ホテルの人手不足を電話DXで解決!その方法とは?

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

ホテル業界は離職率が高く、全業種の平均15%を大きく上回る30%程度となっています。一方でホテル業界を志望する人も多く、就業率も高いと言います。

それにもかかわらず離職率が高くなってしまう原因や、ホテル業界の人手不足を解消する方法について解説します。

1ヶ月無料トライアル資料をダウンロードする

ホテルが人手不足である原因

長時間労働で、休日が少ない

ホテル業界では長時間労働が当然となっていることが多く、また休日も少ないことが多いと言います。基本的にホテルは24時間365日営業しており、深夜帯や早朝からのシフトもあります。

少ない人手でサービスを充実させようとすると、ますます長時間労働が増え、休日が少なくなってしまうのです。

働き方が不規則である

ホテルのシフトには「中抜け」や「手待ち」と呼ばれる特殊な働き方や、深夜・早朝勤務などがあり、他の業種と比較して不規則なことがあります。特に繁忙期になると長時間労働が当たり前になったり、早番と遅番が交互に来たり、と、体調管理が難しくて離職してしまうケースも少なくありません。

給与水準が低い

ホテルでは長時間労働に加え、立ち仕事や体力が必要とされる業務も多く、その反面給与水準が低いと言われます。令和2年度の民間企業の平均年収が430万円だったのに比べ、ホテル業界の平均年収は340万円となりました。

長時間体力を消耗しているのに給与が低いとなると離職率が高いのも仕方ないことと言えるかもしれません。

縦社会の慣習が根付いているケースも

ホテルの中には長い歴史を持つ老舗もあり、古くからの縦社会の慣習が根付いているケースもあると言います。「上司の命令は絶対」「部署と部署が敵対している」「部署内に派閥がある」など、時代にそぐわない慣習になじめず、離職するケースもあるようです。

ホテルの人手不足で起こる問題点

特定のスタッフへの業務負担が増加する

ホテルでの人手が足りなくなると、今ある人手で同じサービス水準を保つには、一人ひとりの負担が増加してしまいます。全員に少しずつ負担が増えるのであれば、一時的に乗り切ることもできますが、実際は特定のスタッフにだけ業務負担が増加することが多いようです。

できる人に仕事が集中してしまうケースの他にも、本来の業務とは異なるのに兼任せざるを得ない、といったケースもあります。この場合、普段慣れない畑違いの業務を任されることも多く、適正外の業務にモチベーションが下がってしまう問題が考えられます。

インバウンド需要に対応できない

インバウンド需要とは、ホテル業界では海外からの宿泊を言います。特に英語が堪能なスタッフがいないと接客ができなかったり、対応に苦慮する可能性が考えられます。

最近になってコロナ禍による渡航制限が少しずつ解除されてきました。今後アフターコロナを迎えてインバウンド需要が大きくなることが予想されていますが、人手が足りなければ対応ができないかもしれません。

労働人口が減ることでさらなる賃金増加や採用費増加が起こる

日本は少子高齢化により労働人口が減少しています。今後もこの傾向は続くと見られ、ひとり当たりの賃金を増やしたり、採用費を増やしたりして対応している企業も多いです。

これはホテル業界に限らず日本全体のどんな業種にも言えることです。ホテル業界の給与水準や長時間労働といった環境が是正されない限り、他業種へ人手が流れてしまう可能性は高いと言えます。

閉業に追いやられることも

近年は「人手不足倒産」と言われることもあり、スタッフの退職・採用難が原因で倒産する件数も増えています。知名度が高く、空室率が低く、人気があるホテルこそ、人手不足倒産に陥る危険性が高いと言えます。

ホテルの人手不足を解消するには?

労働環境を改善し、離職率を減らす

まずは今いるスタッフの離職を防ぐために、労働環境を改善することから始めましょう。給与水準を引き上げ、他業種と変わらないようなシフトを実現するなどの対策を考えるのが良いでしょう。

働きたいと思えるような組織をつくり、採用を積極的に行う

今いるスタッフの労働環境が改善されれば、それをアピールすることで魅力的な職場となり、就職希望者を増やすことにつながります。

求人の募集や広告には費用がかかりますが、働きたいと思うような組織を作ることで費用対効果を高めることができるでしょう。

業務を効率化し、人が行う仕事を減らす

近年の技術革新により、従来は人の手で行っていた業務をシステムが代わりにやってくれるようになっています。

マニュアルをデジタル化してスマホから検索できるようになったり、AIセンサーが清掃すべきタイミングを知らせてくれるなど、業務を効率化できるDXシステムを導入することで、人手不足の課題を解決しているところも多いです。

ホテルの人手不足解消には電話DXが打ってつけ

電話対応に人手が割かれることが減る

ホテルに電話DXを導入すると、ホテルへの行き方などよくある質問にはシステムが自動で回答し、人が対応する電話を減らすことができます。

予約の電話にも自動で対応したり、かかってきた電話番号にSMSを自動送信して予約専用URLに誘導する、といった利用法も可能です。

深夜帯や手待ち時間の電話対応を自動化できる

電話DXは深夜帯や手待ち時間の電話対応を自動化するので、手待ち時間そのものをなくしたり、深夜にゆっくりと休憩を取ることが可能です。

緊急の電話だけをつないだりと、目的に応じて対応を変えることで、効率がよくなり、少ない人手でも運営することができるようになります。

手軽に導入しやすい

電話DXは月数千円~と、比較的低コストで導入できるため、手軽に始めることができます。

他にもDXツールには様々なものがありますが、数百万、数千万という費用がかかるものもあります。最初に始めるDXツールとしても電話DXはおすすめです。

ホテルの人手不足解消にはIVRy

自動応答でスタッフの電話業務を肩代わり

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、スタッフの代わりに電話業務を行う電話DXツールです。従来では電話が鳴るたびに業務の手を止めて対応していたのが、IVRyに電話応対の大部分を任せることで、他の業務に集中することができます。

営業時間外や深夜帯も24時間電話に対応できる

IVRyは営業時間外や深夜帯をふくめ、24時間365日対応可能です。手待ち時間や中抜けを廃止して、他業種と同様のシフト運営を実現できるかもしれません。

いつ電話しても電話がつながるため、顧客からの満足度も向上することが期待できます。

予約の電話や顧客管理も効率化できる

IVRyは予約の電話を自動で受けたり、予約専用の担当者へ直接電話をつなぐことも可能です。IVRyの顧客管理機能を利用すれば、通話しながら過去の予約状況を確認したり、メモを残すこともできるので、顧客一人一人に寄り添ったきめ細かい対応が実現するでしょう。

かかってきた電話番号にSMSを自動送信したり、営業時間によって対応を変えることもできるので、目的に応じて電話業務を効率化できます。

月額3,000円〜と人件費よりも圧倒的な好コストパフォーマンス

IVRyは月額3,000円~と圧倒的なコストパフォーマンスで導入でき、このほかホワイトリスト機能・ブラックリスト機能、スマホへの受電通知、留守電機能など、たくさんの機能が使い放題です。

たとえば人件費と比べるとどれだけお得かが分かると思います。もちろん採用に使う広告費や教育研修費も必要ありません。ぜひIVRyを利用して人手不足を解消しましょう!

最短5分で即日導入できる

IVRyは申し込んだら最短5分で導入できる手軽さも魅力です。即日からすぐにお試しいただけるので、まずは1か月無料でご利用ください!きっとあなたのホテルにピッタリの設定方法が見つかりますよ。

その他の関連記事

1ヶ月無料トライアルまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ問い合わせ