アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

【2023年最新版】飲食店におすすめのCRMツール4選!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

最近では飲食店にもCRMツールを導入する例が増えています。これはリピート率や売上拡大を目的としたものがほとんどで、具体的には顧客情報を管理したり、顧客のニーズを把握したりすることがふくまれます。

これにより顧客満足度が向上し、ロイヤルティを高めることができるでしょう。この記事では、飲食店におすすめしたいCRMツールについて解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

CRMとは

CRMとは、Customer Relationship Managementの略称で、「顧客関係管理」と訳されます。顧客との関係性を管理することで、利益の最大化を図ることを言いますが、そのためのツールやシステムを指すて「CRM」と呼ぶことも多いです。

飲食店におけるCRM

飲食店で利用されるCRMツールは、顧客の氏名・住所・電話番号・年齢・性別といった基本的な情報に加え、予約履歴、注文履歴、来店履歴、問い合わせ履歴などを記録・保管するものです。

これらの情報を分析することで、来店する客層の傾向、混雑しやすい時間帯、人気メニューが分かるほか、ひとりひとりの顧客へ販売促進のアプローチをすることも可能になります。

飲食店でもCRMの導入が進んでいる理由

競争激化による差別化要素

飲食店は今や「美味しいのが当たり前」となった成熟市場です。競争が激化しており、生き残るためには他社と差別化する要素が必要となっています。

強烈な個性やインパクトがある、段違いに味が美味しい、といった強みがない限り、競争に生き残るのは難しいと言えるでしょう。差別化の一つの方法としてCRMを活用している飲食店が増えているのです。

人手不足や負担軽減のための業務効率化

飲食店は日本で最も人出が不足している業種です。普段の業務ですら少ない人手で回しているのに、その上、情報を管理するための人手となると、悩んでしまうお店も多いのではないでしょうか。

その点、CRMツールを活用すれば必要な情報を収集・整理・管理・分析するといった一連の業務効率が上がります。

このほか、飲食店では電話業務の負担が大きいことでも知られます。特に忙しい時間帯ほど電話がたくさんかかってきたり、接客に追われて電話を取りこぼすことがよくあるのではないでしょうか?

電話業務の負担については、電話DXで解消する方法をこちらで解説しておりますので、ぜひ合わせてご参照ください!

「飲食店の人手不足を電話DXで解決!その方法とは?」

リピーター獲得のため

CRMツールを活用すると、見込み客にアプローチをしたり、以前来店があった顧客にリピーター限定クーポンを配布する、といったアプローチが容易になります。

特定の条件で顧客を分類し、それぞれの分類にふさわしいアプローチができるので、CRMツールを活用してリピーター獲得につなげている飲食店が増えているのです。

飲食店でCRMを活用するメリット

顧客データ管理の効率化

顧客情報をExcelなどの表計算ソフトや、紙ベースの顧客台帳で管理している、という飲食店もあるでしょう。しかしCRMツールに比べると手間がかかり、必要な情報を収集しきれなかったり、収集できても生かしきれないことがあります。

CRMツールがあれば顧客データを効率的に管理でき、記録・整理に手間がかかりません。

業務効率化によるスタッフの負担減

表計算ソフトや顧客台帳による情報管理は、記入する欄を間違えたり、項目を間違えたり、といった人的ミスが発生しやすいものです。また、管理されているデータの中から特定の顧客を抽出したり、検索するのに時間がかかり、作業の負担が大きいと言えます。

CRMツールはこうした業務が簡単になるので、スタッフの負担を大きく減らすことができます。人的ミスの削減にもつながるというメリットがあります。

マーケティング・売上強化への活用

CRMツールを活用すると、来店頻度に合わせてマーケティング方法を変える、男性と女性ではおすすめメニューを変えるなど、売上強化のための施策をより効果的に打ち出せるようになります。

行ったマーケティングへの反応を記録し、また次のマーケティングに役立てることができるので、販売促進効果を改善し続けることができるのです。

顧客分析への活用

CRMツールで収集・管理したデータを分析することで、顧客のニーズや傾向を知ることができます。顧客ひとりひとりにヒアリングをすれば、何が目的で来店しているのか分かりますが、それでは非効率ですし、実現がかなり難しいでしょう。

CRMツールで顧客のニーズを把握していれば、自分の店舗の強みを知ることができ、それを生かしたアプローチが可能になります。CRMツールは、思いもよらなかった人気の秘密や、気が付かなかった弱点を知るきっかけになるかもしれません。

飲食店でのCRMツールの選び方

店舗にあった課題が解決できるか

飲食店にふさわしいCRMツールを選ぶなら、まず店舗が抱える課題を解決できるかどうか、がポイントです。そのために店舗の課題を洗い出したり、スタッフに困っていることをヒアリングしましょう。

飲食業界での実績があるか

飲食業界での実績があるCRMツールを選ぶことで、より効果的な販売促進アプローチができるようになります。飲食店の業務を効率化する機能をふくむツールもあるほか、ラーメン店特化・居酒屋特化など、特定のジャンルに絞って強みのあるCRMツールもあります。

使いやすさ

CRMツールは、日々来店する顧客の情報を記録し続けてこそ、真価を発揮します。毎日使うものですので、使い勝手が良いことは大きなポイントです。実際に使用するスタッフが直接触れてみて、使いやすいツールを選ぶのが良いでしょう。

導入のしやすさ

初期コストが大きいものや、高価なタブレット端末が必要、店内にWi-fi環境が必要、など、前もって準備が必要なツールもあります。大掛かりな準備をした後に「使いにくかった」「効果が見られなかった」では、かえって損失となってしまいます。

まずは導入しやすいものから試してみるのも大切です。

他のシステムとの連携の有無

CRMツールの中には、SNSサービスや会計システム、データ分析システムなど、他の飲食店向けサービスと連携できるものがあります。こうしたツールをうまく使い分けることで相乗効果を発揮し、より強固な販売促進アプローチにつなげることができるでしょう。

例えばSNSとの連携や他の飲食店向けサービスとの連携があると、より便利になります。

飲食店におすすめのCRMツール4選

Knowledge Suite

チェーン店やグループ店など、複数店舗を展開する飲食店に多数導入実績のあるCRMツールです。CRMだけでなく名刺管理やその他の店内業務効率化など、様々な機能を搭載しています。

ユビレジ

iPadをPOSレジとして使うことができるシステムで、CRMツールとしても活用ができます。キャッシュレス決済、予実管理、勤怠管理など豊富な機能を備えています。

トレタ

飲食店向けのCRMツールで、予約管理・集計・分析機能などが搭載されています。POSやグルメサイト、Googleなどと連携して予約を受けたり、特定の顧客にSNSやメールを送信してアプローチする機能もあります。

IVRy(アイブリー)

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話の一次受付を自動化する電話DXツールです。顧客管理機能を備えており、電話がかかってくると電話番号から顧客情報を瞬時に検索し、過去の問い合わせ履歴ややり取りのメモなどを見ることができます。

顧客のデータを分析すれば、いつどんな内容の電話が多いか分析でき、ニーズを把握するのに役立ちます。電話業務負担になやんでいるなら、ぜひIVRyをご検討ください!

まとめ

飲食店でCRMツールを活用すると、顧客のニーズを知ることができ、売上拡大やリピーター獲得に役立てることができます。CRMツールを選ぶときは、課題を解決できるかどうか、をまずメインに考え、使いやすさや操作性、導入しやすさなども合わせてチェックしましょう。

飲食店では他のシステムツールを活用していることもあると思います。できるだけ外部ツールとの連携がスムーズにいくものを選びましょう。

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ