アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

新規店舗開業に必要なものは?準備するものや流れを解説!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

新しい店舗を開業するということは、嬉しい、おめでたいことである反面、綿密な準備や計画が必要なことでもあります。あまりの煩雑さ・忙しさに、くじけたくなるかもしれません。しかし、あるシンプルな方法を守ることで驚くほど新規店舗開業がスムーズになりますよ。

この記事では、新規店舗開業に必要な準備や流れに先立ち、常に持ち続けたい大切な心構えについて解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

新規店舗開業に必要なこと

コンセプトの策定

新たに店舗を開業するときは、それに至る動機やきっかけ、言わば「初心」があるはずです。「こんなサービスを提供したい」「たくさんの人を喜ばせたい」「こんな店舗があればいいのに」といった初心・きっかけを思い出しながら、まずは店舗のコンセプトを策定しましょう。そうすることで、事業としてのブレも少なくなります。

店舗のコンセプトとは「誰に」「何を」「いつ」「どこで」「どのように」売るか、という基本方針のこと。一つずつコンセプトを決めることで、店舗の内装や運営について具体的なイメージがわいてくるでしょう。コンセプトを策定することは、あなたの頭にあるイメージを具現化する作業でもあります。

市場のマーケティング

マーケティングとは、商品・サービスを売ることにまつわる、あらゆるものを指します。イメージ戦略や広告ほか、すべてのものがマーケティング媒体だと考え、全力で店舗のコンセプトを伝えていきましょう。また、出店する地域の特性なども踏まえてどの媒体での広告が効果的かなども予め調査できるとさらに良いでしょう。

物件の選定

物件を選定する際にも、店舗のコンセプトが密接にかかわってきます。誰に・いつ・何を売るか、という点が特に大きなポイントです。ターゲットにふさわしい物件・立地を探しながら、家賃などの費用面を考慮するのはなかなか難しい問題ですが、ここで妥協してしまうと、のちのち苦労することになります。せっかく開業した店舗を早期に撤退する可能性も。

ふさわしい物件がないと感じたら、今はその時ではないのかもしれません。タイミングを待つのも重要です。

事業計画書の作成

事業計画書とは、資金調達の際に必須となる書類です。資金を提供する金融機関や出資者は、事業計画書を見て返済時の利息や期限を決めることになります。

資金を確実に借りるためには、確実に返済できる計画が必要です。「借りたい」を優先させて計画を甘く見積もると、後で自分の首を絞めてしまうことに。実現性が高く、堅実な計画を立てましょう。

資金の調達

資金を調達する際は、政府や自治体から補助金・助成金を受けられる場合もあります。各省庁・各機関で様々な制度がありますが、経済産業省が運営するHP「ミラサポplus」で条件から補助金・助成金の検索ができます。

このほか、近年盛んになっているクラウドファンディングなどの方法もあります。どんな資金調達がふさわしいか、調べてみましょう。

商品・サービス・メニューの作成

商品サービス・メニューを作るときも、店舗のコンセプトが重要です。周辺にある競合店や、他業種の価格相場もチェックしましょう。

電話番号の取得

ここまで来たら、あともう一息です。各所へ申請をしたり、周知・告知を始める段階に入ります。その際に必要となるのが店舗の電話番号です。

固定電話を引くのか、携帯電話を使うのか、他の方法を考えるのか、方法は様々ですが、迷ったらとりあえずIVRy(アイブリー)がおすすめ!詳しくは後述しますが、IVRyであればお手持ちのスマホで電話の発着信が可能なので、忙しい時期に固定電話機を用意する必要がありません。

電話番号の取得方法について、詳しくは「電話番号の取得方法について」も合わせてご覧ください!

許認可など各種届け出の作成

店舗の形態や業種にもよりますが、許認可や届け出がない場合、罰金や営業停止などの措置対象となってしまうことも。開業前に手続きを終えておく必要がありますので、どんな許認可・届け出が必要なのか、どこへ申請するのか、事前に調べておきましょう。

関係業者の確定

店舗開業においては、安定的な仕入れ先や在庫の確保が絶対に必要です。メインの仕入れ先だけでなくサブの仕入れ先を考え、どちらかに問題が出た場合も対処できるようにしておきましょう。

求人採用活動で人員の確保

いよいよ店舗開業目前です。人材を雇用する場合、求人誌や有料広告などの方法や、人づてに紹介してもらうなどの方法で人員を確保します。新店舗開店の際はトレーニング期間を設けることで、人材側も応募しやすくなるでしょう。

スタッフの育成

仕入れ、品出し、接客、売上管理、清掃…など細部にわたるまで、運営オペレーションやマニュアルを作成し、それに基づいてスタッフを育成しましょう。その際も各スタッフへ店舗コンセプトを伝えておくと、ハプニングを乗り越える基準・方針となります。

しかし現場のスタッフが直面するのはレジ打ちや接客といった日々の作業です。ひとつひとつの作業がコンセプトにつながっているわけですが、現場スタッフはそれをイメージしにくいものなので、現場と乖離しすぎないよう気を付けましょう。

これを乗り越えればついに新規店舗開業です!初心を思い出し、店舗コンセプトを実現するために、スタッフが働きやすい環境を整えてあげましょう。

IVRyなら最短5分で電話番号取得をできます

新規店舗開業に必要なことについて説明してきました。その中の電話番号の取得について、簡単と思われがちですが様々な手続きが必要で意外と面倒な作業です。そこで、新規の電話番号の取得を検討中ならIVRyはいかがでしょうか?

最短5分、1日100円で導入可能

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)を利用すると、最短5分で新規電話番号の取得ができます。料金は1日100円からなので、忙しい新規店舗開業の合間にササっと用意でき、その後もずっと低コストで運用できます!

電話自動応答でスタッフの電話対応の育成も不要!

スマホの普及により固定電話に触れる機会が少ない若者は、固定電話の応対が不慣れです。IVRyなら電話に自動応答するので、スタッフに電話対応の育成をする必要がありません!

新規店舗開業で電話番号が必要なときは、ぜひIVRyをご検討ください!

その他の記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ