アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

農業DXとは?電話業務をDX化して労働力不足を解決する方法

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

農業を通して、私たちは安定的に食べ物を入手しています。今後も基本的な位置づけが変わることはないでしょう。しかし時代とともに消費者が求めるニーズは変化しています。安いものを大量に、という時代は過ぎ、安心できるもの、より美味しいもの、他とは違うもの、を求めるようになりました。

一方で農業の世界には高齢化や労働者不足の問題があり、消費者のニーズに答えながら安定的な生産を続けるのは、より難しくなっています。そこで注目を集めているのが農業DXです。新しい技術を導入することで、労働力不足に対応した農業に切り替えていく必要があります。

この記事では、農業における課題やDX化のポイント、電話業務効率化について解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

農業DXとは?

高齢化や労働力不足の解決

日本では基幹となる農業従事者のうち、65歳以上の人が7割に達しています。新規に就農する人も少なく、高齢化や労働力不足は深刻な問題です。農業DXを取り入れることで、人手が少なくても大量に生産できる、効率的に経営できる体制を整えることができます。

生産効率の向上

農業の現場では、デジタル技術でできることでも、慣例的に人や紙媒体で行っている作業が多いと言われます。実際の生産においてはドローンやセンサーの導入が進んでいますが、出荷や経営に関してはまだまだDX化できる余地があります。

農業が抱える課題とは?

高齢化による後継者不足

日本の農業では高齢化や後継者不足が深刻な問題になっています。このまま対策しなければ、食料供給に問題が出てしまう可能性もあります。

IT化や業務効率化への関心

慣例化しているものを変革させよう、という意志がとぼしく、そもそも関心が少ないという問題が挙げられます。「便利になる」ということは分かっていても、自らすすんで新技術を理解したり、取捨選択するのは難しいという問題もあります。

通信環境の設備

都市部ではインターネット網が整備されており、どこでもスマホを利用できますが、農村部では同じようにはいかないことがあります。通信環境の設備が行き届いていない地域もあり、設備を整えることが必要です。通信環境を整備することで、都心部と農村部をつなぐような取り組みも生まれています。

農業のDX推進ポイント

現場の現状理解

農業DXを進めるには、まず現場を理解することが必要です。どんなところに問題があるのか、現場の声を聞いたり、第三者の視点で見つめ直したりして、問題を洗い出しましょう。

課題の整理

現場を見たことであぶり出した課題を、細かく分けて整理します。DX化が必要な部分と、そうでない部分に分け、今すぐ取り組めることはさっそく改善しましょう。ただし改善点が多い場合、一度にまとめていくつも解決しようとせず、少しずつ慣らしながら取り掛かることが重要です。でないと現場が追い付けず、混乱して生産が滞ってしまう可能性もあります。

現場課題を解決するツールやプロジェクトの活用

生産現場の課題を解決するには、センサー、ドローン、自動走行トラクタなど新技術を導入するのが適しています。しかしこれらは導入時にもまとまった金額がかかります。かかった費用に見合った利益を上げられないと意味がありませんので、バランスが重要となります。

実務業務を解決するツールやプロジェクトの活用

生産現場以外にも、経営・加工・出荷・販売などに関わる事務作業を効率化させることが大切です。これにより効率化やコストカットにつながり、収益性が向上します。生産現場の省力化と合わせて取り組むことで、少ない労力で多くの利益を上げることが可能になるのです。

後継への伝達をわかりやすく

人手不足の問題に関連して、技術継承の問題があります。農業では長年の知識や経験、カンなど、マニュアル化しにくい技術が多くあります。それを新人でも分かりやすく実践できるよう、後継者育成DXを取り入れることができます。

農業の電話業務をDXするならIVRy

DXを進める第一歩として電話業務から始めてみるのはいかがでしょうか? 農作業中は中々電話が取れなかったり、電話の内容の管理がうまくできないなどの課題がありますが、IVRyなら最短5分で解決できます。

自動応答で農業に集中

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話をかけると「〇〇の問い合わせは1番を押してください…」と案内するシステムを提供しています。そのため電話が鳴ったときに作業の手を止める必要がありません。

緊急の場合や、相談が必要な電話は普段お使いのスマホに直接転送し、電話に出られないときは通知を送信します。電話に出る回数を減らすことができるので、農作業に集中することができます。

分岐機能で分業を推進

IVRyの分岐機能を活用すれば、担当者ごとに電話の内容を振り分けることができます。農業の現場では一人の担当者がすべての事務作業を担うことも珍しくありませんが、分業することで作業を効率化し、生産性・収益性を高めることができます。

受電履歴で言った言わない問題を解決

IVRyはすべての通話を録音しています。録音はいつでも確認できるので「言った」「言わない」トラブルも防ぐことができます。

IVRyは月3,000円~という低コストで利用できます。農業の電話業務を効率化して利益をアップさせたいなら、ぜひIVRyをご検討ください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ