外出中にかかってきた電話番号を調べる方法

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

個人情報保護の観点から、顧客情報を持ち出したり、個人のスマホの電話帳に登録しておくことは禁止されている場合があります。しかし、仕事での外出中にスマホへ電話がかかってきたとき、それが誰からなのかわからずに悩んでしまうことがあります。かかってきた電話番号を調べる方法について、まとめました。

無料で試してみるまずは資料請求する

かかってきた電話番号を調べる方法①検索して調べる

電話をかけてきたのが企業法人であれば、GoogleやYahoo!などの検索で社名がわかる可能性があります。もし社名がわかれば「〇〇社の▲▲さんだ」とわかるでしょう。

しかし個人で契約しているスマホからの電話だった場合や、一般家庭からの電話だと、この方法は使えません。

かかってきた電話番号を調べる方法②在社中の社員に聞く

会社に電話し、かかってきた電話番号を伝えて誰の電話番号かを調べてもらう、という方法です。会社に電話番がいる場合や、在社中の社員が対応できる場合は有効な方法と言えるでしょう。

かかってきた電話番号を調べる方法③クラウド電話帳・クラウドフォンを利用する

クラウド電話帳は、顧客情報をクラウド上に保管したものです。外出中でもログインすれば顧客情報を確認することができます。月額数百円~の利用料で、登録した端末からしか閲覧できない設定もできるので、外出が多い業種・業態にも向いています。

クラウドフォンとは、電話帳だけでなく電話の発着信や通話履歴、通話録音、転送、保留など、ビジネス用の電話機能を網羅したサービスのことです。スマホやPCのアプリや、ブラウザから利用することができます。利用する規模や目的に応じて様々なプランがあり、月額使用料は数千~数万円です。

電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」は、音声ガイダンスによる自動応答機能を完備した便利なサービスです。ブラウザ・アプリから使用でき、クラウド上に保管される顧客情報を外出中のスマホから見ることもできます。電話履歴は電話番号と紐づけられて保管され、通話中にメモを残すことも可能です。他にも便利な機能がたくさん詰まって、1日100円から利用することができます。詳しくはお問い合わせください!

その他の記事

無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ問い合わせ