アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

商社でのDX推進ポイントは?商社がDX化推進でパフォーマンスを向上させる方法とは

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

ECサイトなど直販ビジネスが一般化し、商社を介さない取引が普及・浸透した昨今、商社は従来どおりのやり方では成果を上げにくいを感じることが多いのではないでしょうか。パフォーマンスを最大化するためには、積極的にDXを取り入れて効率化したり、あらたなビジネスを創出していくことが重要となります。

この記事では、商社におけるDX技術の活用や、電話DX化で限られたコストから最大のパフォーマンスを引き出す方法について解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

商社DXとは?

ドローンや自動運転など新技術を利用

技術革新により、ドローンや自動運転など、最先端の技術を活用した新たなサービスが生まれています。ドローンや自動運転そのものを商品として取り扱うばかりでなく、こうした技術を生かしたビジネスを創出することが求められています。

ダイナミックプライシングの活用

ダイナミックプライシングとは、繁忙期は販売価格を上げ、閑散期に下げる、といったように、需要のバランスを見ながら料金を変化させる手法を言います。ダイナミックプライシングの浸透により、航空会社や宿泊施設のWEB予約が推進され、新たなビジネスチャンスが生まれています。他の業種やジャンルでもダイナミックプライシングを推進できる可能性があり、あらゆる業種に精通している商社の知識・ノウハウが求められているのです。

SNSを活用して小回りの利くサービスを展開

従来は、より大きな市場で大きなシェアを持つことが重要視されていましたが、SNSやインターネットの普及により、ニッチなサービスでも十分にビジネスチャンスとなることが実証されました。商社もまた、SNS等を活用したビジネスチャンスを見出していく必要があります。

物流の最適化

商社では従来より、大量に仕入れて大量に売りさばくような形態が主流でした。しかしブームが去って大量の売れ残りが発生したときなど、大きなリスクを抱えることになります。DX化を進めることで適正な数だけ生産したり、在庫を保管する倉庫の維持費を減らしたり、配送などの物流も最適化するなど、より少ないコストで最大のパフォーマンスを上げることが可能になるのです。

アフターコロナを意識したビジネスの提案

新型コロナウイルスの影響を受け、非接触・非対面が求められるようになりました。商社も例外ではなく、アフターコロナを意識した商品やサービスが求められています。

商社における課題とは?

商社を介さない取引が増えている

近年、インターネットを用いた取引が中心となりつつあり、BtoCばかりでなくBtoBにおいても、商社を介さない取引が増えてきました。物販ビジネスにおけるEC化率は年々増加しており、1980年には14%だった卸売市場外流通比率も、現在では40%を超えています。商社にもさらなるパフォーマンスの向上が求められており、積極的な対策が急務です。

製造小売業の拡大

SPAと呼ばれる製造小売業は、商品の企画・製造・流通・販売と、すべてのプロセスを自社で行っています。独自に調査した情報を収集し、分析により消費者のニーズを確実に把握することで、製品づくりやあらゆるサービスに生かしているのです。商社が介さないために販売価格を安く抑えることも可能です。

商社がSPAに対抗するには、同様に消費者のニーズを把握するなど、情報収集や調査、データの解析が必要です。

仲介手数料以外の収益モデル構築が急務

商社は従来より、売り手と買い手を結び付け、幅広い販路を提供していました。その仲介手数料が収益の中心となっていましたが、インターネットが普及した現在ではこうした役割が薄れています。商社を仲介することでしか得られないメリットを創出する必要があるでしょう。

商社でのDX推進ポイント

自社の課題を整理

DX技術を導入するにあたって、まずはどんな問題があるか、自社の課題を整理することから始めましょう。中にはDX化するまでもなく、順序を変えたり、分業化することで解決するものもあります。経営的・総合的・将来的な観点から見える課題や、現場で実際に働く社員が抱える課題などを洗い出し、細かく整理することがDX化の第一歩になります。

外部委託を積極的に活用する

課題が整理されたら、すべてにDX技術を導入するのではなく、外部委託できるものがないか検討しましょう。もしDXツールを導入した方がコストが抑えられるならDXツールを選択し、外部委託する方がいいと思われる業務は外部委託しましょう。限られたコストを最大に生かせるようなスタイルを見つけてください。

ビッグデータの活用

商社には、幅広いジャンルの商品・サービスを取り扱ってきた経験が豊富です。こうした経験・知識は属人的で、他の人に継承していくことが難しいものですが、近年では経験・知識のデータ化が進んでいます。ノウハウをデータ化することで、新人や若手社員でも熟練者の知識を容易に習得でき、少ない人材を早く即戦力へと育てることが可能になります。

市場動向に沿ったビジネスを展開

商社の持つ莫大なデータを活用することで、市場や顧客の動向を分析し、新たなビジネスを考案することができます。変化を先取りすることができれば、競合他社よりも早く、柔軟に、優位に対応することができるでしょう。

業務効率化

課題を整理したときに、いまだに手作業・人力で時間をかけて行うような非効率な業務はありませんでしたか?現金の取り扱いをキャッシュレジスターが担ったように、DX化を導入することで業務効率化が推進され、コストダウンにもつながる場合があります。電話DXツール、タスク管理ツール、クラウド化ツールなどを活用すれば人為的ミスを減らすのにも大きく貢献します。

商社の電話業務をDXするならIVRy

商社でのDX推進や業務効率化、新ビジネスの創出は喫緊の課題ですが、取り組むべき課題が多すぎて、何から手をつけたらよいか分からないかもしれません。そこで、まずは導入コストが低く、効果の見えやすいDXツールから試してみるのはいかがでしょうか。電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、月額3,000円~利用可能な電話DXツールです。IVRyを導入することで商社の課題を解消することができます!

電話自動対応で電話業務効率化

IVRyはよくある質問には自動で回答したり、SMSを自動で送信することができます。そのため電話に出る回数が激減し、通常業務の手を途中で止める必要がありません。より重要な業務に集中して取り組むことが可能です。

24時間対応もできるので、顧客にとっても利便性が向上し、顧客満足度を上げることにもつながります。

顧客管理機能で市場動向を分析できる

IVRyの顧客管理機能を使えば、顧客ごとに過去のやり取りや電話履歴を保管することができます。顧客情報は、まとめてCSVデータとしてダウンロードでき、解析も可能です。市場動向が分析できれば、先立って新たなビジネスを考案したり、市場動向にふさわしい量を発注するなどの効率化にもつなげられるでしょう。

営業電話にも自動で対応

商社には営業の電話も多くかかってきます。商社にとって営業電話は完全にシャットアウトするわけにもいかず、かといって営業電話につきあって多くの時間を割きたくない、といったジレンマがあるのではないでしょうか。

IVRyでは、登録した電話番号を自動的にシャットアウトする「ブラックリスト機能」や、営業提案の専用フォームをSMSで案内する、といった対応が可能です。その中で興味深い提案があれば詳しく話を聞くようにすれば、営業電話に振り回されない主体的な対応が実現できるでしょう。

商社の電話をDX化して業務を効率化したいなら、ぜひIVRyをご検討ください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ