電話DX SaaSのIVRy、シリーズBで13.1億円の資金調達を実施。AI音声認識・ChatGPTを活用した通話音声要約機能を同時リリース

電話DXの株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、読み:アイブリー、以下「当社」)は、総額13.1億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。本ラウンドではフェムトパートナーズ、Headline Asia、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、三菱地所のCVCであるBRICKS FUND TOKYOを引受先としています。今回の調達により、累計資金調達金額は17.1億円となります。

プレスリリース引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000056805.html

フロントオフィスを支える電話DXサービスでT2D3の成長を実現し、日本を代表するSaaS企業へ

電話DXの株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、読み:アイブリー、以下「当社」)は、総額13.1億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。本ラウンドではフェムトパートナーズ、Headline Asia、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタル、みずほキャピタル、三菱地所のCVCであるBRICKS FUND TOKYOを引受先としています。今回の調達により、累計資金調達金額は17.1億円となります。

また、本調達発表と合わせて、当社はAI音声認識機能(β)・ChatGPTを活用した通話音声要約機能(β)を提供開始いたします。今後も当社は顧客への本質的な提供価値を追求し、最先端の技術を誰でも利用できるサービスへとデザインすることで、日本の電話DXを実現してまいります。

■シリーズB調達について

当社は、「最高の技術を、すべての企業に届ける 」というミッションを掲げ、日本の99.7%を占めるスモールビジネスや中小企業を主な対象として、電話DX SaaS「IVRy(アイブリー)」を提供しています。

「IVRy」は、様々なシーンでの電話業務を自動化し、フロントオフィス業務の効率化及び生産性向上を実現するSaaSです。

2023年3月時点で、47都道府県、50業界以上、5000以上のアカウント利用をいただいており、これまでに累計500万件以上の着電の自動応答を実現。MRR(月次経常収益)の実績は昨年比600%(※1)となっており、T2D3を超えるペースで成長しております。

IVRyが評価されている点としては主に下記の3つのポイントがあります。

  • 誰でもマニュアルなしで使えるUI/UX
  • 業界、業種関係なく、完全ノーコードで分岐を設定できるカスタマイズ性
  • 安価かつ、すぐに使い始められる高い利便性

今後も当社は、首都圏から地方・業種問わず、日本全国に向けて、最先端の技術をより早く、非対称性なく届けることに努めてまいります。まずはその足がかりとして、長きにわたり利用されてきた電話によるコミュニケーションのあり方を再構築し、顧客をはじめとするステークホルダーと関わる、フロントオフィス領域のDXを推進してまいります。

※1: 2021年12月と2022年12月の比較

■調達資金の主な活用用途(予定)

1. GPT-4やChatGPT等のAI技術を中心としたプロダクト開発

AIによる音声認識や合成音声、LLM(大規模言語モデル)を利用した対話型AIといった最先端の技術を活用し、最先端の技術を誰でも利用できるサービスへとデザインすることで、最高のフロントオフィス体験を開発・実装していきます。

2. コーポレート・サービス・採用認知拡大に向けたPR・マーケティングの強化

IVRyの利用登録アカウント数に関して、2022年3月時点では1,300、2023年1月30日時点では5,000アカウントまで増加しております。セールス及びマーケティング・PR活動における、より積極的なリソース投入により、日本全国での認知拡大及び利用促進を図っていきます。

3. 各ポジションにおける採用活動の強化

当社社員数に関しまして、2021年12月のシリーズA調達時には2名でしたが、現在25名に増加しています。今後のさらなる成長に向けて、セールス、エンジニアなど各ポジションの採用強化を図ることで、組織体制を強化し加速度的な成長を図っていきます。

採用概要:https://ivry-jp.notion.site/IVRy-e1d47e4a79ba4f9d8a891fc938e02271

■資金調達概要

調達金額:13.1億円
調達方法:第三者割当増資
株主  :フェムトグロース・スリー投資事業有限責任組合、Headline Asia、三菱UFJキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、BRICKS FUND TOKYO ※順不同 

■「AI音声認識機能(β)」、ChatGPTを活用した「通話音声要約機能(β)」について

この度、AI音声認識機能(β)・ChatGPTを活用した通話音声要約機能(β)を提供開始いたします。

AI音声認識機能は、従来の電話のキーパッドでの分岐とは違い、実際の音声を認識し、自動対応する機能です。自動応答だけではなく、SMS返信や転送をつなぐなどのカスタマイズも簡単に可能です。

また、ChatGPTを活用した通話音声要約機能(β)は、IVRy上で利用された通話内容や録音内容を要約して表示する機能となり、利用企業は、従来音声を聞いて内容を確認していた業務がなくなり、より即時に要点を確認することが可能です。

■引受先からのコメント(順不同)

フェムトパートナーズ株式会社
General Partner 曽我 悠平 氏・Senior Manager 小野瀬 宏 氏

シリーズAラウンドに続き、追加投資いたしました。前回の資金調達以降、経営陣を中心とした皆さんの力により、プロダクトの機能拡張、急速な顧客数の増加、組織拡大を遂げており、電話対応のニーズと利便性に優れたプロダクトが評価されていると感じています。

IVRyは電話というレガシー領域に切り込み、新しいコミュニケーションスタイルを確立する会社になれると考えています。今後は、AI技術の実装化、音声データを活用した機能拡充等により更に付加価値を向上させ、業務効率化が求められる社会課題の解決、ひいては社会の幸福度を高めていくことを期待しています。引き続きIVRyの成長を支援して参ります。

Headline Asia  Principal / IVS  代表取締役
島川 敏明 氏

IVRyの奥西さんと出会ったのは弊社が開催しているピッチコンテスト “IVS LAUNCHPAD” に応募いただいたのがきっかけです。社内で開発しているVC投資先の急成長サービスを自動検出するツールでみつけたUSの類似サービスをちょうど調べていたので、応募いただいた300社の中でも個人的に注目していました。

また、IVRyユーザー行動の生データを自社ツールで分析するとHeadlineグループで200社以上分析した中でも総合的に非常によいスコアだったことが決定打となりました。B向けの音声領域は展開できるビジネス領域は多く、またアジアを始めとする海外への進出も期待しております。

BRICKS FUND TOKYO
三菱地所株式会社 新事業創造部長 井上 和幸 氏
株式会社プライムパートナーズ Co-founder & Senior Partner 竹森 大介 氏

人と人の接点がデジタルツールに置き換えられる中で、レガシーツールである電話にもまだ多くの可能性が残っています。IVRyは大手企業やコールセンターが享受していた電話DXによる業務効率化・高度化を小さなお店でも手軽に導入できるサービスとして大きな反響を得ています。また、電話応対データは他のデジタルツール以上に人の感情や対話の文脈を含んだリッチデータであり、技術的ブレークスルーを迎えた大規模言語モデル(LLM)と組み合わさることにより新しいアプリケーション創出も期待されます。

本ファンドでは、IVRyと三菱地所グループとの共創を通じてオフィスビルや商業施設、そしてまち全体における新たな体験価値の創出を目指すなど、同社の成長を多方面で支援してまいります。

SMBCベンチャーキャピタル株式会社
投資営業第四部長 安田 純也 氏

様々な事業者さまにとって電話は、長年重要な顧客窓口であり続けている一方、接客等本来注力すべき時間を捻出するためには業務の効率化が大きな課題となっています。電話自動応答サービス「IVRy」はまさにその課題を優れたUIUX、手頃な価格により解決していくサービスだと強く感じました。またIVRyの皆様とのディスカッションを通じて、奥西社長がお客様のためにサービスをいかに進化させるか深く考えているか、それをチームの皆様とともにスピード感をもって実現しているか、は強く印象に残っております。

「IVRy」が今回の資金調達を機にさらに世の中に広がり、多くの事業者の皆様にとってなくてはならないインフラとして広がることを期待しております。
そのためにSMBCグループとしてできる限り支援して参りたいと思います。

三菱UFJキャピタル株式会社
投資第二部部長 田口 順一 氏

電話自動応答サービスにより現場の負荷軽減を実現し、導入したユーザがより本業に集中する事が出来るようになるIVRyは、ユーザニーズに合致し急成長しています。

ChatGPTと会話できる「電話GPT」を早期にリリースする等、スピード感のある経営チームと様々な機能を実装していくプロダクト開発力に期待をし、今般出資させて頂きました。
弊社としても、MUFGのリソースを活用し更なる成長を支援して参ります。

みずほキャピタル株式会社
インベストメントマネージャー 紅林 亮多 氏

奥西代表とは昨年7月頃から継続的にコミュニケーションさせていただきました。ユーザーの獲得スピードが落ちることなく伸びている上に、営業効率も非常に良く運営されていて、今後も着実に拡大していくイメージが湧きました。プロダクトについて、IVR自体に目新しさはないものの、奥西代表の強みでもあるUI・UXがターゲット顧客に深く刺さっていることや電話の性質を踏まえるとチャーンが低く抑え続けられる可能性が高い点などを評価しました。チームも魅力的で優秀な方々が続々と参画されており、奥西代表が醸成する組織の雰囲気の良さなども強く感じています。今後は、蓄積された音声データを基にしたプロダクトの展開に期待しております。

■株式会社IVRy 代表取締役CEO 奥西 亮賀のコメント

前回の2021年12月のシリーズAから、MRR成長率もYoYで600%・従業員数も1名から22名と、事業と組織の力も大きくなり、1年3ヶ月でシリーズBの資金調達をさせていただくことになりました。

IVRyの話をするときは、「今、電話?」というイメージを持たれる方が多いのですが、その中でもIVRyの顧客価値や未来を信じて、一緒に走り続けてくれたメンバーや新規・既存含む株主・パートナー企業の方々には、本当に感謝しています。

これからは、IVRy初期から話していた未来を形に変えていくターニングポイントです。IVRyの今回の資金調達と同時リリースしたAI音声認識機能やChatGPTによる音声通話の要約機能などを皮切りに、IVRyはLLMs(大規模言語モデル)を含むAI技術を価値あるプロダクトに変え、すべての企業がテクノロジーの非対称性を感じることなく、利用できるようにしていきたいと思います。

今回の資金調達をきっかけとして、AIも利用した価値あるプロダクト開発・より一層強化したマーケティング・そして、一緒に日本に価値を届けられる人材の採用を行なっていくとともに、今後も日本のすべての企業に、最高の技術を届け、電話DXを推進したいと考えております。

■【採用向け特別対談イベント】2名の投資家とCEO奥西が語る電話DXとIVRyの未来

本シリーズB資金調達に際して、シリーズAからの投資家であるフェムトパートナーズ、曽我 悠平氏とHeadline Asia/IVS、島川 敏明氏、創業者兼代表取締役CEO奥西による対談イベントを開催いたします。
これまでのIVRyの成長の軌跡、資金調達の狙い、今後の展望について語ってまいりますので、下記イベントページをご覧いただき、是非ご参加ください。


日時:2023年4月11日(火)19:30~20:30
開催場所:オンライン(zoom)
URL:https://forms.gle/gKhRDVD7Qcv85uiV9

■シリーズB資金調達の裏側を綴ったCEO奥西のnoteを公開

本シリーズB資金調達に関して創業者兼代表取締役CEO奥西のnoteを公開いたしました。
これまでのIVRyの成長の軌跡、資金調達の狙い、今後の展望について書いておりますので、ぜひご覧ください。

URL:https://note.com/ryogaskywalker/n/n39f062caf4c3

電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」とは

IVRyは月額3,000円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)です。

低価格でありながら自動応答の分岐を自由にカスタマイズでき、営業電話のブロックや担当者への振り分け、Webページへの誘導、電話内容の管理など電話業務を効率化できます。

あらゆる業種の様々な電話用件に対応できる

IVRyの音声ガイダンスは、テキストで入力した内容をAI音声が読み上げて生成されるため、専門用語などを含む難しい用件であっても対応できます。
これまで病院・クリニック、企業の代表電話・部署電話、飲食店、美容院、ECをはじめ、様々な業界・業種で電話業務を効率化しています。

↓導入事例はこちら↓
https://ivry.jp/case/

煩雑な電話問い合わせの管理をスムーズに

IVRyでは着電した電話のプッシュ履歴や、通話録音・音声録音がすべて管理画面上に残ります。
これにより、煩雑になりがちだった「いつ、誰から、どんな内容の電話がかかってきたか」の管理や、「言った言わない問題」を解決することができます。

誰でも使いやすいUI/UX、最短即日で導入可能

使いやすいUI/UXで難しい操作が必要なく、誰でも簡単に電話対応の自動化を実現することができます。
また、最短即日で利用可能で初期費用も無料のため、すぐに電話の一次対応をIVRyに任せることが可能です。

この他にも様々な機能で、電話業務の効率化をすることができます。

IVRyの新規採用について

当社IVRyでは、新たな仲間を募集しています。
このプレスリリースをご覧の皆様にご興味を持っていただけましたら、以下の採用概要をご確認いただき、カジュアル面談のお申し込みをお願いいたします。

URL:https://ivry-jp.notion.site/IVRy-e1d47e4a79ba4f9d8a891fc938e02271 

株式会社IVRyについて

会社名
株式会社IVRy(アイブリー)
代表者
代表取締役 奥西 亮賀
設立年月
2019年3月
所在地
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-7-1 住友不動産上野御徒町ビル4F
電話番号
050-3204-4610
会社HP
https://ivry.jp/company/

株式会社IVRy(読み:アイブリー)は、月額2,980円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)IVRyを運営・開発しています。