アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

学校や教育現場のDX化とは?電話対応を自動化して煩雑化する業務を効率化する方法を解説!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

コロナ禍の影響を受け、遠隔授業などのDX化が急速に浸透した学校教育現場ですが、文部科学省が提唱するGIGAスクール構想はまだ始まったばかりの段階です。将来的なデジタル人材を育成するために、教育者に求められるニーズはどんどん複雑になっています。

この記事では、教育者の業務をDX化して効率化し、ICT知識を高める方法について解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

学校教育のDXとは?

GIGAスクール構想

GIGAスクール構想とは、2019年に文部科学省が発表した教育改革案です。GIGAはGlobal and Innovation Gateway for All(すべての児童・生徒にグローバルで革新的な扉を)の略で、児童・生徒1人に1台の学習用端末を貸与したり、ネットワーク環境の整備を行うことを目標としています。

デジタル人材育成

デジタル人材とは、デジタル技術を活用できる人材を言います。プログラマーのようなデジタルシステムを生み出す人材ではなく、プログラムなどのデジタル技術を自社の課題解決に生かすよう設計したり、カスタマイズできる人材です。

特に、AI、IoT、RPA、5G、3Dプリンティングといった最先端のテクノロジーに長けた人材育成が急務となっており、学校教育でもデジタル人材育成を意識した授業を行う必要に迫られています。

業務効率化

社会環境の変化により、教員に求められる知識・技能も多様化しています。コロナ禍の対応も迫られ、休日返上で仕事を片付ける様子を耳にした人もいるのではないでしょうか。

多用化するニーズにすべて対応していては、あっという間にオーバーワークになってしまいます。ある程度はDXツールを導入して、システムに任せてしまうなどの効率化も必要です。

学校教育現場の課題とは?

学校教育現場へのDX環境整備が遅れている

諸外国と比べると、教育現場でのIT活用が3割を超えている国がある一方で、日本での活用は1割に満たない状況です。こうした状態でデジタル人材の育成などかなうはずもなく、DX環境整備の遅れを早急に取り戻す必要があるでしょう。

指導側の知識不足

指導者、つまり教員の方はデジタル知識を学んだ経験のない世代です。デジタル技術への知識が不足していることが多く、教員に対してもDX化研修が必要となるでしょう。

学校教育現場でのDX推進ポイント

どの業務からDXを取り入れるか整理

教育現場が新たなニーズに対応していこうとすると、教職員の業務が膨大な量になってしまいます。そのためDXツールを導入して負担を減らす努力が必要です。日常的にしている業務はつい慢性化してしまい、問題があることにも気が付かないことがあります。第三者の視点で見つめ直して、どんな問題があるか洗い出しましょう。

クラウド化・デジタル化等による業務効率化

学校・教育現場では大量の紙資料を使うことが数多くあります。緊急性の高いもの以外はクラウド化・デジタル化することで、保存・管理・検索・照会がかんたんになるでしょう。

インフラ整備

学校の中には、いまだにインターネット環境の準備ができていないところもあります。まずはGIGA環境を整えるために必要なインターネット環境を整備したのち、児童生徒1人1台の端末、電子教科書、電子黒板といったインフラ整備が必要です。

指導者の育成

指導者側にICT(インターネット技術)を使いこなすスキルがなければ、環境を整備しても意味がありません。2007年から指導者のICT研修が行われており、一定の成果を上げていますが、デジタル人材の育成となるとまだ不十分です。

AIドリル・学習ログ・遠隔教育などの新技術

電子教科書・電子黒板などと合わせて、効率的に授業を進めるツールとしてAIドリル、学習ログ、遠隔教育などの新技術があげられます。コロナ禍を機にこうしたDXツールの導入が進み、誰もがどこにいても同じように質の高い教育を受けられる環境が生まれつつあります。

業務効率化

新しいことを始めるときには、なにか古いことをやめるのが手っ取り早いです。完全にやめるのが難しい場合は、外部委託するかDXツールを導入することで、コストを抑えながら続けることも可能です。

学校の電話業務をDXするならIVRy

コロナ禍の影響もあり、学校・教育現場では急ピッチでDX化が進んでいると思います。煩雑化する業務のうち、システムにできることはシステムに任せてしまうのがおすすめです。まずは電話をDX化して業務を効率化するのはいかがでしょうか?

電話業務効率化

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、よくある質問には自動で回答するほか、欠席や遅刻の連絡も留守電で自動受付します。朝の忙しい時間帯に電話のやり取りをすることがなくなり、業務を効率的に進めることができます。

スマホに通知

IVRyは、緊急の電話は担当者の電話へ直接転送することができます。どうしても電話に出ることができない場合は、普段使っているスマホに通知を送るので、時間ができたときに折り返し連絡をすればOKです。

通話録音機能

IVRyはすべての通話を録音しています。そのため「言った」「言わない」のトラブルを避けたり、録音を聞き返して正確な対応をすることができます。

学校・教育現場の電話をDX化するなら、ぜひIVRyにお任せください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ