アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

病院・クリニックの人手不足を電話DXで解決!その方法とは?

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

日本ではかねてより病院・クリニックの人手不足が指摘されています。これは、病院・クリニックばかりでなく、福祉・介護分野での人手需要が急増しているからです。

特に看護師は離職率が高いことでも知られており、早急な対策が求められています。この記事では、病院・クリニックの人手不足を電話DXで解決する方法について解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

病院クリニックの人手不足の現状

看護師・医師不足が深刻化

意外にも、看護職員の就労数は年々増加しています。しかしそれを上回る看護職員の需要があり、供給が追い付いていない状態です。2030年時点で187万人の人材不足が出るという試算もあります。

一方で医療事故の原因の8割は人手不足に端を発するとされており、早急な解消も求められています。

業務負担が大きく、離職率が高い

看護職員の離職率は毎年10%前後となっており、他業種と比べても離職率が高いことが知られています。看護職員の4人に3人は「辞めたいと思いながら働いている」というデータもあるほどです。

看護職員の離職率が高い原因には、人手不足で業務負担が大きいこと、賃金が安いこと、休暇が取れないこと、夜勤が多いこと、などが挙げられています。

地域や診療科によって人材の偏りがある

病院・クリニックにおける人手不足の現状は、地域や診療科によっても格差が出ています。厚労省も対策を設けているものの、まだ解消には至っていません。

診療科の偏りを見てみると、時間外勤務が少ない麻酔科・放射線科などで人手の増加傾向が大きく、外科・産科・婦人科などでは人手の増加傾向が低い、または減少傾向にあります。

病院・クリニックの人手不足で起こる問題点

一人一人の診察・看護に集中できなくなる

病院・クリニックで人手不足が深刻化すると、ひとりひとりの診察・看護に集中できず、人的ミスの原因にもなってしまいます。

運営が回らず、患者の受け入れができなくなる

コロナ禍のピーク時には、どこの病院も満床で患者の受け入れができない事態が起こりました。もし病院・クリニックの人手不足が慢性化すれば、今後も同様の事態が起こりうるでしょう。

業務負担がさらに大きくなる負のスパイラルに陥る

人手が足りず業務負担が大きくなると、離職などを招く可能性が高くなります。するとさらに人手が足りなくなり、どんどん悪循環に陥ってしまうでしょう。

スタッフへの負担が重なると医療ミスに繋がってしまう可能性も

人手が足りないことで、経験が浅い未熟なスタッフに責任の重い業務を任せざるを得ない、といった問題も実際に起こっており、人手不足の深刻さが伝わってきます。

これに夜勤や長時間勤務、連続勤務などが重なるとスタッフへの負担が増加し、医療ミスなどの事故につながる可能性もあります。

病院・クリニックの人手不足を解消するには?

賃金や福利厚生などの待遇改善

病院・クリニックの人手不足を解消するには、離職率を下げる試みが有効です。まずは今いるスタッフの離職を防ぐために、賃金や福利厚生などの待遇を改善することから始めましょう。

スタッフの待遇改善をする費用として、厚生労働省から補助金が出ることがあります。ぜひチェックしてみてください。

研修や教育の充実化で安心して働ける環境をつくる

スタッフの知識を高める機会を設けることで、安心してスキルアップしながら長く勤める環境を作りましょう。責任が重くなるにつれ不安を感じたり、負担が大きくなっていきますので、スタッフの悩みを解決するのも経営者の役目です。

休職中のスタッフが復帰しやすいよう、訓練や研修を設けるのも一つの方法です。

業務を効率化する

DXシステムを導入することにより、業務を効率化することができます。DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術の進化を利用した新しいシステムのことで、従来、人の手で行っていた業務を、システムに一任できるようなものを言います。

DX化で業務が効率化されれば、スタッフの負担が軽減され休暇を取りやすくなったり、長時間勤務・深夜勤務が少なくなる、という成果が考えられます。

病院・クリニックの人手不足解消には電話DXが打ってつけ

電話対応に人手が割かれることが減る

電話DXとは、自動で電話の1次対応を行うシステムです。よくある質問には自動で回答したり、専門的な内容であれば担当者へ直接電話を転送する、留守のときには受電通知を送信し、留守電で対応する、などの対応が可能です。

電話DXがあればスタッフが電話対応をする回数が激減し、業務負担を軽減することができます。

業務の効率化ができ、診察・看護に集中できる

一般に、電話が鳴ると業務の手を止めて電話に対応することが多いかと思います。電話DXがあれば業務の手を止める回数が激減するので、診察・看護に集中できるようになるのです。

電話の取り次ぎや用件の伝言ミスが減る

電話DXは、本来人が行う電話の取り次ぎや伝言を、システムが自動で行います。そのため人的ミスの発生がなく、より正確な電話対応が可能です。

人的ミスを減らすことで、患者側も安心感・信頼感を得て病院・クリニックを利用できます。

手軽に導入しやすい

DXツールには他にも様々なものがありますが、電話DXツールは比較的低コストで導入できるため、手軽に始めることができます。取り掛かりやすいことから始め、業務が効率化されてスタッフひとりひとりの負担が減れば、労働環境の改善につながります。

病院・クリニックの人手不足解消にはIVRy

自動応答でスタッフの電話業務を肩代わり

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話が鳴ると自動的に対応ができる電話DXツールです。IVRyを導入することでスタッフが電話対応をする回数が激減し、スタッフの業務負担を減らすのに役立ちます。

診療時間外や深夜帯も24時間電話に対応できる

IVRyは、診療時間外や深夜などもふくめて、24時間365日電話対応を行います。スタッフの長時間勤務を是正したり、業務負担を削減するのに役立つでしょう。

顧客管理機能で、情報伝達ミスもなくせる

IVRyの顧客管理機能を利用すれば、電話が来た瞬間に電話番号から相手の顧客情報を検索し、画面に表示します。過去のやり取りを振り返ったり、通話中にメモを残すこともでき、スタッフ内で共有ができます。

メモはクラウド上に保管されるので、メモを紛失したり、情報伝達の際にミスが起こる心配もなくなります。

月額3,000円〜と人件費よりも圧倒的な好コストパフォーマンス

IVRyは月額3,000円~と優秀なコストパフォーマンスで利用でき、ほかにも便利な機能を使い放題です。

電話に出られなかったときも、スマホへ不在通知を届ける機能や、よくある質問には自動で回答したり、自動でSMSを送信する機能も。スタッフの業務負担軽減に役立ちます。

最短5分で今すぐ導入できる

IVRyは申し込んだら最短5分で稼働できる手軽さも魅力のひとつ。とても分かりやすい操作感なので、誰でも簡単に導入できます。病院・クリニックでの電話業務を軽減したいなら、ぜひIVRyをご検討ください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ