アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

歯科業界のDXとは?解決できる課題や推進ポイントを解説!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

歯科業界は人材確保が難しく、少ない人手で多くの業務をこなす必要があるため、一人の負担が大きくなりやすいと言われます。そのため歯科業界にはDXを導入し、業務負担を減らして働き方を大きく改善する必要があるでしょう。

この記事では、歯科業界におけるDXについて解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

歯科業界におけるDXとは?

歯科業界では特に、医療資材の在庫管理や発注業務に関する負担が大きいと言われます。種類も多く、中には使用期限もあることから管理業務は煩雑さを極めます。「欠品があってはならない」という心理的負担が人的ミスにつながってしまうこともあるようです。

こうした悪循環を断ち切るには、在庫管理や発注業務を自動化・効率化できるDX化ツールを活用するのがおすすめです。

歯科業界においてDXが注目される理由

働き方の改善のため

日本では現在、労働人口が大きく減少しています。そのため一人一人にかかる負担が大きく、長時間労働などでライフワークバランスが乱れることも多くなっている現状です。

加えて「コンビニよりも多い」と言われる歯科業界では、競争力をつけるために深夜まで診療をしたり、差別化を図るところもあるでしょう。しかしながら、結局はその負担はスタッフにかかってしまいます。

働き方を改善するにはDXを取り入れ、労働生産性を向上させる必要があります。働き方が改善されることで「働きたい」と思う人が増えれば、人材を獲得するチャンスも増えるでしょう。

受付業務の効率化のため

歯科業界では「歯科助手」と呼ばれる職種が受付や会計などの業務を担っています。資格も不要な職種ではありますが、治療補助や治療器具の管理など、業務内容は多岐に渡ることから、負担が大きくなりやすい現状があります。

また、日本では予約制の歯科医院が多く、電話による応対などの業務負担も多いです。電話が鳴るとそれまで行っていた業務の手を止めて対応することになりますが、そのために通常業務がなかなか進まず、集中できない、という問題点が挙げられます。電話DXで効率化すると、受け付け業務の負担が大きく減ることになるでしょう。

在庫管理への活用のため

在庫管理ツールを活用すると、現在の在庫がいくつあるか自動的に管理したり、在庫が一定数を下回ると自動的に発注をするような機能が利用できます。在庫管理は歯科業界において大きな業務負担のひとつですので、在庫管理ツールは有効なDXと言えるでしょう。

人件費削減などでの収益増加のため

今後、ますます労働人口が減少するにあたって、人件費は今後も上昇していく可能性が高いです。その都度、価格転嫁できれば問題ありませんが、前もって人件費対策を考えておく方が良いでしょう。

DXを導入すると、人の手が必要だった業務が自動化されたり、効率化されるため、その分の人件費を節約できることになります。人件費を効率的に回転させることで収益を増加させることにもつながるでしょう。

歯科業界のDX推進への課題

DXに対応できる組織作り

歯科業界においても様々なDX技術が生まれ、日々進化しています。まずはこうしたDXに対応できる組織作りから始める必要があるでしょう。DXは手段ではなく、もはや前提として、積極的に活用していかなければなりません。

何からDXを推進して良いかわからない

DXはすでに多くの種類がありますが、たくさんありすぎて、何から手を付けて良いか分からない、という意見もあると思います。まずはDXしやすい業務から部分的に始めるのが良いでしょう。全部一緒にまとめてDX化しようとすると、現場のスタッフや患者に混乱を招く可能性があります。

歯科業界のDX推進ポイント

受付業務

受付業務の多くは人の手で行うべき繊細な事務作業が多いと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし人の手で行う作業は、一定の割合でどうしても人的ミスが発生してしまいます。一方で機械やシステムに作業を任せる場合は、人的ミスが起こりにくいと言えるでしょう。

電話業務

電話業務はどうしても他の業務と重なりやすい問題点があります。電話DXを導入すると多くの電話を自動化できるので、他の作業に集中でき、ミスを減らしたり、効率的に時間を使うことが可能です。

顧客情報管理のクラウド化

顧客情報をクラウド管理することに抵抗を感じている医院も多いかと思います。しかし紙ベースやexcelデータによる自己管理では、漏洩や紛失といった事故の可能性があることも否定できません。

むしろクラウド化することで情報を安全に保管し、自動的にバックアップを取ることも可能になっています。近年のセキュリティ技術はかなり高まっており、大手金融機関や地方自治体でも活用されているので、安心して任せてみるのも良い方法です。

治療器具の最新化

従来では型を取るときに柔らかい樹脂を当てていましたが、近年では口腔内スキャナー技術が発達し、型取りを当てる必要がなく、また短時間でスキャンできるようになっています。

樹脂が口内に残ってしまったり、誤飲・誤嚥の危険性も少ないことから、新しいシステムを喜ぶ患者も多いようです。

こうしたデータは長期間保存できるため、データを残して次回以降の治療に役立てることもできます。模型を保管する物理コストが不要になるというメリットもあります。

まとめ

人手が不足している歯科業界では、DX化を推進して業務を効率化するのがおすすめです。少ない人手を効率的に回転させることができるほか、スタッフの業務負担が減り、人的ミスを減らすことにもつながります。コストカットや患者満足度向上も実現できるでしょう。

まずは導入しやすく、簡単にDX化できるものから進めていくのがおすすめです。電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話の一次受付を自動化する電話DXツールです。よくある質問には自動で回答したり、予約専用URLを案内したり、緊急の電話や取引先からの電話は直接担当者へつなぐことも可能です。

申し込んだら最短5分で使い始めることができ、月額3,000円~という低コストで導入が可能です。歯科業界のDXを考えているなら、ぜひIVRyをお試しください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ