アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

電話DXで飲食店の人件費を削減!その方法とは?

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

飲食店では人件費の割合が高く、売上の3割程度が望ましいと言われます。しかし実際は3割を超えてしまっている店舗が多いのが現状で、人件費率の高さに悩んでいるところも多いのではないでしょうか。

この記事では、電話DXを導入して飲食店の人件費を削減する方法について解説します。

飲食事例LP

飲食店における人件費

飲食店における人件費の適切な割合

飲食店経営においては、売上に対して人件費の割合が3割程度が望ましいと言われています。ここで言う人件費とは、毎月の給与に加えて賞与や交通費などの諸経費、社会保険・労働保険料などの福利費がふくまれます。

人件費は固定費?変動費?

一般に正社員にかかる人件費は固定費、アルバイト・パート社員にかかる人件費は変動費として考えることができます。

繁忙期に人員を増加した場合は変動費として考えたり、正社員を減らしてアルバイト・パート社員を増やすことで人件費を削減することが行われます。

飲食店が人件費を削減したい理由

純利益を増やしたい・黒字化したい

飲食店では人件費率を3割以内にとどめることが望ましいと言われますが、実際はそれを超えてしまっていることが多いでしょう。慢性的に赤字になっている店舗もあると思います。

純利益を増やして黒字化させるには支出を減らすほかありません。支出の中でも減らしやすいものには固定費が挙げられます。固定費を変動費化することで需給に合わせてコントロールしやすくなり、支出を減らすことができるでしょう。

食材の値上がりに対応したい

飲食店において食材の仕入れコストは売上の30%程度が望ましいと言われています。しかし食材は季節によって価格が変動したり、生産量や需給バランスの影響も受けます。

2022年はロシアによるウクライナ侵攻の影響を受け、食材に限らずあらゆる物価が上昇しました。こうした不測の事態に備えるために、人件費を削減して食材の値上がりに対応したい、と考えるところもあるようです。

余剰人員に困っている

コロナ禍の影響により営業ができなくなったり、時短営業や人数制限などの対応をしている飲食店も多いですが、そのために余剰人員が生まれているところもあります。

リストラや人員整理・雇用整理をした飲食店もありますが、需要が復活したタイミングで以前のように人を増やすのは難しく、また新たに雇用したスタッフには教育が必要になります。

そのため余剰人員の整理に踏み切れず、人件費が経営を圧迫している例があるようです。

飲食店の人件費を削減する際の注意点

従業員への負担増加

飲食店の人件費を削減する場合、従業員への負担が増加してしまう可能性があります。給与削減でモチベーションが低下したり、優秀なスタッフが離職してしまい、結果的に経営状況がさらに悪化することも考えられます。

オペレーションの崩壊

人件費を削減しようとしてスタッフを減らす場合、少ない人数で今までのような経営を行おうとすると、オペレーションがぼう大になり崩壊してしまうことがあります。

もともと3~4名のスタッフで回していた店舗を1~2名でやろうとすれば、ほころびが生じるのは当然です。その分は別のなにかで補填しないと経営が破綻してしまうかもしれません。

飲食店の人件費を削減するには電話DXから始めるのが良い

電話番にかかる人件費を削減できる

飲食店の人件費を削減するために、電話DXを導入するという方法があります。電話DXシステムを活用すると、24時間365日、システムが自動で電話に対応するので、電話番が不要になり、その分の人件費を削減できます。

電話の業務負担を軽減して少人数運営を実現できる

電話DXシステムが自動で電話対応すると、電話業務の手間が大きく軽減されます。業務の手を止めて電話対応したり、取り次ぎを行う必要がなくなるので、その分の人手が不要になり、少人数運営が実現できます。

なお、飲食店で少人数運営を実現するための方法をこちらに分かりやすく解説しておりますので、合わせてご覧ください!

飲食店で少人数運営を実現するには!?ワンオペの課題を電話自動化で解消する方法

他のDXツールよりも手軽に導入しやすく、効果も実感しやすい

DXツールには様々なものがありますが、中でも電話DXツールは比較的コストが低いので手軽に導入することができます。電話対応がなくなる、軽減される、という効果は実感しやすいものなのでコストパフォーマンスのよいDXツールと言うことができるでしょう。

飲食店の電話DXを推進して人件費を削減するならIVRy

全ての電話の1次対応をスタッフの代わりに自動で応答

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話が鳴るとスタッフの代わりに電話を受け、自動的に1次対応をします。営業時間や休業日の問い合わせなど、よくある質問には自動で回答できるほか、緊急の電話や相談が必要な電話は担当者へ直接転送できるので、電話番が不要です。

予約の電話の取り逃がしもなくなる

飲食店では、混雑しているときや団体客が来たときなど、忙しいときに電話が鳴ると、対応ができず電話を取りこぼしてしまったり、接客に集中できなくなるケースがあります。

しかしIVRyを利用すれば、全ての電話に必ず出られるので、予約の電話を取りこぼす心配もありません。

予約の電話だけ店舗にかかってくるようにしたり、営業時間外にかかってきた電話だけを予約専用Webフォームに誘導したり、すべての予約電話をWebフォームに誘導するなど、お店の方針に合わせて色んな対応を選べます。

営業時間外の電話対応にも悩まなくなる

IVRyを活用すれば、24時間365日いつでも休まず電話対応できるので、営業時間外の電話対応に悩まされることもありません。

営業時間外はスタッフによく休息してもらい、元気に働いてもらいましょう。

人件費より効率の良いコストパフォーマンス

IVRyの導入コストは月額3,000円~という低コスト。人件費よりも効率の良いパフォーマンスで、あなたのビジネスをもっと便利に、もっと快適にします!

最短5分で即日導入できる

IVRyは、申し込んだら最短5分で稼働できる、分かりやすい操作感も魅力です。誰でも迷うことなく設定できるので、今日からすぐに効果を実感していただけるでしょう。まずは1か月無料でお試しください!

飲食事例LP

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ