電話DXの「IVRy」がT2D3の事業拡大を目指し本社を移転。面積を約7倍に拡大し、リモート時代でも「来たくなるオフィス」へ

月額3,000円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供する株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、今後のさらなる事業成長に向けた従業員増加への対応及び、創発的なコミュニケーションが生まれる、リモート時代にも「来たくなるオフィス」空間づくりを目指して、7月19日に本社オフィスを東京都台東区の住友不動産上野御徒町ビルに移転、8月より本格稼働を開始いたしました。なお、新オフィスは前オフィスの約7倍(407.2㎡)の規模となっております。

プレスリリース引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000056805.html

生産性向上と創造的な事業推進の実現により、「Work is Fun」の体現を目指す

月額3,000円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供する株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、今後のさらなる事業成長に向けた従業員増加への対応及び、創発的なコミュニケーションが生まれる、リモート時代にも「来たくなるオフィス」空間づくりを目指して、7月19日に本社オフィスを東京都台東区の住友不動産上野御徒町ビルに移転、8月より本格稼働を開始いたしました。なお、新オフィスは前オフィスの約7倍(407.2㎡)の規模となっております。

本社オフィス移転の背景

「IVRy」は、様々なシーンでの電話業務を自動化・効率化し、普段の業務オペレーションへの集中や対応工数削減を実現する電話DX SaaSサービスです。2020年11月のサービス提供開始からこれまでで、25以上の業界に渡って利用をいただいており、これまでに計150万件以上(※1)の着電の自動応答を実現しております。

※1:2022年7月31日時点までの実績
 

サービス利用社数増加及び事業拡大に伴い、組織体制を強化。2021年12月時点で正社員数は1名でしたが、半年で15名に増員。今後のさらなる成長に向けて、現在採用をさらに強化しており、これまで業務委託及び副業で関わっていたメンバーの正社員登用も推進しております。そこでこの度、今後の組織拡大及び、T2D3*での事業成長を目指すべくオフィスの拡大移転を決定いたしました。

*T2D3:ARR(Annual Recurring Revenue。年間経常収益)を毎年、Triple(3倍)、Triple(3倍)、Double(2倍)、Double(2倍)、Double(2倍)に成長させていくモデル

新オフィス概要:「リモート時代でも来たくなる、楽しいオフィスに。」

当社は新型コロナウイルスの流行以前より、リモート勤務を導入しておりますが、出社を選択できることを前提にオフィスのあり方を再考。「効率的な仕事を行うためだけのオフィス」ではなく、「創造的な仕事を生むための空間」であると考え、「リモート時代でも来たくなる、楽しいオフィスに。」をコンセプトとして、空間づくりを敢行。

空間を最大限まで広く活用したワンフロアの中に、執務エリアのほか、ボルダリングスペースやDJ/Musicエリアなど、遊び心の詰まったスペースを設けています。それにより、IVRyが大切にしている「Work is Fun」を体現できる場所として、カルチャー形成と顧客に対する本質的な価値追求を同時に実現していきたいと考えております。

主な新オフィスデザイン

<オフィス全体>

あえて、仕切りや会議室等を設けず、空間を広く活用し、クローズドなコミュニケーションを極限まで減らし、他チーム/メンバーの動きやコミュニケーションなども見える、ワンフロアでのオフィス設計としております。また天井をスケルトンにすることで、オフィスの閉塞感をなくすデザインを目指しました。

<ボルダリングスペース>

この度のオフィス移転では、「なにかひとつ、普通の会社はやらないユニークなスポットを作りたい」と考え、ボルダリングスペースを設けました。

また、本スペースにおいてはNatural-Protec社監修のもと、ルートセッティングからホールドの細部に至るまで、こだわり抜いたボルダリングウォールを採用しております。

<会議スペース・DJ/Musicエリアなど>



<住友不動産上野御徒町ビル:外観>

 代表取締役CEO 奥西 亮賀のコメント

現在、IVRyではマーケティング〜セールスモデルが確立しつつあり、より大きな事業成長を目指せるフェーズになってきていると考えています。今後、事業をT2D3で成長していこうと考えた場合、人員もT2D3で増えていく必要があり、そのためには、オフィス面積もT2D3で拡張する必要があると考え、オフィスという重要なアセットへの投資を決めました。

今回、かなり遊び心を取り入れたオフィスとなっておりますが、そもそも当社のメンバーは仕事や顧客、自分たちの作るプロダクトに対して、基本的に非常に真面目で、提供価値を追求して仕事をするプロフェッショナル集団です。そんなメンバーたちと共に、この新たなオフィスを起点として「Work is Fun」を体現し、今後の事業成長と組織成長がより大きく・より速くなるように進めていきます。

CEO 奥西のnoteも同時公開

この度のオフィス移転の理由と狙いについて、CEO 奥西の目線で、より詳細に語った記事をnoteにて同時公開いたしました。是非、ご覧ください。

URL:https://note.com/ryogaskywalker/n/n6a7f562228f2

電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」とは

IVRyは月額3,000円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)です。

低価格でありながら自動応答の分岐を自由にカスタマイズでき、営業電話のブロックや担当者への振り分け、Webページへの誘導、電話内容の管理など電話業務を効率化できます。

あらゆる業種の様々な電話用件に対応できる

IVRyの音声ガイダンスは、テキストで入力した内容をAI音声が読み上げて生成されるため、専門用語などを含む難しい用件であっても対応できます。
これまで病院・クリニック、企業の代表電話・部署電話、飲食店、美容院、ECをはじめ、様々な業界・業種で電話業務を効率化しています。

↓導入事例はこちら↓
https://ivry.jp/case/

煩雑な電話問い合わせの管理をスムーズに

IVRyでは着電した電話のプッシュ履歴や、通話録音・音声録音がすべて管理画面上に残ります。
これにより、煩雑になりがちだった「いつ、誰から、どんな内容の電話がかかってきたか」の管理や、「言った言わない問題」を解決することができます。

誰でも使いやすいUI/UX、最短即日で導入可能

使いやすいUI/UXで難しい操作が必要なく、誰でも簡単に電話対応の自動化を実現することができます。
また、最短即日で利用可能で初期費用も無料のため、すぐに電話の一次対応をIVRyに任せることが可能です。

この他にも様々な機能で、電話業務の効率化をすることができます。

IVRyの新規採用について

当社IVRyでは、新たな仲間を募集しています。
このプレスリリースをご覧の皆様にご興味を持っていただけましたら、以下の採用概要をご確認いただき、カジュアル面談のお申し込みをお願いいたします。

URL:https://ivry-jp.notion.site/IVRy-e1d47e4a79ba4f9d8a891fc938e02271 

株式会社IVRyについて

会社名
株式会社IVRy(アイブリー)
代表者
代表取締役 奥西 亮賀
設立年月
2019年3月
所在地
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-7-1 住友不動産上野御徒町ビル4F
電話番号
050-3204-4610
会社HP
https://ivry.jp/company/

株式会社IVRy(読み:アイブリー)は、月額2,980円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)IVRyを運営・開発しています。