしょう。特に中小企業に使いやすく、外部企業との連携もしやすくなっています。

 

ワークフローシステムと呼ばれるDXツールで、書類にハンコをつくような「承認プロセス」をペーパーレス化します。業務負担が軽減するほか、テレワークにも対応でき、検索も可能になります。

サポートが手厚いことで知られており、各企業に最適な導入プランを提案してくれるなど、初めてDXツールを導入するような企業にもおすすめです。

 

IVRyは申し込んだらその日から稼働できる電話自動化ツールです。特に、少人数の店舗を高く展開しているような企業におすすめで、飲食店や病院・クリニックなどにもご好評いただいています。

設定・管理もカンタンで、誰でも直観的に操作ができます。困ったときもサポートチームにご相談くだされば、全力でバックアップいたします!安心して導入できるDXツールです。

使いやすさで選ぶDX

IVRyは直感的に理解できる、分かりやすい設定画面になっており、誰でも簡単に使いこなすことができます。もし使い方に困ったときも、操作方法の動画を始め、マニュアルも完備しており、サポートチームも徹底的に支援します!

 

ECサイトを中心に、多数の導入実績があるCRM(顧客管理)ツールです。顧客情報をはじめ、購入履歴、アンケート結果、接客メモなど、ECサイトに集まるたくさんの情報を自動的に整理・統合・分析することができ、売上アップへつなげます。

 

飲食店や小売店を中心に導入されているPOSツールです。iPad端末で直観的に操作ができるほか、電子決済にも対応しています。自動的に集計されるため売り上げ分析もでき、会計ソフトとの連携も可能です。

人手不足解決に優れるDX

IVRyは電話対応を自動化できるため、普段の電話対応の回数を減らし、スタッフの負担を軽減することができます。人手不足解消に役立つだけでなく、通常業務に集中して取り組むことができるようになって、効率もアップ。人件費を効率的に回転させることができます。

電話研修も不要になるなど、人手不足の企業にはおすすめのDXツールです。

 

人材管理・労務管理が簡単になるDXツールです。スタッフや採用前の人材情報を保管でき、空きが出たポストに最適の人材を探し出したり、人事評価や労務手続きの自動化も可能です。人手不足解決に優れるだけでなく、人材の適材適所にも役立ちます。

 

NTTビジネスソリューションズによるRPAツールです。専門的な知識やプログラミング技術がなくても、普段のルーティン業務をカンタンに自動化できます。時間がかかる業務を時短するのに長けており、人手不足解消に役立つでしょう。

売上UPに優れるDX

IVRyのSMS自動送信機能を活用すると、予約受付や道案内の自動化やも可能です。24時間365日対応できるので、営業時間外でも予約・変更を受けられます。営業時間内で手が離せないときでも、IVRyが自動で予約受付や道案内をするので、売上アップにつなげることができますね!

 

CRMツールとして知られ、世界中で利用されているDXツールですが、営業支援機能が充実しており、売上UPや商談成約にも役立ちます。AIを活用したマーケティング機能により、費用対効果を高めることも可能です。

 

BIと呼ばれる経営判断支援ツールで、AIを活用したデータ分析により意思決定を助けます。データ活用スキルがなくても簡単にグラフや資料を作成でき、マーケティングや営業戦略に役立てることができるでしょう。

顧客管理に優れるDX

IVRyの顧客管理機能を利用すれば、電話がかかってくると番号から顧客情報を検索し、画面に表示します。過去の問い合わせ履歴を見ながら通話したり、メモを残すこともできるので、ひとりひとりの顧客に寄り添ったきめ細かい対応が可能になるでしょう。

 

名刺管理・営業支援・テレワーク支援などの機能をひとつにまとめたDXツールです。個人単位に任されやすい名刺管理を社内全体で共有することができ、社員が退職・転職してしまってもデータを残すことができ、顧客データを管理できます。

 

飲食店を中心に導入実績が多数あるDXツールです。予約や注文、スタンプカードなどをデジタル管理でき、顧客側にもメリットが大きく、満足度を高める工夫が詰まっています。導入することでスタッフを半数にすることも可能になるなど、コストダウンにも役立つツールです。

 

こちらに紹介したツール以外にも、DXを推進するためにたくさんのツールがあります。DXツールの選び方について、こちらで詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください!

DX推進にはどんなツールを選べば良い?目的別にご紹介!

DXの活用事例

飲食店

飲食業界はコロナ禍で大きな影響を受けました。結果的にDXが急速に進むきっかけともなり、非接触決済システム、タブレット注文システム、WEB予約システム、配膳ロボットなどが浸透しています。より少ない人手で運営でき、業務負担の軽減に成功しているようです。

病院・クリニック

コロナ禍を受けて電話回線がパンクした医療機関では、電話自動化ツールの導入が進みました。スタッフの業務負担軽減に役立っています。

一方、診療控えにより経営が悪化した医療機関などは経営支援ツール、電子カルテツール、問診予約ツールなどが広がっています。

ホテル・宿泊

宿泊業界もコロナ禍で大きな影響を受けました。受付や予約の省人化・無人化・自動化が進み、清掃ロボット、人感センサーなどの利用が広まっています。いずれもスタッフの業務負担を軽減し、効率化とコストダウンに役立つシステムです。

ECサイト

ECサイトを運営する企業では、実店舗の運営と合わせてECサイトの裏方業務や受発注、梱包発送など、多岐に渡る業務を少人数でこなしていることが多いです。そこでECサイト最適化ツール、受発注自動化ツール、顧客管理ツール、電話自動化ツールなど、いくつかのDXツールを活用し、スタッフの負担軽減に役立てています。

不動産業

国内の不動産業者は、未だに紙の書類に印鑑をつくような、昔ながらの業務スタイルを続けているところも多いです。DX化できる業務は多く、ペーパーレス化・クラウド化を始め、オンライン商談ツール、ドローンを活用した物件閲覧システムなどが広まっています。

教育業

教育においても将来のDX人材を育てる意識が求められており、教育現場や、教職員の業務分野にDXを導入する動きが進んでいます。

教育現場ではペーパーレス化と合わせて、児童・生徒にDX技術に慣れさせたり、考え方を教育し、業務分野には負担軽減のため電話自動化ツール、RPAツールなどが利用されています。

 

電話DXツールの導入で業務改善した事例について、こちらでより詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください!

▶︎電話DXでの業務改善事例

まとめ

DXとは、生活やビジネスモデルを変革させるような最先端の技術です。 専門的な知識や経験がなくても、DXツールを使えばかんたんに技術を使いこなすことができ、業務効率化、コストダウンが実現します。

DXツールを選ぶときは、費用、使いやすさと合わせて、目的を達成できるかどうかよく確認しましょう。

DXに関連する記事

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ