【2022年最新版】電話自動応答(IVR)導入費用はどれくらい?16社を比較!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

IVRとは、Interactive Voice Responseの略で、日本では「自動音声応答システム」と訳されます。コールセンターなどでよく使われているシステムで、電話をかけると「○○に関するお問い合わせは1番をプッシュしてください」と案内されるものです。近年ではAI(人工知能)の発達に伴い、コールセンターだけでなく、幅広い業態・業界で使われるようになりました。

この記事では、IVRのサービスを提供している各社について調べ、サービス内容と価格を比較しています。

無料で試してみるまずは資料請求する

IVRとは?

IVRとは、自動音声応答システムのことです。以前はIVR専用の装置を導入する必要がありましたが、近年ではクラウド化が進み、わざわざ装置を導入する必要がなくなりました。スマホやPCにアプリを入れたり、ブラウザからかんたんに操作ができるので、中小企業や個人事業主など、比較的小規模の企業にも導入が広まっています。

24時間365日対応可能になることから、顧客満足度が向上したり、本当に必要な電話だけを受けることができるので、業務の効率化につながる点が人気の理由と言えるでしょう。

IVRとは?①IVRを入れるとどんなメリットがあるか

IVRを導入すると、企業側・ユーザー(顧客)側の双方にメリットが生まれます。

例えば、企業側では電話番を置く必要がなくなり、電話がかかってきた際の一次対応はすべてIVRが担うことになるでしょう。電話対応にかかる人件費と比べると、IVRシステムの運用費用は月額数千円~ですので、コストカットにもなります。スタッフは電話対応に割く時間が削減されるので、本業に集中でき、業務が効率的に進みます。

ユーザー側では、電話回線が混雑しているときや、営業時間外、深夜早朝でも電話につながるメリットがあるので、顧客満足度が向上します。ユーザーが自ら目的に合うふさわしいところを選んで電話をかけることができるので、問題の解決率が高まる点も大きなメリットです。

IVRとは?②IVRのデメリット

現代社会のニーズをうまく吸収しているIVRですが、IVRにはデメリットがあることも抑えておきましょう。たとえば、電話をかけた側が操作ミスをして、ふさわしくない担当部署へ電話がつながってしまう可能性もあります。電話をかけた側がふさわしい担当部署を選べるよう、適切な分岐メニューを設けることも必要です。でなければ「その他の問い合わせ」に電話が集中し、結局電話がつながらない、といった事態になりかねません。

また、案内の音声が長すぎたり、いくつも番号を押さなければならないケースなどは、「待たされている」「急いでいるのに」と感じられてしまいます。電話をかける側が迷わず担当者へたどり着けるような案内を考える必要があるでしょう。

電話自動応答(IVR)について、詳しく知りたい方は「IVR(電話自動応答システム)とは」も、合わせてごらんください!

IVRを活用する場面

IVRがもっとも力を発揮するのは、電話の一次対応です。IVR以外にも、電話代行の外部業者に依頼したり、電話番を雇い入れたりする方法がありますが、比べるとIVRは圧倒的に低コストです。

一次対応をIVRに任せることで、営業時間や休業日の問い合わせといった「よくある質問」を完全に自動化できます。かかってきた電話番号にSMSを自動送信することもできるので、お店の住所やFAQを案内できます。

企業にかかってくる電話は、大部分がこのような「よくある質問」です。一件一件の対応時間は短いものですが、たくさんあれば、それだけ時間ロスが大きくなります。

また、営業や勧誘の電話を自動的にシャットアウトできるのも、IVRの大きなメリットです。しつこい電話はブラックリストに登録すると、次回から電話がつながらないようにできるのです。

反対に、お得意様や取引先からの電話は、音声ガイダンスを省いて直接担当者へつなぐことも可能です。

電話の内容に応じて対応を選択できるのが、IVRの最大の特徴と言えるでしょう。

IVRの種類

IVRの種類①オンプレミス型

オンプレミス型IVRとは、IVR専用機をオフィスに設置するタイプを言います。専用機を導入するには数万~数千万円の費用がかかるほか、回線工事費や、IVRサービス利用のための月額利用料などがかかります。金融機関やコールセンターなど、大規模な企業でよく使われたシステムです。

IVRの機能②クラウド型

クラウド型IVRとは、いわばインターネット上(クラウド上)にIVR専用機を置いてあるような形です。インターネット回線を通してIVRサービスを受けることができるので、IVR専用機を導入する必要がなく、月額数千円~という低コストで利用が可能です。中小企業にも広まっているほか、コールセンター等にもクラウド型IVRが普及しており、主流となっています。

IVRの機能③ビジュアルIVR

ビジュアルIVRとは、音声での自動案内ではなく、スマホの画面にメニューが表示され、利用者が視覚的に操作をするタイプのIVRです。利用者は音声案内を最後まで聞く必要がなく、電話では説明しにくい内容でもわかりやすい、電話よりも短時間で番号を選択できるなど、気軽に利用しやすいシステムとなっています。

その反面、開発コストがかかったり、専用のアプリをインストールしないと利用できないなどのデメリットがあります。

IVRの選び方

IVRを選ぶときは、料金・機能・サービス内容などを基準にし、目的に合ったサービスを選びましょう。以下にIVRを選ぶときのポイントをまとめます。

料金

IVRサービスの料金形態は、初期導入費用、月額基本料、付加機能使用料などで構成されています。席数・回線数に応じて料金が加算されたり、稼働時間数によって料金が加算される場合があり、用途に合わせて最適なサービスを選ぶのがポイントとなります。

また、IVRの種類で前述したオンプレミス型IVRとビジュアルIVRは導入費用が高額になりがちです。

なるべく低価格ですぐに利用したい場合はクラウド型のIVRを導入することがおすすめです。

導入スピード

IVRを導入するときは、実際に稼働できるまでのスピードもチェックしておきましょう。申し込んだらすぐ即日から利用できるタイプのIVRは、カスタマイズ性も高い反面、自分で設定すべき項目が多い場合があります。

自社専用のIVRシステムを開発・導入したい場合は導入までに何度も打ち合わせが必要になったり、ビジュアルIVRの場合専用アプリの準備など時間がかかってしまうことが多いです。

機能性

IVRシステムを導入する時は、付随している機能にも目を向けてみましょう。外国語に対応しているものや、顧客管理システムや予約管理システムと連携できるものなど、様々なタイプがあります。

こうした付加機能を利用したい場合は、別途、追加料金が必要になることもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、実際に設定しやすい、管理しやすい、操作感が分かりやすいタイプを選ぶことも重要です。機能が複雑になるほど、操作も複雑になることが多いので、実際に運用するまえに操作感を試してチェックしましょう。

同時通話数

IVRシステムには、中小企業向けのものと、大企業向けのものがあります。同時接続できる回線数が異なり、料金負担も変わってきます。自社の規模に合わせたタイプを選びましょう。

分析機能

IVRの分析機能とは、かかってきた電話の履歴や内容をデータとして保管し、分析できる機能を言います。分析により何時ごろにどんな問い合わせが多いのか、といったことが分かると、音声ガイダンスや分岐メニューの内容を設定するときに役立ちます。

顧客ニーズを把握することにもなるので、商品・サービス開発や、販売促進などPRや広告戦略に活用することも可能です。

IVRサービスの費用相場

IVRサービスの主流はクラウド型で、月額数千円~数万円程度です。利用したいサービスの規模によって料金が大きく異なり、中小企業であれば最小構成の月額数千円程度のもので十分なことも多いです。

機能が複雑になるほど料金も高額になり、利用したい機能に合わせて開発から行う場合、開発コストが上乗せされることになります。

IVRサービス比較

IVRサービス比較①電話自動応答サービスIVRy

電話自動応答サービスIVRyはクラウド型IVRサービスです。低コストでありながら、AIによる自動読み上げテキストの作成や、着信フローが自由に設定できるなど、それぞれの業種にあったものへのカスタマイズ性が高いサービスです。また、電話番号取得もできるので新規開設の事業でも導入しやすい点や、受電履歴や受電メモによるCRM、使いやすいUIなど様々な便利な機能を高コストパフォーマンスで利用できることで定評があります。 月額基本使用料 3,300円〜、初期導入費用 0円

IVRサービス比較②トビラフォンcloud

トビラフォンcloudは、トビラシステムズによるクラウド型IVRサービスです。新規起業時やオフィス移転時、新拠点開設時から稼働可能で、在宅勤務にも適したサービスになっています。誰でもかんたんに使える操作感が強みで、コストパフォーマンスが高いことも人気の理由の一つです。 月額基本使用料 3,300円~、初期導入費用 33,300円

IVRサービス比較③MediaVoice

MediaVoiceは、メディアリンクによるクラウド型IVRサービスです。月600万件の電話に対応しており、回線数以上の電話がかかってきた際にも、自動的に折り返し連絡の予約を受け付ける、あふれ呼(放棄呼)対応機能を完備しています。その他、自動督促、SMS送信、Slack連携、本人認証、安否確認、世論調査、合否案内、クレジット決済、24時間稼働ほか、多彩なサービスを用意しています。 月額基本使用料 30,000円~、初期導入費用 50,000円~

IVRサービス比較④Genesys Cloud CX

Genesys Cloud CXは、ジェネシスクラウドサービスによるクラウド型IVRサービスです。受電履歴や分析に長けており、セキュリティ面には定評があります。Google、Apple、Microsoft、Adobe、ZOOMほか様々なシステムとの連携も可能で、日本だけでなく世界中で採用されているサービスです。

月額基本使用料 9,000円~

IVRサービス比較⑤BIZTEL コールセンター

BIZTEL コールセンターは、BIZTELによるクラウド型IVRサービスです。顧客管理システムや、社員・オペレーター同士のチャット機能、情報共有機能、音声認識テキスト化機能など、在宅勤務でもコールセンターを実現する機能を取り揃えています。バランスのよいサービス内容を自負しており、1,700社以上に導入された実績を持つなど、安心して利用できるIVRサービスと言えるでしょう。

月額基本使用料 81,000円~、初期導入費用 200,000円~

IVRサービス比較⑥自動受付IVR

自動受付IVRは、株式会社電話放送局によるクラウド型IVRサービスです。日本最大規模の回線数を保有しており、24時間365日受電対応が可能です。とくに災害時の稼働体制には定評があります。

月額基本使用料 150,000円~、初期導入費用300,000円~

IVRサービス比較⑦CT-e1/SaaS

CT-e1/SaaSは、コムデザインによるクラウド型IVRサービスです。リピーターを優先的に特定の担当者へつないだり、電話がつながるまで待機状態の電話(待ち呼)の着信順番を管理したり、電話で伝えにくい内容にはSMSを活用するなど、顧客満足度を上げる工夫が凝らされています。電話1席~の小規模プランを始め、100席以上の大規模プランなど、多彩なプランを用意しています。

月額基本使用料 15,000円~、初期導入費用300,000円

IVRサービス比較⑧COTOHA Call Center

COTOHA Call Centerは、NTTコミュニケーションズによるクラウド型IVRサービスです。コストを抑え、機能を絞ったIVRサービスで、24時間365日受電対応、顧客管理機能を備えています。初期費用がかからない点も魅力の一つです。別途、AIの音声認識機能などを利用できる有料のオプションサービスがあります。

月額基本使用料 3,300円~、初期導入費用0円

IVRサービス比較⑨じゃんじゃんコール

じゃんじゃんコールは、メテムによるクラウド型IVRサービスです。キャンペーンやイベントなど、短期間に大量に電話がかかってくるようなケースに強みがあり、24時間365日受電対応可能です。

月額基本使用料 39,800円~、初期導入費用30,000円

IVRサービス比較⑩LINE AiCall

LINE AiCallは、LINE CLOVAによるクラウド型IVRサービスです。電話をかけた人とAI(人工知能)が会話をする仕組みになっており、利用者が音声ガイダンスを最後まで聞いたり、番号を選ぶ必要がありません。AIが自動的に回答したり、対応できない場合は担当部署へ電話をつなぎます。LINEやSMSとの連携もスムーズで、各種申請や支払いにも対応しています。きめ細やかな対応だけあって、開発には数か月必要です。

料金について詳しくはお問い合わせください。

IVRサービス比較⑪Zendesk

Zendeskは、Zendeskによるクラウド型IVRサービスです。世界中で10万社以上の導入実績があり、コールセンターなど大規模な業態で活用されています。使い勝手に合わせて、小規模~大規模に対応し、カスタマイズが自在な点が人気です。米国籍企業なので、料金が為替変動の影響を受けます。

月額基本使用料 19米ドル~(年払い)

IVRサービス比較⑫VoiceMall

VoiceMallは、NTTテクノクロス株式会社によるクラウド型IVRサービスです。NTTが培った高いセキュリティ性と大容量のサービスを利用できることから、大手有名企業で活用されています。あふれ呼受付ダイヤルやCS調査ダイヤル、SMSによるログインパスワード再発行ダイヤルなど、電話を最大限に活用したサービスが豊富です。

月額基本使用料 140,000円~、初期導入費用300,000円~

IVRサービス比較⑬モバイルウェブ ビジュアルIVR

モバイルウェブ ビジュアルIVRは、NTTコム オンラインによるビジュアルIVRサービスです。コールセンター向けのサービスで、人員不足解消や業務効率アップに役立ちます。

電話でなくても構わない問い合わせをメールに誘導することができるほか、コールセンターの営業時間外でも24時間265日対応できるため、顧客にとっても利便性が高まります。

月額基本使用料20,000円~、初期導入費用515,000円~

IVRサービス比較⑭PKSHA(パークシャ) Voicebot

PKSHA Voicebot(旧名称はBEDORE(ベドア) Voice Conversation)は、「AIチャットボット」と呼ばれるIVRサービスで、音声認識AIを活用して自動応答するシステムになっています。

顧客が電話機の番号を選ぶのではなく、顧客の声を認識し、それにふさわしい対応を行います。契約から導入まで1か月の期間が必要となりますが、契約後は基本的に追加料金不要です。

料金 詳しくはお問い合わせください。

IVRサービス比較⑮AIコンシェルジュ

AIコンシェルジュは、AIによる音声認識を活用したIVRサービスです。ダイヤルプッシュによる案内も併用でき、文字起こし機能により伝言を預かることも可能です。通話音声を録音しているため、AIの認識精度が心配なときも補完できます。

料金 詳しくはお問い合わせください。

IVRサービス比較⑯ロボット自動受付サービス

ロボット自動受付サービスは、AIロボットが電話を受けるようなイメージで、顧客の声を音声認識して電話対応します。特にプッシュのみの分岐対応では足りない企業や、繁忙期など一時的に入電数が増える企業にふさわしい機能になっています。

月額基本使用料350,000円~、初期導入費用800,000円~

IVRサービス比較まとめ

IVR(自動音声応答)サービスは、営業時間外でも電話対応が可能になったり、人件費節約、顧客満足度向上など、ビジネスを発展させる画期的なサービスです。クラウド技術やAI技術の発展にともない、低コストで運用が可能になりました。

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、AIの合成音声による自動ガイダンス機能や、Slack・LINE・Teams・Chatworkへの受電通知、ホワイトリスト・ブラックリスト機能など、便利なIVR機能が詰まって、月額3,300円で使い放題。IVRサービス導入を検討中の方は、ぜひ合わせてIVRyもご検討ください!

その他の記事

コールセンターを外注するメリットや費用まとめ音声ガイダンスを活用して電話を自動化する方法とポイント06で始まる電話番号はどこから?迷惑電話なの?【2022年最新版】コールセンターシステム比較!仕組みや選び方も解説【2022年最新版】クラウド型コールセンターサービス比較!料金や選び方も解説IVR連携SMS送信サービスとは?メリットや料金相場など解説!092で始まる電話番号はどこから?迷惑電話なの?【2022年最新版】電話代行・秘書代行サービスの導入費用はいくら?20社を比較!【2022年最新版】通話録音アプリ比較!無料で使えるものから法人向けまで紹介!050の電話番号(IP電話)は通話料がかかるの?料金と仕組みを解説!03で始まる電話番号はどこから?迷惑電話なの?IVR(電話自動音声応答システム)とは?ビジネスに必要な理由を解説!人材育成の方法とは?人手不足を解決するためのポイントやメリットを解説【2022年最新版】クラウドPBXサービス比較!料金・価格など、選ぶポイントを紹介しますSMS送信サービスとは?メリットやデメリット、料金や使い方を解説!【2022年最新版】電話代行サービスの相場はいくら?5社の料金とサービスを比較!【2022年最新版】電話番号取得サービスの最安値は?10社を比較!【2022年最新版】インターネット固定回線の選び方は?おすすめサービス10選!【2022年最新版】クラウドフォンアプリ比較!【2022年最新版】050電話番号の導入コストはいくら?7社の価格を比較!クラウドフォンとは?メリットや選び方まとめビジネスフォンとは?概要やメリットを解説!0800から始まる電話番号はどこから?迷惑電話なの?ECサイトを新規に立ち上げる際のポイントは?成功の秘訣や課題と対策ホテルの繁忙期にはどんな問題がある?その対策を紹介!病院・クリニックの繁忙期はいつ?人手不足を解消する対策とは美容外科の繁忙期の問題点とは?人手不足を解消する対策方法を紹介!飲食店の繁忙期に起こる問題点と対策を紹介!保険業界の繁忙期に起こりやすい問題と対策を解説!ホテルでのインバウンド対策!海外からの入国再開に合わせ、準備すべきことを解説旅行業界の繁忙期・閑散期に起こる問題点や、その対策を紹介!銀行業のコスト削減を実現するには?削減事例やポイントを紹介新規事業をDX化する必要性とは?その理由とメリットを解説飲食店でインバウンド対策!海外からの集客増加のポイントを解説カフェのワンオペ営業を実現するポイントとは?ECサイト運営の自動化は実現可能?おすすめツールをご紹介!製造業でコスト削減するには?削減すべき費用やポイントを解説製造業を業務効率化するには?効率化のポイントやメリットを解説繁忙期の人手不足に対応するには?業種別の対応方法もご紹介!通話アプリ「050plus」とは?美容室でインバウンド対策!海外からの集客に対応する方法を解説中小企業の業務改善を実現するには?業種別の改善方法もご紹介!【2022年最新版!】ECサイトにおすすめの業務効率化ツール4選!ホテルの無人化は実現可能?メリットや注意点を解説!【2022年最新版】ホテルの業務を効率化するおすすめツールをご紹介!【2022年最新版】飲食店の業務を効率化するおすすめツールをご紹介!飲食店の省人化とは?実施事例やメリットをご紹介!飲食店スタッフの人材育成の重要性とその方法とは?【2022年最新版】歯科医院におすすめのCRMツール4選!【2022年最新版】飲食店におすすめのCRMツール4選!【2022年最新版】病院のおすすめ業務効率化ツール6選!歯科業界のDXとは?解決できる課題やポイントを解説!ホテルスタッフの人材育成の重要性とその方法とは?【2022年最新版】病院・クリニックにおすすめのCRMツール4選!ECサイトにおけるDXとは?メリットや推進ポイントを解説金融業界におけるDXとは?取り組み事例と推進ポイントを解説歯科業界の深刻な人手不足を解決する方法とは?医療事務を自動化し業務効率化!注目されるRPAとは?【2022年最新版】ホテルにおすすめの顧客管理ツール4選!製造業の人手不足を解決するには?その原因と対策を解説【2022年最新版】ECサイトにおすすめのCRM(顧客管理)ツール4選!誰からの電話か分からない...その対応方法や迷惑電話か見分ける方法を解説!iPhoneとAndroidで電話を録音をする方法は?スマホでの通話録音について解説!【2022年最新版】整体院でのおすすめ顧客管理ツールを紹介!選び方やメリットを解説【2022年最新版】電話番号を無料で取得するサービス3選!無料取得のメリットデメリットも紹介!050から始まる電話番号とは?営業・勧誘の悪質な電話なの?070で始まる電話番号はどこから?営業・勧誘の悪質な電話なの?小売店の人手不足を電話DXで解決!その方法とは?病院クリニックの人手不足を電話DXで解決!その方法とは?アパレル業界の人手不足を電話DXで解決する方法とは?ホテルの人手不足を電話DXで解決!その方法とは?飲食店のリピーター獲得を電話DXで実現する方法とは不動産の人手不足を電話DXで解決!その方法とは?不動産の電話DXで予約電話を効率化する方法とは観光業の人手不足を電話DXで解決!その方法とは?電話DXで教員・教師の業務負担軽減!その方法とは?電話DXで飲食店の人件費を削減!その方法とは?電話DXで病院の人件費を削減!その方法とは?観光業のリピーター獲得を電話DXで実現する方法とは美容室の人手不足を電話DXで解決する方法とは?電話DXでホテルの人件費を削減!その方法とは?飲食店の人手不足を電話DXで解決!その方法とは?アパレルショップのリピーター獲得を電話DXで実現する方法とはホテルの電話DXで予約電話を効率化する方法とは病院・クリニックの電話DXで予約電話を効率化する方法とは?飲食店の電話DXで予約電話を効率化する方法とは全ての電話を確実に対応!電話の自動音声での対応方法とは?0120から始まる電話番号を転送する方法とは?費用感なども解説!折り返し電話でのマナーは?正しい言葉づかいなど対応法を解説!電話に出られなかった際のメールの書き方は?ポイントや注意点を解説!電話自動応答(IVR)のメリットとは?導入事例や導入方法を解説!電話番号の種類一覧!固定電話、携帯電話、IP電話などを解説!意外と知らない市外局番のヒミツとは?どこの市外局番かすぐに分かる方法非通知着信や見知らぬ国際電話に注意!その危険性と対処法とは?GW・お盆・年末年始などの長期休暇前に設定したい休み中の電話の効率的な対応方法飲食店で少人数運営を実現するには!?ワンオペの課題を電話自動化で解消する方法オンライン秘書のメリットや選び方は?おすすめサービス15選!ホテルのフロントで少人数運営を実現するには!?ワンオペの課題を電話自動化で解決する方法060で始まる電話番号があるって本当?迷惑電話なの?フリーダイヤルを着信しない方法とは?設定方法や注意点など解説!電話対応をAIに任せて業務プロセス改善!自動応答を人の声でも!IVRyの録音案内機能とは?IVRyの分岐ルールや営業時間が複数パターン保存可能に!IVRyアプリでスマホへの電話転送も格安に!自動応答の着信フローを自由に設定!分岐機能とは?PCだけで電話対応ができる!IVRyのブラウザ受発信機能とは?0570から始まる電話番号はどこから?料金形態など解説!IVRyを使って、LINE公式アカウントに誘導する方法保留時間の長さで機会損失!?電話口でお客様をイライラさせない方法とは図書館のDXとは?図書館が求められる新たな役割を担うために、最新技術やDX化のポイントを解説!大学DXのポイントを解説!文科省が求める理想像や電話業務DX化で学生を引き寄せる方法自動車業界のDX化とは?電話をDX化して変革期に優位を獲得する方法を解説!電話研修はなぜ必要?研修を効果的に実施するポイントを解説!スーパーマーケット業界のDXとは?電話業務をDX化してアフターコロナ時代に対応する方法商社でのDX推進ポイントは?商社がDX化でパフォーマンスを向上させる方法とは銀行業におけるDXとは?電話DXで多様化するニーズに答える方法を解説!ソフトフォンとは?IP電話を利用してPCをビジネスフォンに!Wix x IVRyを使って、ノーコードで超効率的に予約サイト運営をする方法鉄道DXとは?デジタルツインや事務作業DXを進めて収益率を向上させる方法不動産業界のDXとは?電話業務を効率化して競争力を高める方法を解説学校や教育現場のDX化とは?電話対応を自動化して煩雑化する業務を効率化する方法を解説!林業のDXとは?電話DXで新たなニーズに対応する方法を紹介!ホテル業界のDXとは?電話DX化でコロナ禍に負けない競争力をつける方法美容院での電話対応のポイントとは?電話業務を効率化して顧客満足度を上げる方法農業DXとは?電話業務をDX化して労働力不足を解決する方法観光業のDXとは?電話業務をDX化して新時代に対応する方法飲食店をDX化するには?コロナ禍で迫られるDX化についてポイントを解説!ラーメン店におけるDXとは?競争の激しい業界で効率よく経営する方法を解説!事務所の電話鳴り止まない問題を解決!本来の業務に集中する方法をご紹介!小学校にかかってくる電話にはどう対応すべき?電話対応を効率化する方法電話業務をDX化したいと思っても何から始めれば良いかわからない人のための電話DX入門ガイド保険業のDX化推進のポイントとは?抱える課題の解決法を紹介!動物病院の人手不足を解消!電話業務を効率化することで診察に集中できます!PHSがサービス終了するとどうなる?対策方法まとめ大学職員が電話対応できないほど忙しい理由とは?電話業務を効率化する方法を紹介!建設業のDX化を進めるには?簡単にできる?推進ポイントを紹介!年金事務所には電話がつながらない?年金事務所の電話がつながるようになる方法とは郵便局は電話がつながらない?郵便局の電話課題とその解決方法とは製造業をDX化するには?業務課題とDX推進のポイントを解説保育園の電話問題を解決!忙しい時間でも効率的に電話対応する方法を解説!電話転送によるミスを0に!事務所の固定電話おすすめの効率化方法PCで電話番号を取得することは可能?メリットと活用法まとめコロナ禍における保健所の電話業務を効率化する方法とは?ガス会社の電話を効率化!電話業務効率化によるメリットとは!?ロードサービスの電話対応を自動化!緊急の電話を素早く確実に対応する方法とは?不動産の電話業務をDX!取次のミスを減らして顧客満足度を上げる方法とは?クレーム・苦情の電話にうまく対応する方法とは?クレーム担当は必要なの?本社などの代表電話の対応ポイントとは?課題やその解決策を解説!人件費削減とは?具体的な方法やメリット・デメリットを紹介チラシで電話問い合わせを増やすコツとは?電話の効果的な対応法も紹介!会社の電話番号を変更する時はどうする?必要な手続きやメリット・デメリットなど解説!Web広告の電話コンバージョンの計測法から顧客管理の方法までご紹介!ペーパーレス化しよう!推進方法やメリット・デメリットを解説!電話注文を確実に録音するには?受注ミスを無くす方法を紹介!営業電話を見分ける方法とは?業務を中断させる営業電話にもう悩まない!脱サラして起業は成功する?必要なポイントを解説!採用担当者必読!求人応募を取り逃がさない電話対応の方法とは顧客満足度を上げてリピーターにつなげる方法とは?ポイント別に解説!業務を効率化したい!何から始めればいい?ポイントを解説!話題の業務効率化ツール5種!人気の理由を徹底解説Googleビジネスプロフィールで電話問い合わせを増加!顧客獲得への活用法とは?顧客との電話対応をスキルアップさせる方法とは?顧客からの信頼度を獲得できる方法を紹介!新規店舗開業に必要なものは?準備するものや流れを解説!副業で電話番号を新規取得するメリットとは?格安での運用方法もご紹介!独立開業に必要なことは?電話番号を簡単に取得する方法についてもご紹介!しつこい・迷惑な営業電話から解放されるために行うべきことビジネスチャットツールの効果的な使い方とは?成功事例を紹介!ひかり電話の通話料は安い?料金の仕組みを解説!電話転送のやり方・設定方法を各キャリア別に解説!ひかり電話をボイスワープ転送するには?設定方法を解説!テレマーケティングとは?メリット・デメリットや活用ポイントをご紹介!法人が固定電話を格安で運用するには?おすすめの運用法を解説!電話自動応答導入時の自動応答パターンと応答文言例を大公開ビジネスチャットツールの選び方とは?クラウドPBX導入で何が変わる?導入メリットと、導入方法まとめ!050(IP電話)は緊急電話ができない!?対処法をご紹介!パソコンから電話をかける方法とは?スマホとの連携や活用法をご紹介!飲食店にかかってくる予約の電話にはどう対応したらいい?接客業の電話対応ポイントまとめIP電話とは?固定電話との違いやメリットとデメリットも簡単に説明!電話対応のDX化とは?電話業務を効率化して、負荷とストレスを解消する方法を紹介!【起業したい人必見】起業準備に抑えておきたい必要なこと【電話応答マニュアル】電話対応のマナーとポイントって?業務に集中したい!迷惑電話をブロックする3つの方法休日や営業時間外の電話を自動で対応。営業日・営業時間で別ルールを設定できる機能とは?会議室でのIVRy利用ケースIVRyを使ったCRM事例イベントでのIVRy利用ケース牧場でのIVRy利用ケース業種ごとのIVRyの利用料金はどのくらい?目安の料金をご紹介!ECサイトでのIVRy利用ケース1日100円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供するPeoplytics、マイクロソフト社と協業開始のお知らせ外出中にかかってきた電話番号を調べる方法固定電話を持つか悩む新規事業者へ 〜固定電話を持つメリット・デメリット〜社用携帯と個人用携帯2台持ちのメリットは?在宅ワークでもコールセンター?電話自動応答サービスIVRyのアプリ版で実現可能!外出中や会議中で電話に出られない...そんな時にIVRyの自動応答!ビジネスフォンアプリを導入して在宅ワークを円滑に!子機での電話の受け渡しが面倒...IVRyアプリ導入で自動化&スマホで受け取り可能に!IVR認証とは? IVRを用いたセキュリティ強化の活用事例をご紹介!個人事業主必見!スマホの電話対応で顧客管理をする方法スマホをビジネスフォンとして利用する方法IVRyを使ってスマホで電話しながらスマホでメモを取る方法在宅ワークだけど電話が鳴りっぱなしで集中できない...不要な電話をスマホで自動応答する方法クラウドフォンの電話転送とは?料金はかかる?CSVをダウンロードすることで電話問い合わせの分析が可能にお客様からの電話を3コール以内で対応する方法パソコンから自動でショートメールを送る方法は?コールバックとは?その仕組みやメリット・デメリットを解説!会社の固定電話からスマホに電話を転送する(or受け取る)方法電話の取り次ぎをスムーズにする方法050plusの電話を転送する方法は?IVRyで24時間電話受付を可能に!0800から始まる電話番号を転送する方法海外からの電話を自動で拒否する方法とは?設定方法まとめ!テレワークを電話転送で円滑に電話のCRMツール、IVRyの顧客管理機能とは?分岐による自動対応機能とは?予約の取りこぼしを防ぐ方法とは?NTT電話の転送サービスとは?種類、料金、設定方法などクラウドPBXとは(電話交換機)?メリットやデメリット、料金をまとめ!ひかり電話の電話転送サービスとは?電話代行サービスとは?サービス内容、申込方法、料金などIP電話のおすすめ比較!保険代理店での電話自動応答サービス利用ケース代表電話番号での電話自動応答サービス利用ケース動物病院での電話自動応答サービス利用ケースイベントでの電話自動応答サービス利用ケース コロナワクチン関連の電話対応で起こりうること・IVRyで解消できること病院・クリニックでの電話自動応答サービス利用ケース IVRyの音声録音機能で3つのミスを解消!道案内やイベント案内が超円滑に!IVRyのSMS自動送信機能とは!? 飲食店での電話自動応答サービス利用ケース営業電話を防ぐ方法とは?電話番号の取得方法について誰からどんな電話があったのか一目でわかる!IVRyの受電通知機能とは?時間帯別で転送先を変更!営業時間と分岐ルールを使った設定方法とは?ひかり電話の電話転送設定方法とは複数人に同時転送が可能!IVRyの複数電話転送機能とは? 電話に自動で応答。IVRyのAI音声機能で得られる3つのメリット営業時間外に携帯へ電話を転送できる。転送電話サービスとは?対応できなかった電話や対応履歴を全て管理。IVRyの電話管理機能とは?直接電話を繋ぎたい時に便利!IVRyのホワイトリスト機能とは?NTTの電話回線の転送機能「ボイスワープ」とはどんな機能?何ができる?不動産管理業での電話業務効率化の利用事例Google ChromeでIVRyからの着信通知を受け取る設定について

導入事例

IVRyの導入によって、すべての電話に確実に対応できる環境を構築!【株式会社南西楽園リゾート】急増した営業電話の対応を効率化!言語ごとに担当者を振り分け顧客満足度も向上【住福株式会社】電話DXによる予約や問い合わせの自動化で、スタッフの働きやすい環境を実現!【サウナ&カプセルホテル ウェルビー】高額だった有人対応のコールセンターから、電話自動応答サービスに変更したことで費用を大幅に削減。【いろはネットワークス】電話を効率化してスタッフのストレスを激減!接客品質も向上【和食日和おさけと赤坂】コロナ禍で殺到するPCR検査の電話対応を効率化!着信履歴・対応フローの可視化でセンターの人手不足を解消。【あじさい薬局】マンスリーマンションのお問い合わせを自動化。録音機能と電話転送機能で、希望物件に関する折り返しの簡略化に成功【株式会社Bolte】営業電話対応の自動化で業務を効率化。賃貸業務に関する営業時間外対応や外出時の対応も可能に。【株式会社ホットスペース】コロナ禍の影響による診療時間変更のアナウンスも即時対応可能。問い合わせ電話の振り分けとホワイトリスト機能で大幅な業務効率化に成功【大宮いけだ眼科】オープンセールで連日200名超のお客様が来店する大繁盛の中、IVRyで1日約100件の着電を自動対応【さくらんぼ唐揚げ鶏桜】緊急性の低い電話をIVRyで自動化することで、休診日の業務効率が格段に向上【音威子府村立診療所】スタッフ2名体制の中、よくあるご質問の自動化により、確実に電話対応可能なフローを実現【太陽の森ディマシオ美術館】コロナ禍による人員削減で難しくなった深夜の電話対応をIVRyで自動化【グリーンホテルYes長浜 みなと館】よくある問い合わせを自動音声対応にすることで、電話に出るストレスから解放!【合同会社ハングアウト】5分に1回鳴っていたピーク時の電話対応を自動化。デリバリー時の確認も音声録音機能でスムーズな対応が実現【キッチンきむら】作業中の問い合わせ電話対応をIVRyで自動化。SMS送信機能で、ご要望にあった問い合わせ先を自動案内することに成功【揖斐川庭石センター】よくあるご質問をSMS送信することで、電話対応の自動化に成功!お客様の質問に対し、即座に回答ができる体制を実現【Nojiri Lake Resort(野尻レイクリゾート)】新規事業立ち上げ時の電話対応を自動化!想定コスト95%以上の削減に成功【アントレ】創業130年の老舗卒塔婆メーカーの通販サイト、月300件の問い合わせのうち、約9割の電話を自動化に成功!【谷治新太郎商店】【株式会社サン・ルート様】居酒屋へのピークタイムの予約電話をIVRyで効率化することで売上と顧客満足度アップに成功!【株式会社リトランス】迷惑電話や営業電話をIVRyでシャットアウト!お客様からの電話は折り返しの対応で、接客や修理業務への集中を実現した事例【くらた動物病院】よくある質問への対応を自動化し、スタッフが対応する電話件数を、3割まで削減!【まるペットクリニック】対応が追いつかない電話業務を一部自動化し、顧客対応を改善したお客様事例【すすむ屋茶店導入インタビュー】IVRy導入での接客サービスの品質向上【株式会社ライトドア】電話の取次をIVRyで自動化。お客様への対応スピードが上がり、満足度向上を実現した事例【新原製茶】電話注文の対応履歴やお客様情報をIVRyが一括管理。電話対応に加えてCRMツールとして利用した事例|電話自動応答IVRy(アイブリー)コロナ渦のリモートワーク実現!電話番のためのスタッフの出社軽減|電話自動応答IVRy(アイブリー)【東京ビジョンアイクリニック阿佐ヶ谷】よくある電話質問を自動応答し、目の前の患者さんのケアへの集中や本当に必要な問い合わせのみを受けることを実現!|電話自動応答IVRy(アイブリー)【株式会社BiiiiiT】しつこい営業電話の対応を自動化!電話対応の時間を8割削減し、業務効率化を実現|電話自動応答IVRy(アイブリー)の導入事例【株式会社イコリス】お客様の電話の取りこぼし削減。必要な電話だけ対応することで、業務改善を実現!|電話自動応答IVRy(アイブリー)
無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ問い合わせ