アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

飲食店をDX化するには?コロナ禍で迫られるDX化についてポイントを解説!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

コロナ禍でもっとも大きな影響を受けた飲食業界では、早急に対応が迫られています。デリバリー特化の業態に切り替えたり、非接触・非対面サービスを取り入れた方も多いのではないでしょうか。

日々の売上が新型コロナウイルスの流行に左右される中、深刻な問題となっているのが雇用関連です。いったん流行が落ち着いても、またすぐに流行が始まると思うと人を増やすことができず、かといって人手不足のままでは復活した需要に対応できません。 この記事では、現在の飲食店が抱える課題や、DX化のポイントとなる電話業務効率化について解説します。

飲食事例LP

飲食店のDXとは?

注文・予約の効率化

注文タブレットを導入したり、スマホから予約してもらうシステムを活用することで、顧客にとって利便性が向上するばかりでなく、飲食店側も注文や予約を管理しやすくなります。

売上への直接的な貢献

DX化を導入することで顧客が予約しやすい・注文しやすい状態になれば、単純に予約・注文数が増えます。DX化によって直接売上が増える可能性が高いです。

コストカット

DX化によりこれまで人の手でしていた業務を自動化したり、効率化することができます。その分空いた労力を他の業務へ回したり、コストカットが可能です。

事務作業の時間短縮

DX化は事務作業の時間を短縮するのにも向いています。面倒な事務作業を自動化すれば、まる1日かかる業務を1時間で終わらせる、といったことが可能です。人為的ミスの削減にもつながります。

コロナ禍における非接触への対応

コロナ禍以降、注文タブレットや配膳ロボットが普及しているように、非接触対応を求められるようになっています。DX化を推進して対応する必要があるかもしれません。

飲食店が抱える課題とは?

売上の停滞

コロナ禍以前、飲食店では歓送迎会、忘年会・新年会など、大きな稼ぎ時がありました。普段が赤字でも、稼ぎ時に十分な黒字を取り戻すことができるのです。しかしコロナ禍以降は稼ぎ時に十分な利益を得られなくなっています。

人材不足

コロナ禍によって客足が激減し、多くの飲食店が人員削減に踏み切りました。その後、緊急事態宣言やまん延防止重点措置が解除されるたびに客足が戻る、という現象が起こっています。しかし雇用周りは急な対応が難しく、回復した需要に対応できていません。

また、こうした不安定な雇用状態を避けて他業種へ転職した人も少なくありません。コロナ禍が終息を迎えない限り、人材不足の状態は続くでしょう。

商品提供以外の業務への対応

飲食店では来店した顧客の注文を聞き、料理して提供するのがメインの業務です。しかし実際には広報、HPやSNSの運営、食材の調達、出前対応、電話対応、経理、経営、と様々な業務があります。時代の変化に合わせて顧客のニーズも変化しており、飲食店の方でも変化に対応していく必要があります。

IT化への煽り

LINEでのクーポン配布や販促、デジタルポイントサービスなど、従来からあったものがIT化された例はあり、徐々に浸透していました。しかしコロナ禍以降、非対面・非接触によるサービスが強く求められるなど、急速にIT化すべき状況が発生しています。

コロナ禍も最初は一時的と思われていましたが、強い変異株が現れるたびにまん延防止重点措置が始まります。コロナ化が長期化する見通しを立てるべきかもしれません。

飲食店のDX推進ポイント

現場へのヒアリング

まずは現場の状況をよく確認して整理することが大切です。まずDXありきで考えてしまうと、DX化自体が目的になってしまい、現場を無視した方向に進んでしまう可能性も。実際に現場で働く従業員の声を聞いたり、第三者視点でムリ・ムダ・ムラがないか確認し、問題点を洗い出しましょう。

課題の明確化

問題点が見つかったら、それぞれの原因を探りましょう。原因が見えると課題として対策がしやすくなります。DX化が必要な課題と、そうでない課題に分け、それぞれ少しずつ対応しましょう。一気に進めようとすると現場が混乱する恐れがあるので、焦らず少しずつ進めるのがポイントです。

予約管理・モバイルオーダーシステム

スマホから注文できたり、客席にモバイル端末を置いて注文できるようなシステムを導入することで、顧客も店員を呼んで注文する手間が省け、店側も人為的ミスを減らして管理しやすくなります。

レジ・会計管理ツール

近年では技術がどんどん進化しており、顧客管理機能がついているレジや、系列店舗のレジを一元管理できるもの、売上や注文データを収集して分析ができるレジなど様々なレジがあります。たとえば会計管理ツールと連動していて自動的に入力されるレジを活用すると、一度の会計でたくさんの業務を一気に効率化できます。

電話業務効率化ツール

飲食店には予約や注文の電話、営業時間や休業日、混雑状況を確認する電話がよくかかってきます。これらをすべて自動で対応できるDXツールを導入すれば、忙しい時間帯でも電話に作業を止められることがなく、接客に集中できます。

誰でも使えるようにマニュアル化

DXツールを導入したら、従業員の全員が使いこなせるようマニュアル化するのがおすすめです。基本的な利用ルールや使い方をまとめ、分かりやすく表現しましょう。図やイラストがあるとさらに分かりやすいです。

飲食店の電話業務をDXするならIVRy

飲食店でDX化を進める場合は、早急な対応が迫られていることもあって、少ないコストで効果が大きいものからとりかかるのがおすすめです。なにからDX化を始めるか迷ったら、まずは効果が見えやすい電話業務効率化から始めてはいかがでしょうか。電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、飲食店の電話対応を自動化できるDXツールで、月額3,000円~という低コストに必要十分な機能が詰まっています。

よくある質問は自動応答

IVRyはよくある質問に自動応答しますので、お店への行き方を説明したり、混雑状況を伝えるために電話に出る必要がありません。飲食店では、忙しい時間帯ほど電話も多くなるという困った事態がよくありますが、IVRyがあれば忙しい時間帯には接客に集中することができます!

分岐設定で予約電話を取り逃がさない

IVRyでは自由に分岐設定が可能です。予約の電話は「2番を押してください」とIVRyが案内することで、SMSで予約専用サイトへ誘導します。確認や変更もできるようにしておくと、さらに顧客の利便性が高まります。IVRyを活用すれば「接客で忙しくて予約の電話を取り逃がしてしまった」という事態がなくなりますね!

顧客管理機能でリピート率を向上

IVRyの顧客管理機能を活用すれば、顧客の好みやタイミングが分かるので、適切な時期に適切な販促アピールができます。IVRyの顧客管理機能でリピート率をアップさせましょう!

業者などの重要な電話は担当者へ直接転送

取引先からの電話や緊急の電話など、重要な電話は従業員のスマホへ自動で転送しますので、電話を取り逃がす心配もありません。もし電話に出られないときは留守電に切り替わるので、時間ができたときに折り返し連絡することで効率的な時間の使い方ができます。

飲食店の電話業務をDX化するなら、ぜひIVRyをご検討ください!

多くの飲食店でIVRyが導入されています!

IVRyはすでに多くの飲食店に導入していただいております!実際にIVRyを使ってみてどんな変化があったか、ご愛用者様のインタビュー記事を掲載しております。ぜひご参考にしてください!

5分に1回鳴っていたピーク時の電話対応を自動化。デリバリー時の確認も音声録音機能でスムーズな対応が実現【キッチンきむら】

【株式会社サン・ルート様】居酒屋へのピークタイムの予約電話をIVRyで効率化することで売上と顧客満足度アップに成功!

飲食事例LP

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ