本社課題であった働き方改善のために、アイウェアブランド「OWNDAYS」が電話自動応答サービス「IVRy」を導入しリモートワークを推進

株式会社IVRy | 本社課題であった働き方改善のために、アイウェアブランド「OWNDAYS」が電話自動応答サービス「IVRy」を導入しリモートワークを推進。

プレスリリース引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000056805.html

株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、メガネ・サングラスの製造販売を手掛けるOWNDAYS株式会社(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:田中修治、以下「OWNDAYS」)本社において、当社が提供する電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」が導入されたことをお知らせいたします。

IVRy 導入の経緯と狙い

OWNDAYSは、2023年現在、国内だけではなく、香港、台湾、シンガポールなど海外を含めて500店以上を展開するメガネブランド。業界においてその存在感を際立たせています。

そんなOWNDAYSはコロナ禍以前よりリモートワークを推奨しており、電話対応に関しても、一般のお客様に向けては一括して、コールセンターで対応を行っておられます。しかし、その他の関係会社など、BtoBのやりとりに関しては、代表電話にて対応しており、その対応のために総務担当者が出社していました。
また、その電話の内容の7割は営業電話、次いで営業スタッフへの取次電話が多い状況でした。これらの電話対応における業務改善を行いたいと考え、問い合わせ電話の一部自動化による省人化を図るべく、IVRシステムの導入検討を開始。

他社サービスと比較した時の価格的な優位性と、導入の簡潔さ及び各種設定変更時の柔軟性を決め手として、IVRyの導入を決定いただきました。

主な活用方法

1.分岐設定を活用した各部署の共通番号転送による、問い合わせへのリモート対応

IVRyの分岐ルールで、部署ごとの番号へ転送されるように設定。ビジネスフォンに各部署の共通番号を割り振ることで、リモートワークでも各担当が直接対応可能になり取次業務を効率化。

2. 担当部署・担当者不在の分岐ルール一括変更による、柔軟な電話対応

分岐ルールの一括変更機能を利用することで、社員もしくは各部署全員が不在となるタイミングなど、その時々に合わせた設定を活用。ニーズに合わせて臨機応変に設定を変更することで、スムーズな電話が可能に。

 

株式会社OWNDAYS  代表 田中修治氏 のコメント

多様な働き方が求められるなかで、生産性の向上に取り組むためには、いかに業務を効率化し、「仕事のための仕事」を無くしていくことが重要であると考えます。

IVRシステムの導入で、総務担当者が社内の担当者を探すという時間や手間をなくし、各担当者がダイレクトに対応することができるようになりました。

今後もITの力を借りて社員一人あたりの生産性を向上し、売上拡大と給与100%維持を全社の目標として掲げ、働き方改革を更に促進して参ります。 

代表取締役CEO 奥西 亮賀のコメント

数々の先進的なDXの取り組みを進めておられ、アイウェア業界を代表するOWNDAYS様はビジネスフォンやPBX、コールセンターの活用など、電話問い合わせ対応に関して、さまざまな工夫をされておられます。その中で、IVRyのサービス導入をいただき、非常に喜ばしく感じるとともに、同社の電話対応工数の軽減による、生産性向上を強く支援していきたいと考えております。

また、これまでIVRyは比較的、一般のお客様に向けた利用が多くを占めておりましたが、OWNDAYSさまをはじめとして、BtoBでの活用ケースも増加してきております。当社は今後も幅広く、電話対応における課題解決に向けてアプローチを続けていくことで日本の「電話DX」を推進してまいります。 

OWNDAYSについて

OWNDAYSは、日本全国の他、シンガポール、台湾、インド、中東など海外13の国と地域に500店舗以上を展開しているアイウェア企業です。日本のみならず世界的なメガネのファッションブランドとなることを目指し、世界規模での需要開拓とサービス提供を実現する為、積極的に挑戦し続けています。近年では、リモートでの視力測定やバーチャル試着、LINEと連携した顧客登録など、DXに力を入れており、昨年には400人ものエンジニアを擁するインドのテック系アイウェアブランドであるレンズカートと経営統合を発表し話題となっています。

OWNDAYS メガネ
https://www.owndays.com/jp/ja/eyeglasses

OWNDAYS サングラス
https://www.owndays.com/jp/ja/sunglasses 

電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」とは

IVRyは月額3,000円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)です。

低価格でありながら自動応答の分岐を自由にカスタマイズでき、営業電話のブロックや担当者への振り分け、Webページへの誘導、電話内容の管理など電話業務を効率化できます。

あらゆる業種の様々な電話用件に対応できる

IVRyの音声ガイダンスは、テキストで入力した内容をAI音声が読み上げて生成されるため、
専門用語などを含む難しい用件であっても対応できます。
これまで病院・クリニック、企業の代表電話・部署電話、飲食店、美容院、ECをはじめ、様々な業界・業種で電話業務を効率化しています。

↓導入事例はこちら↓
https://ivry.jp/case/

煩雑な電話問い合わせの管理をスムーズに

IVRyでは着電した電話のプッシュ履歴や、通話録音・音声録音がすべて管理画面上に残ります。
これにより、煩雑になりがちだった「いつ、誰から、どんな内容の電話がかかってきたか」の管理や、「言った言わない問題」を解決することができます。

誰でも使いやすいUI/UX、最短即日で導入可能

使いやすいUI/UXで難しい操作が必要なく、誰でも簡単に電話対応の自動化を実現することができます。
また、最短即日で利用可能で初期費用も無料のため、すぐに電話の一次対応をIVRyに任せることが可能です。

この他にも様々な機能で、電話業務の効率化をすることができます。

IVRyの新規採用について

当社IVRyでは、新たな仲間を募集しています。
このプレスリリースをご覧の皆様にご興味を持っていただけましたら、以下の採用概要をご確認いただき、カジュアル面談のお申し込みをお願いいたします。

URL:https://ivry-jp.notion.site/IVRy-e1d47e4a79ba4f9d8a891fc938e02271 

株式会社IVRyについて

会社名
株式会社IVRy(アイブリー)
代表者
代表取締役 奥西 亮賀
設立年月
2019年3月
所在地
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-7-1 住友不動産上野御徒町ビル4F
電話番号
050-3204-4610
会社HP
https://ivry.jp/company/

株式会社IVRy(読み:アイブリー)は、月額2,980円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)IVRyを運営・開発しています。