アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

電話DXでホテルの人件費を削減!その方法とは?

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

ホテルを経営するにあたって、人件費を削減するのはなかなか難しいと言われます。これはホテルの人件費率が高いことが大きく、他業種と異なる特殊なシフト形態なども相まって人手不足が続いていることも挙げられるでしょう。

優秀なスタッフの離職を防ぐにはある程度の人件費はやむをえません。この記事では電話DXを導入することでホテルの人件費を削減する方法について解説します。

ホテル事例LP

ホテルにおける人件費の課題

24時間営業していることが多く、光熱費などが高くなる

ホテルは24時間営業していることが多く、他業種と比べて光熱費などが高くなりやすい傾向にあります。SDGsへの注目が高まるのを受けて、光熱費のカットは現代ビジネスに重要なポイントです。ホテルだからとあきらめるのではなく、ホテルだからこそできる光熱費の削減を考えましょう。

実際にホテルで導入されている光熱費カットのアイディアには、LED化や人感センサーを利用した自動オンオフシステム、太陽光パネルの活用など、様々なものがあります。まずは役職者が率先して節約する姿勢を見せることで、スタッフにも協力意識が芽生えるでしょう。

手待ち時間が多く余剰な人件費が発生しやすい

ホテルでは手待ち時間が多く、余剰な人件費が発生しやすいと言われます。手待ち時間とは、指示があったときにすぐに作業を開始することができるよう、待機していなければならない時間のことです。

手待ち時間は休憩時間にはならず、労働時間として扱われることが定められています。手待ち時間に何も作業が発生しなかった場合には、完全に余剰な人件費となってしまうのです。

深夜帯の人件費は高くなる

ホテルは24時間営業となっていることが多く、深夜帯でもスタッフを配置して業務を行う必要があります。深夜帯は人件費が割高になりますが、完全に削減するわけにはいかないでしょう。

できるだけ人件費を抑えて運営するために、深夜帯の業務は軽減したり、DXシステムを導入するのがおすすめです。

1日の売上上限が決まっているため、経費削減は必須

他の業種では売れれば売れるほど利益を上げることができますが、ホテルでは1日の売上上限が決まっています。繁忙期に宿泊料を上げることはありますが、その分人件費が増えるなど、経費もかかることになるでしょう。

したがってホテル経営で利益を増やすには、経費削減は必須です。人件費や光熱費以外にも、削減できるコストを積極的に削減しましょう。

ホテルの人件費を削減する際の注意点

従業員への負担増加

ホテルにおいて人件費はもっとも大きなコストとなります。しかし人件費を削減しすぎて従業員に負担が増えてしまったり、そのためにやる気が失われてしまうような方法では、離職のリスクを生むことになります。

人の手でやる必要がある業務や、個々人の能力が反映される業務は削減の対象とせず、定型作業やルーティンでできる内容は自動化・マニュアル化することが理想的です。

オペレーションの崩壊

人件費を削減しすぎるとオペレーションがうまく回転しなくなり、崩壊してしまうことがあります。こうなってしまうとスタッフがいくらがんばっても、一人一人の能力では解決できません。最悪の場合には経営破綻を招きますので、いきなり多くの変化を起こさずに、少しずつ削減するのがよいでしょう。

ホテルの人件費を削減するには電話DXから始めるのがおすすめ

手待ち時間の電話対応に割かれる人手を削減できる

ホテルの人件費を削減する方法として、電話DXがあります。電話DXシステムは電話の1次対応を自動化するもので、よくある質問には自動で回答したり、予約専用URLに誘導したり、急ぎの電話は直接担当者へつなぐといった対応が可能です。

電話DXがあれば電話番が不要になり、毎日の電話対応業務が大幅に軽減されます。

電話の業務負担を軽減して少人数運営を実現できる

電話DXで電話対応業務が軽減されれば、電話によって通常業務の手を止める必要もなくなり、24時間365日対応を任せることができます。急がない電話は自動対応や留守電などの対応にすることができるので、少人数運営を実現し人件費を削減することも可能です。

ホテルのフロントで少人数運営を実現する方法について、詳しくはこちらで解説しています。ぜひ合わせてご覧ください!

ホテルのフロントで少人数運営を実現するには!?ワンオペの課題を電話自動化で解決する方法

他のDXツールよりも手軽に導入しやすく、効果も実感しやすい

DXツールにはほかにも様々なものがありますが、中でも電話DXツールは比較的低コストなので手軽に導入しやすいというメリットがあります。電話業務が大幅に軽減されるため効果も実感しやすく、最初に始めるDXツールとしてもおすすめです。

ホテルの電話DXを推進して人件費を削減するならIVRy

全ての電話の1次対応をフロントの代わりに自動で応答

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、全ての電話の1次対応を行う電話DXツールです。フロントの代わりにすべての電話に出るので、通常業務の手を止められることがなく、接客に集中することができます。

予約の電話の取り逃がしもなくなる

IVRyは、予約の電話だけフロントにかかってくるようにしたり、営業時間外の電話だけWebフォームに誘導したり、全ての予約電話をWebフォームに誘導したりと、時間帯や目的に合わせて様々な対応が可能です。

設定はとても簡単なので、難しくて悩んだりする心配もありません。

深夜帯の電話対応にも悩まなくなる

IVRyは24時間365日、電話に自動対応しますので、深夜帯の電話対応のためスタッフを待機させる必要がありません。手待ち時間や、いわゆる「中抜けシフト」を削減し、他業種と同様のシフトを組むことも可能。人手不足対策にも役立ちます。

人件費より効率の良いコストパフォーマンス

IVRyは月額3,000円~という低コストで利用でき、人件費よりも効率の良いパフォーマンスを発揮します。電話の自動応答以外にも、顧客管理機能や、スマホへの受電通知機能など、便利な電話機能が使い放題です。

最短5分で即日導入できる

IVRyは申し込んだら最短5分で稼働できる手軽さも魅力のひとつ。すぐにその日から使うことができるので、すぐに効果を実感していただけるでしょう。ホテルの人件費を削減しながら、普段の電話業務を効率化するIVRy、まずは1か月無料でお試しください!

ホテル事例LP

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ