アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

病院・クリニックの繁忙期はいつ?人手不足を解消する対策とは

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

日々緊張を強いられる病院・クリニックでは、繁忙期にかかる業務負担の大きさが課題となっています。くわえて医療業界では、かねてより人手不足の状態が続いており、国や自治体が対策をしているものの、追い付いていない状況にあります。

この記事では、病院・クリニックの繁忙期や、その間の人手不足を解消する方法について解説します。

今すぐ無料で試してみる資料をダウンロードする(無料)

病院・クリニックの繁忙期はいつ?

病院・クリニックの繁忙期は、診療科によって異なります。たとえば内科・小児科は風邪やインフルエンザが流行する9~3月ころですが、皮膚科であれば湿疹・あせもが増える夏場と、乾燥が増える冬場に繁忙期があります。

耳鼻科やアレルギー科であれば花粉の時期など、病院・クリニックによって大きく異なると言えるでしょう。

このほか、全体的に月末・月初はレセプト請求業務のため忙しくなることが多いです。

病院・クリニックの繁忙期に生まれる問題

問い合わせ電話が鳴りやまない

病院・クリニックの繁忙期には、患者からの問い合わせ電話が急増します。普段からよくある「診療時間」「休診日」などの問い合わせに加えて、「この症状は病気かどうか?」「受診すべきかどうか?」「予約ができるか?」といった電話が多くなり、ただでさえ来院患者が増えて対応が忙しくなっているのに、電話が増えてさらに輪をかけて忙しくなるといった状態です。  
病院の予約電話を効率化する方法についてはこちらの記事をご覧ください。

病院・クリニックの電話DXで予約電話を効率化する方法とは?

スタッフの業務負担が増大する

繁忙期には通常の時期よりもスタッフの業務負担が増大し、余裕のない毎日を送ることになります。診療時間中は患者の対応に追われるため、診療時間後に残業して書類や事務作業を片付ける、というケースも少なくありません。

担当外業務の応援に行くことも増えますが、慣れない仕事によるストレスや疲労から、集中力が低下し、人的ミスが発生することも。集中力の低下は、普段の業務効率が落ちるなどの状態もまねきます。

看護・介護業務の増大

繁忙期には看護・介護業務が増大します。直接、患者と接する業務になるため、集中力や体力が要求されるほか、患者の心の健康を意識するのも大切です。しかし忙しくなると時間を気にすることが増え、患者の対応に集中できなくなってしまうことがあります。

また、看護・介護業務が増大すると、スタッフの精神的・肉体的疲労が蓄積し、スタッフ自身の健康問題も心配です。最悪の場合には離職をまねく可能性もあります。

休暇が取れない

医療業界の繁忙期には患者の対応に追われ、人手が不足することが多いでしょう。そのため各スタッフが休暇を取りにくくなることが予想されます。

一時的な繁忙期であれば週2日の休みで乗り越えられるかもしれません。しかし医療業界の繁忙期は、数か月など長期間になることも多く、スタッフ自身が体調を崩してしまうこともあります。

業務負担が大きい中、休暇が取りにくくなれば、スタッフのモチベーションは低下し、離職につながりやすい状況になるでしょう。

 

電話DXで業務負担を軽減し、病院・クリニックの人手不足を解決することができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

病院・クリニックの人手不足を電話DXで解決!その方法とは?

医療業界の繁忙期を乗り越える方法

労働環境の整備

医療業界の繁忙期は、スタッフの労働意欲や離職に直結します。できるだけ早期に労働環境を整備し、業務負担を減らすことが大切です。

業務負担が少なくなれば、少ない人手でも運営が容易になり、休暇を取りやすくなるといったメリットもあります。スタッフにも余裕が生まれ、事前にミスを防ぐことにもなるでしょう。

具体的に労働環境を整備するには、業務効率化を行ったり、スキルアップ研修を実施する、人事評価制度を設ける、といった例が挙げられます。これらが実現すれば患者側にも待ち時間が少なくなる、看護・医療品質が向上する、といったメリットが出ます。

各種手当を充実させる

特に繁忙期はスタッフのモチベーションが低下しやすいので、繁忙期だからこそ活用できる手当を導入するのも良い方法です。残業手当を増額したり、休暇取得促進を掲げたり、時間差出勤やリモートワークなどの多様な勤務形態を認めるといった方法があります。

DXツールを導入する

DXツールとは、人の手で行っている作業を機械やシステムに任せるツールです。たとえば新規患者が病院・クリニックへ行くと、名前・住所といった個人情報や、具体的な症状を問診票に書き込みます。

それを元にスタッフがカルテを作成するわけですが、これがスマホやタブレットで入力でき、自動的にカルテが生成される、といったDXツールがあります。 わざわざスタッフがカルテを作成する手間が省け、患者側も手書きで書き込む必要がなくなるため、双方に使い勝手の良いシステムと言えるでしょう。

こうしたツールは月額数万円程度の費用で導入でき、カルテばかりでなく会計・請求業務、オンライン診療、検査機器の結果保存など、様々なサポート機能も付随しています。業務負担の効率化と軽減、コストカットが同時に実践できるため、労働環境の改善にも役立つでしょう。

 

最近では電話DXツールを導入する病院・クリニックも増えています。電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)を活用すれば、電話の一次対応を自動化し、スタッフの負担を大幅に削減することができるでしょう。電話番の人件費を考えると、コスト削減にも役立つツールと言えます。

 

病院・クリニックにおすすめの業務効率化ツールはこちらをご覧ください。

【2023年最新版】病院のおすすめ業務効率化ツール6選!

医療業界の閑散期はいつ?

医療業界の閑散期は、繁忙期以外の時期です。内科や皮膚科であれば春・秋、健診センターなどは夏・冬が閑散期になることが多いです。

医療業界の閑散期にしておくこと

スタッフの健診など健康管理も重要ですが、繁忙期には手が回らなくなることも多いので、閑散期の内に実施するのがおすすめです。このほかスタッフの教育・研修や、DXツールの導入、業務効率化などは閑散期に実施して準備を整えておくことで、繁忙期に効果を実感できるでしょう。

まとめ

病院・クリニックの繁忙期は、診療科によって違いはありますが、毎年一定の時期に訪れます。診療科によっては数か月にわたって繁忙期が続く場合もあり、業務負担増加や、長時間労働、スタッフのモチベーション低下といった問題を引き起こすことがあります。

そのため、閑散期の内に健康診断の実施、人事評価制度の構築、業務効率化や、スタッフの教育・研修、DXツールの導入などを行い、労働環境を整備しておくことが重要です。

 

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、電話の一次対応を自動化するDXツールです。診療時間や混雑状況などのよくある問い合わせには自動で回答するほか、予約専用URLをSMSで自動送信したり、緊急の電話は直接担当者へつなぐこともできます。

IVRyはすでに多くの病院・クリニックに導入され、「電話対応が半分以下になった」「余裕を持って診療業務ができるようになった」と、ご好評いただいております。病院・クリニックの繁忙期に備えるなら、ぜひIVRyをご検討ください!

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ