アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

ホテル業界のDXとは?電話DX化でコロナ禍に負けない競争力をつける方法

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

コロナ禍の影響を多大に受けたホテル業界では、コロナ前と比べると売り上げが8割も低下したといいます。今後はwithコロナ時代に対応すべく、サービスの質を落とさずコストカットをする方法や、非対面サービスの導入について悩んでいるホテルも多いのではないでしょうか?

この記事では、ホテル業におけるDX化のポイントや、電話DX技術でコロナ禍に負けない競争力をつける方法について解説します。

ホテル事例LP

ホテル業のDXとは?

サービスの自動化・非接触化

従来では当たり前のように人が行ってきた業務も、DX技術を取り入れることで自動化・機械化が可能になっています。たとえば清掃ロボット、AR道案内アプリ、AIチャットボットなどのシステムがあり、すでに大手一流ホテルも導入を進めています。

エントランスの業務効率化

ホテルのエントランスでは様々な業務があります。その一部をDX化する技術があり、人員削減に役立つとして注目を集めています。たとえば自動車ナンバー照合システム、AIチャットボット、スマートチェックインなどです。これらの技術は非対面サービスも可能にしたり、過去の顧客情報と照らし合わせてリピーターかどうか判断するなど、付随する機能も優秀です。

ホテル業が抱える課題とは?

人材不足

コロナ禍において人員削減に踏み切ったホテルも多いと思いますが、緊急事態宣言やまん延防止重点措置が解除されたからと言って、ただちに人員を増やしたり、また宣言・措置のたびに人員を減らすようなことは難しいでしょう。

加えて、日本は少子高齢化で働き手がどんどん減少しています。今後は少ない人材でホテルを運営していく方法を積極的に取り入れていく必要があるでしょう。

コロナ禍における売上の低下

コロナ禍によって県をまたいだ移動の自粛が促されるなど、ホテル業界は大きな打撃を受けました。当分は海外客を見込めない現状もあり、売上の定価をどこでカバーするかが課題となっています。運営コストを削減し、国内利用客を増やす工夫が必要です。

IT・デジタル化への対応

従来よりホテル業界では個々の経験や知識・勘を頼りに業務・経営してきました。ところが少子化や労働者不足に加えてコロナ禍が起こったことで、非対面化や無人化の波が一気に押し寄せています。今ここでIT化・デジタル化に取り組まないと、競合他社に差をつけられてしまうかもしれません。利益力や生産力を高め、競争力をつけるためにIT化・デジタル化を進めましょう。

ホテル業のDX推進ポイント

顧客へのヒアリング

DX化を推進するために、どんな部分に問題があって、どこをDX化すべきなのか、まずは現状をチェックしましょう。特に顧客へヒアリングすることで、どんなところに不便を感じているのか、最優先で検討すべき事項が見えてくるはずです。

課題の整理

問題点を洗い出すことができたら、それぞれの原因を探りましょう。なぜそんな問題が起こるのか、どうすれば解決できるのか。中にはDX化が必要な課題や、DX化しなくても「優先順位をつける」などの対策で解消できる課題があるはずです。それぞれの課題を整理して、解決策を考えましょう。

予約・チェックイン管理システム

ホテルの予約やチェックインなどのフロント業務は、ミスがあってはならない重要な業務です。しかしそれだけに時間がかかったり、大きな労力を割く必要があるので、ミスも多くなりがちです。

予約・チェックインを一元管理するDXシステムを導入することで、予約・確認・変更・キャンセル・募集・料金設定など予約にまつわる管理がすべて自動化できます。

加えてチェックインなどのフロント業務も一元で管理できるシステムを活用することで、ダブルブッキングなどの致命的なトラブルを回避でき、人為的ミスを削減することができます。

清掃自動化システム

ホテルの清掃は重要な仕事ですが、ホテル業界は深刻な人手不足の状態です。そのため清掃ロボットを導入しているホテルや、人感センサーを設置して清掃業務を効率化しているホテルがあります。一定以上の人が訪れるとセンサーが清掃タイミングを通知する人感センサーを活用すると、必要な時だけ清掃をすることが可能です。

営業時間外の対応ができるツール

最近では深夜にフロントマンを置かないホテルも増えています。とは言え、それでは利用側の利便性が落ちてしまいますので、電話DXツールで対応を自動化することで、営業時間外でも対応が可能になります。

ホテル業の電話業務をDXするならIVRy

IT化やデジタル化への対応が急がれるホテル業界では、まず顧客の利便性を最優先に、電子マネー対応やWiFi環境の整備などに取り組み、国内利用者を増やしましょう。できるだけ低コストで導入でき、顧客満足度を高められるようなDXツールから活用していくのが、DX化推進への近道となります。そして、顧客満足度を上げるためには電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)をおすすめします!

道案内などのよくある質問を自動化

IVRyは、道案内やチェックイン時間の変更など、よくある電話には自動で応答します。そのため電話対応の回数が減り、その間は他の業務を続けることが可能です。電話があったことをスマホに通知するので、時間があるときに確認するだけでOKです。

人手不足でもAIで深夜の電話対応をしてくれる

IVRyは営業時間外でも電話対応が可能です。そのため顧客の利便性が向上し、いつ電話をかけてもつながる、という安心感から顧客満足度もアップ。もし緊急の電話があれば担当者のスマホへ直接転送されるので、電話を取りこぼす心配もありません。

受電履歴で予約の管理を徹底

予約・チェックインの一元管理システムをするほど大規模なホテルじゃない、という場合は、なおさらIVRyがおすすめです!顧客管理システムを完備しており、受電履歴を確認すれば予約の管理が簡単です!CSVデータにしてダウンロードすれば、傾向を分析して顧客のニーズを把握するのにも役立ちます。

低価格かつ最短5分で導入

IVRyはホテルの電話業務を効率化する便利な機能が盛りだくさんで、月額3,000円~という低コストでご利用いただけます。申し込んだら最短5分で稼働できるというシンプルな使い勝手も人気です。ホテルの電話をDX化するなら、ぜひIVRyをご検討ください!

ホテル事例LP

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ