アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

会社の固定電話からスマホに電話を転送する(or受け取る)方法

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

会社の固定電話・代表電話へ電話が来たとき、外出中だったらどうしますか?社内にいる電話番が受け、外出先のスマートフォンへ電話があったことを知らせたり、伝言したり、というのが従来の方法です。最近では固定電話へ電話がきたら、外出先のスマホへ直接転送できるようになりました。以前からこうした技術はありましたが、クラウドPBXの発展で低コスト化が進んでいます。会社の固定電話からスマホに転送する方法について、解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

会社の固定電話からスマホに電話を転送する方法

会社の固定電話に来た電話を、外出先のスマホで受けたいと思ったら、電話転送サービスを利用するのがオススメです。電話転送サービスには、NTT各社が提供する電話転送サービス「ボイスワープ」や、電話転送機を使用する方法、クラウドPBXを使用する方法があります。

 

NTTのボイスワープを利用するには、NTTに申込し、初期開通工事が必要です。月額使用料は550円(税込)~、工事費用が2,200円(税込)となっています。電話転送機は、電話交換機、PBXとも呼ばれる機械です。コールセンターなど比較的大規模な施設に導入されており、月額使用料や電話転送機本体の購入費用、メンテナンス費用など、月に数十万~数百万円の費用がかかります。クラウドPBXとはインターネット回線を利用した電話サービスを応用したもので、月数百~数千円の費用で使うことができます。

そもそも電話転送サービスとは?

電話転送サービスとは、ある電話番号にかかってきた着信を別の電話番号に転送するサービスです。転送元の電話番号にかかってきた電話は、指定された転送先の電話番号に自動的に接続されます。

このサービスにより、受信者は自身の電話番号を変更することなく、他の電話で着信を受けることができます。例えば、会社の固定電話番号にかかってきた電話を、自宅の電話や携帯電話に転送することができます。

電話転送サービスの使い方

電話転送サービスを利用すると、登録した電話番号のみ転送したり、登録した電話番号以外を転送する、などの設定が可能です。呼び出し音が何度か鳴るようにしたり、その間に誰も出なければ転送したり、話し中だったら転送したり、といった使い方もできます。電話転送サービスを応用して、テレワークやリモートワークなど在宅勤務に導入される例も増えています。

 

電話転送サービスでは、契約した電話番号(会社の代表電話番号など)から、転送先(外出先のスマホなど)までの通話料は、電話転送サービスの契約者が負担することになります。電話をかける人は、代表電話番号までの通話料を負担することになります。

会社の固定電話からスマホに電話を転送するメリットとは

即時対応ができる

スマホへの転送により、固定電話の着信を逃すことなく、リアルタイムで対応することができます。大切なクライアントや顧客からの電話に迅速に対応し、良好な顧客サービスを提供できます。

リモートワークなどにも対応しやすい

スマートフォンを使用して固定電話の着信を受けることで、外出先や移動中でも重要な電話を受けることができます。事務所にいる必要がなくなり、柔軟な働き方が可能となります。

電話を一元管理できる

スマホへの転送により、固定電話とスマートフォンの通話を一元管理できます。通話履歴やボイスメールなど、重要な情報を一つのデバイスで確認できます。これにより、情報の漏れや見落としを防ぐことができます。

受信を柔軟に設定できる

スマホへの転送は、転送先や条件を自由に設定できます。たとえば、時間帯や場所によって転送の有効/無効を切り替えることができます。これにより、休暇中や会議中など、特定の状況下でのみ着信を受けることができます。

電話転送サービスにはどんなものがある?

ビジネスフォン

ビジネスフォンとは、企業が利用するために転送・内線・保留などの機能が使える電話のことです。以前はこうした機能を利用するために、社内に専用機を設置する必要がありましたが、近年では自宅にいながら会社にかかってきた電話を取れるようになっています。

ビジネスフォンとは?概要やメリットを解説!

クラウドフォン・クラウドPBX

クラウドフォンはビジネスフォン機能がクラウド化し、スマホやPCにアプリを入れるだけで電話転送などが使えるようになったものです。

クラウドPBXは、クラウドフォンの利用に必要な装置であり、クラウドフォン自体を指してクラウドPBXとも呼ぶことがあります。

クラウドフォンとは?メリットや選び方まとめ

電話転送サービスを利用する際の注意

NTTの電話転送サービス「ボイスワープ」を利用したい場合、NTTのサービスなのでNTTの固定電話を利用中であることが申し込みの条件となります。新規にNTTの固定電話を利用する・導入する場合、契約費用や工事費がかかります。ボイスワープには、ひかり電話ボイスワープ、ボイスワープ、INSボイスワープの3種類がありますが、ボイスワープとINSボイスワープは旧回線向けのサービスです。これらは2022年以降に順次サービス終了が予定されているので、今から導入するのであればひかり電話ボイスワープを検討するのが良いでしょう。

電話転送サービスを検討中ならIVRy(アイブリー)

電話転送サービスを検討中なら、クラウド型の電話転送サービス「IVRy(アイブリー)」もオススメです。IVRyなら、電話の転送先を複数指定したり、曜日ごとに転送先を変更することもできます。月3,300円(税込)の料金にふくまれているサービスで、お手持ちの代表電話番号をそのまま利用できるので、開通工事も不要です。まずは一度お試しください!

その他の記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ