アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

テレワークとは?働き方のメリットや課題を解説!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

テレワークとは、会社に出勤しなくても、自宅や外出先で仕事をしたり、好きな時間に働いたりすることを言います。よく聞く「リモートワーク」や「在宅勤務」も、テレワークの内のひとつです。

この記事では、テレワークとはなにか詳しく解説するとともに、テレワークのメリットやデメリットについて解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

そもそもテレワークとは?

そもそもテレワークとは、「tele(離れた)」と「work(働く)」を掛け合わせた言葉で、場所や時間にとらわれずに働くことを指します。

令和5年5月に総務省から発表された資料によると、日本企業の約半数がテレワークを導入しており、そのうち9割は在宅勤務を導入しています。特に情報通信業での利用が多く、次いで金融保険業、不動産業、建設業などでの導入が目立ちます。

似たような単語とは何が違う?

在宅勤務

在宅勤務とは、自宅にいながら出社せず、会社のPCやネットワークへアクセスして仕事をすることを指します。

リモートワーク・モバイルワーク

リモートワークとは、remote(遠隔)の意味の通り、会社から離れた場所で働くことを言います。最近では在宅勤務のことを「リモートワーク」と呼ぶことも多くなりました。

 

モバイルワークとは、移動中、もしくは移動の合間に働くことを言います。電車や新幹線の中、移動途中に立ち寄った飲食店内で働くなど、ちょっとしたスキマ時間を活用する働き方です。

サテライトオフィス・コワーキングスペース

企業が保有するサテライトオフィスや、民間・公共のコワーキングスペースを借りて働くことを言います。企業が働く場所を指定する場合や、個人が選択する場合とがあります。

ワーケーション

リゾート地や観光地などで、余暇を楽しみながら働くことを言います。休暇中にテレワークをする「休暇型ワーケーション」や、会社の出張研修などの「業務型ワーケーション」があります。

テレワークのメリットとは?

生産性の向上

出社して仕事を行う場合、コミュニケーションを取りながら仕事を進められる、というメリットがある一方、個人で集中する業務などは中断されてしまうことも多いというデメリットがあります。

 

テレワークでは、基本的に誰かに中断される可能性は低く、自分のペースで集中的に業務を行うことができます。そのため、会社にいるときよりも短時間で業務が終わる可能性も高く、生産性の向上が見込めるのです。

コスト削減

テレワークを導入することで、企業が負担している交通費が削減できるほか、オフィスの維持費、設備費などのコストを削減することができます。

また、PCを利用したペーパーレスなやり取りが主流になることから、紙代、印刷代などのコストも削減できるでしょう。

 

テレワークを新たに導入するとなると、そのための設備を整える必要があり、導入費用もかかります。しかし長期的に見ると、結果的に割安になることが多いです。

通勤時間の削減

テレワークにすると通勤時間を削減でき、その分の時間を有効に使うことができます。日々の通勤時間を合計すると、一年間で約3週間分(21日分)に相当する、という試算もあります。これだけの時間があれば、別の業務にあてたり、従業員のプライベートな時間にあてることができるでしょう。

従業員にとっても、通勤の負担がなくなるほか、身支度をする必要もなくなるというメリットがあります。

地理的な採用条件の解消

テレワークでは場所に関わらず働くことができるので、会社から遠く離れたところに住んでいる人や、海外に住んでいる人でも問題ありません。そのため出社することにとらわれず多様な人材を採用することができるでしょう。

ワークライフバランスの改善

テレワークにより自由な時間が増えると、ワークライフバランスの改善にも役立ちます。家族との時間として使ったり、習い事や、資格取得のための勉強時間として使うこともできるでしょう。

テレワークが導入された企業では、空いた時間で副業を始めた人も多いようです。

テレワークの課題とは?

ツールの導入が必要

テレワークを導入するには、そのためのツールが不可欠です。まずリモートアクセスツールに始まり、ミーティングや相談をするためのコミュニケーションツール、仕事状況を管理する勤怠管理システムなどが挙げられます。

 

これらは最低限求められるもので、状況に応じて別途、ほかのツールが必要になることも考えられます。これらを導入し、まずは仕組みに慣れていくことが重要です。

コミュニケーションの困難

テレワークではスタッフ同士のコミュニケーションが困難になります。そのためコミュニケーションツールを活用するのはもちろんのこと、コミュニケーションを取りやすくする仕組みや試みを積極的に行う必要があるでしょう。

 

社内コミュニケーションが不足すると、チームワークが低下したり、メンタルヘルスに問題を抱えてしまうスタッフも出てくることがあります。

情報セキュリティの問題

テレワークでは、インターネット回線を介して仕事をすることになりますが、そこでやり取りする情報には、企業の機密情報や顧客情報など、重要なものがふくまれています。そのためセキュリティ対策はしっかりと考慮する必要があるでしょう。

仕事とプライベートの境界の曖昧化

テレワークを取り入れると、業務時間の管理が個々人のスタッフに任せられる部分が大きくなってしまうため、仕事とプライベートの境界があいまいになってしまう可能性があります。

 

家族と過ごす空間と同じ場所で仕事をすることから、業務に集中しきれなくなったり、反対に、家族と過ごしているときでも仕事をしてしまう、といったことが考えられます。

電話自動応答IVRyの導入でテレワーク推進!

テレワークを推進しようとすると、「電話番のために出社しなければならない」という課題が生まれます。

そこで、電話の一次対応を自動化することで、オフィスにいなくても電話対応を行うことができ、テレワークを推進させることが可能です。

電話自動応答を安く、簡単に導入できるIVRy(アイブリー)を紹介します。

IVRyは電話の一次対応を肩代わり

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話の一次対応を肩代わりするサービスです。電話がかかってくると「お電話ありがとうございます。〇〇の問い合わせは1番を押してください…」と案内するようなシステムです。

電話番のために出社することが必要なくなる

IVRyがあれば、よくある質問に自動で回答したり、かかってきた電話番号へSMSを送信したり、留守電で伝言を預かったり、担当者へ電話を直接つなぐ…などの対応ができます。そのため、わざわざ電話を取るために出社する必要がなくなり、テレワークの推進に役立ちます。

月額3,000円〜と手軽に導入できる

IVRyは、テレワークを推進する便利機能がたくさん詰まって、月額3,000円~という低コストで導入できます。申込んだらその日から稼働できる手軽さや、誰にでも直観的に分かりやすい操作画面なども魅力です。テレワークを考えているなら、ぜひIVRyも合わせてご検討ください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ