AIやソフトウェアの力で、
すべての人が楽しく働ける世界を作る。

日本地図

私たちは、IVR(電話自動応答)を起点として、AI対話システムを開発・運営しています。
目指すのは、AIやソフトウェアを活用し業務を効率化することで、
人が介在する仕事の価値を最大化し、
楽しく・豊かに事業活動を行うことができる世界の実現です。

まずは「IVRy」という電話にAIを組み込んだプロダクトを
中心にサービス展開をすすめることで、
日本全国・業種や規模問わず、働く全ての人の生産性を劇的に向上させていきます。
そして未来では、企業や個人があらゆる場所や業務でAIを活用できるよう、
ハードウェア/ソフトウェアの両面で価値を提供していきたいと考えています。

私たちは「Work is Fun」を掲げ、それを実現しながら事業も組織も非連続に成長し、
世界で使われ、世界から期待されるサービスを創り続けることを目指しています。

IVRy Culture Deckカルチャーデック

Why we doなぜするのか

  • 01

    日本の労働人口は、2030年には約600万人以上の不足。
    さらに、70%以上の中小企業は現時点で人手不足で困っている。

    少子高齢化により労働人口が減少し、中小企業を中心にあらゆる分野で人手不足が加速しています。
    今後、人件費の高騰や人材獲得競走の激化により、人の対応はリッチと言われる時代が訪れ、より深刻な課題となっていきます。

  • 02

    最も使われる問い合わせ手段は、いまだに「電話」であるが、
    事業者が感じる電話のペインは重く、解決されていない

    現在も多くの事業者がお客様の問い合わせ受付方法として、電話を利用している一方、
    多くの事業者が突然来る「電話」によって、業務効率が大きく低下していますが、いまだ解決策がない状況です。

  • 03

    最先端のテクノロジーが日本全国に届くのはいつも10年後。
    労働生産性向上に10年かかると、日本の経済活動は破綻する。

    新しいテクノロジーが大企業や都会で使われ始め、地方や中小企業に届くのはいつも10年後です。
    IVRyは、「電話」という角度から、AIやソフトウェアをシームレスに届けることで、日本全体の労働生産性向上を推進していきます。

Service事業内容

日本の全ての企業があらゆる場所や業務でAI活用できる世の中へ

これまで最新のIT技術を享受できなかった企業が、AIやソフトウェアの活用により業務を効率化することで、
人が介在する仕事の価値を最大化し、楽しく・豊かに事業活動を行える世の中にします。

  • 電話自動応答サービス

    IVRy(アイブリー)は、月3,000円からカスタム電話をカンタンに作成できるサービスで、
    すべての電話業務を誰でもカンタンに効化することができます。

    詳しくみる
    電話自動応答サービス
  • AI電話代行サービス

    ChatGPTと独自開発した対話コントロール技術を組み合わせ、
    人間の対応と同様の自然な会話ができるシステムです。

    詳しくみる
    AI電話代行サービス