ペッツオーライ、Wan!Passが「IVRy(アイブリー)」を導入。電話の応答自動化及び、文字起こし機能活用により業務改善を推進

​月額3,000円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供する株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、ペッツオーライ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:小早川斉)が展開する、「ペッツオーライ」と「Wan!Pass」において、当社が提供する電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」が導入されたことをお知らせいたします。

プレスリリース引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000056805.html

多岐にわたるサービスへの問い合わせに対して、番号を使い分け効率的に対応することで、スムーズな電話対応が可能に

月額3,000円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供する株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、ペッツオーライ株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:小早川斉)が展開する、「ペッツオーライ」と「Wan!Pass」において、当社が提供する電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」が導入されたことをお知らせいたします。

IVRy 導入の経緯と狙い

ペッツオーライ株式会社は、獣医師やドッグトレーナーなどの各種専門家からアドバイスを受けることができる「ペッツオーライ」と”ペットリテラシー”と”しつけ習得レベル”を認定する「Wan!Pass」を提供しています。

創業期は代表の個人電話を問合せ先としていましたが、事業規模の拡大に伴い、電話対応を外部業者へ依頼していました。しかし、内容を分析したところ自動化できる対応もあると気づき、電話件数が1日80件を超えた段階で電話自動応答サービスの利用検討を開始。

他社と比較した上で、初期導入コストの低さ、テキスト入力で簡単に読み上げ内容を変更でき、PDCAを回しやすいという点などを決め手として、IVRyの導入を決定いただきました。

利用開始当初はペッツオーライを利用する一般カスタマー向けに設置していましたが、番号を即発行できることから、販売店様用の番号、Wan!Passの契約の企業様用の番号と3回線をご利用いただく運びとなりました。

主な活用方法

1. 各サービスの対象者ごとに電話番号を分けることで、混乱を防ぎサービスの質を向上

代理店や一般カスタマー、アプリ導入店舗と多岐に渡る対象者からの連絡を混乱させないように、それぞれの番号を振り分けることで対応を簡素化。結果、余計な混乱を防ぐことで、サービス品質向上を実現。

2. SMS自動送信機能を使い、電話対応から資料送付までをIVRyで完結

IVRy導入以前は、各問合せに対し、別途メールにて返信対応を行っていました。IVRy利用開始以降は、SMS自動送信機能を利用することで、資料を自動で送付し、対応工数を削減。

3. 電話帳機能をデータベースとして活用

音声文字起こし機能を活用し、過去の会話記録を残すことで、原因分析のためのデータベースとして使用し、業務のPDCAサイクルを回すことに活用。

ペッツオーライとは

ペットに関する病気・予防・しつけ・フードの4ジャンルに対して24時間いつでも獣医師やドッグトレーナーなどの各種専門家からアドバイスを受けることができるサービスです。

本サービスは、「回答品質の高さ」「高い顧客満足度」から、日頃よりご利用者様のご好評をいただき、ドッグ関連の国内の課金型アプリにおいてNo.1シェアを獲っています。 

Wan!Passとは

狂犬病や混合ワクチンの接種証明書をデジタル化し、”ペットリテラシー”と”しつけ習得レベル”を認定する「Wan! Pass認定」などで、パートナーであるワンちゃんともっと一緒に楽しい生活を実現するために生まれたサービスです。

ペッツオーライ株式会社 代表取締役 小早川斉氏のコメント

フルリモートの会社のため、どうしても受電に課題を持っていましたが、IVRyを活用することで、かんたんに、安く、受電のオペレーションを組めるだけでなく、管理画面からすぐに変更を加えられるので早いPDCAを回すことできる点は本当に助かっています。

音声のテキスト化など、技術的にもUX的にも考えられている機能を素早くリリースされている点も評価できますし、今後に期待です!

代表取締役CEO 奥西 亮賀のコメント

ペット業界で新しい挑戦を続けられているペッツオーライ様の業務改善にIVRyを活用いただき、大変嬉しく思います。

複数のサービスを運営されている場合、業務管理上、電話問い合わせへの対応に多くの工数が必要になることがあります。そんな中、同社は業務効率化に向けた電話自動応答機能の活用はもちろんのこと、通話データ活用による顧客対応品質向上に向けた取り組みも同時に進めておられます。多角的にIVRyの機能を活用し、業務改善と対応品質向上を図っておられる姿勢は素晴らしいと感じております。

当社は今後も、同じ時代を創り上げていくスタートアップ企業であるペッツオーライ様のご活躍に負けず、日々提供価値向上に向けて改善を続けてまいります。

そして、電話対応に困っている人や企業と、必要な情報を必要な時に得られず困っているユーザーの架け橋になるような価値提供を行うことで、日本の電話DXを推進してまいります。

ペッツオーライ株式会社について

ペッツオーライ株式会社は、2015年の5月にリクルート社内の新規事業開発プログラムである「Recruit Ventures」への起案から始まり、2020年12月よりさらなる事業成長のためにスピンアウトした会社です。

事業を通してペット業界の未来を変えていきたいという想いの元スタートし、ペットの「代弁者であり翻訳者」となり、専門家を通してペットオーナーに正しい知識を提供することで「すべての動物たちが”正しく”健全である世界」を作ることを目的に事業を行っています。

電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」とは

IVRyは月額3,000円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)です。

低価格でありながら自動応答の分岐を自由にカスタマイズでき、営業電話のブロックや担当者への振り分け、Webページへの誘導、電話内容の管理など電話業務を効率化できます。

あらゆる業種の様々な電話用件に対応できる

IVRyの音声ガイダンスは、テキストで入力した内容をAI音声が読み上げて生成されるため、専門用語などを含む難しい用件であっても対応できます。
これまで病院・クリニック、企業の代表電話・部署電話、飲食店、美容院、ECをはじめ、様々な業界・業種で電話業務を効率化しています。

↓導入事例はこちら↓
https://ivry.jp/case/

煩雑な電話問い合わせの管理をスムーズに

IVRyでは着電した電話のプッシュ履歴や、通話録音・音声録音がすべて管理画面上に残ります。
これにより、煩雑になりがちだった「いつ、誰から、どんな内容の電話がかかってきたか」の管理や、「言った言わない問題」を解決することができます。

誰でも使いやすいUI/UX、最短即日で導入可能

使いやすいUI/UXで難しい操作が必要なく、誰でも簡単に電話対応の自動化を実現することができます。
また、最短即日で利用可能で初期費用も無料のため、すぐに電話の一次対応をIVRyに任せることが可能です。

この他にも様々な機能で、電話業務の効率化をすることができます。

IVRyの新規採用について

当社IVRyでは、新たな仲間を募集しています。
このプレスリリースをご覧の皆様にご興味を持っていただけましたら、以下の採用概要をご確認いただき、カジュアル面談のお申し込みをお願いいたします。

URL:https://ivry-jp.notion.site/IVRy-e1d47e4a79ba4f9d8a891fc938e02271 

株式会社IVRyについて

会社名
株式会社IVRy(アイブリー)
代表者
代表取締役 奥西 亮賀
設立年月
2019年3月
所在地
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-7-1 住友不動産上野御徒町ビル4F
電話番号
050-3204-4610
会社HP
https://ivry.jp/company/

株式会社IVRy(読み:アイブリー)は、月額2,980円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)IVRyを運営・開発しています。