旅行業界の繁忙期・閑散期に起こる問題点や、その対策を紹介!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

コロナ禍で大きな影響を受けた旅行業界では、人手不足が加速しています。今後のウィズコロナ・アフターコロナを考えると、繁忙期に備えた十分な対策が必要となるでしょう。

この記事では、旅行業界の繁忙期・閑散期について詳しく解説します。

1ヶ月無料トライアル資料をダウンロードする

旅行業界の繁忙期はいつ?

旅行業界の繁忙期は、長期休暇が発生しやすい時期です。春休み、夏休み、冬休みのほか、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、三連休などの時期が当てはまります。

このほか、観光地などはお祭り、花火大会といったイベント行事が開催される時期も繁忙期となることが多いです。

旅行業界の繁忙期に起こる問題

人手不足

旅行業界は特に人手不足が深刻だと言われています。コロナ禍により人員整理を行った企業も多く、今後の繁忙期には相応の準備が必要になります。

繁忙期になると、普段よりも業務が増え、忙しくなりますので、より人手不足を実感するでしょう。担当外のスタッフへ応援を頼む必要性が出たり、同じ業務でも普段と同様の品質を保てなくなる可能性があります。

休みが取れない

繁忙期になると、スタッフは休みが取りにくくなったり、長時間勤務や残業が増えることが予想されます。一時的なものであればスタッフも対応できますが、こうした状態が長く続くと、スタッフの健康状態が心配ですし、モチベーション低下につながるかもしれません。

業務負担の増大

繁忙期には普段よりも客足が増え、「稼ぎ時」となる一方、スタッフ一人ひとりの業務負担が増大します。業務負担が増えることでスタッフの心身にかかる疲労が増大し、ミスを起こす可能性が高まるでしょう。

もしミスが発生してしまったら、そのミスをカバーするために余計に業務が増える、という悪循環に陥ります。こうした事態を防ぐためにも、業務負担が重くなりすぎないよう、配慮が必要です。

問い合わせの電話に出られない

人手不足に悩んでいる旅行業界では、最低限の人手だけで運営している企業も多いと思います。そのため繁忙期になると問い合わせの電話に対応するのが難しくなる場合があります。

しかも繁忙期になると余計に問い合わせの電話が増える傾向があるため、電話対応に際してはあらかじめ対策を考えておくのがおすすめです。

旅行業界の繁忙期に備える方法

繁忙期だけ臨時で人手を増やす

どうしても人手が足りないという場合、繁忙期だけ一時的に人手を増やす方法があります。短期のアルバイトやスポット求人を利用する方法です。

ただし旅行業界の繁忙期は全国的に同じ時期になりやすく、一時的な増員すら難しい場合もあります。早めに募集をかけるなど、先手を打って準備を整えておくことが重要です。

スタッフの能力を高めておく

あらかじめスタッフに教育・研修を受けさせることで、一人一人の能力を高めておく方法もおすすめです。スタッフの技能が高まれば、同じ業務をより短時間でこなせるようになったり、より多くの顧客に対応できるようになるでしょう。

教育や研修には一定の期間が必要ですし、それを試す訓練期間も必要です。繁忙期直前になってからでは手遅れとなってしまいますので、閑散期の内に準備しておくのがおすすめです。

業務を効率化する

繁忙期には業務が増大する一方、一度のアクションで大量の顧客に対応できるような業務もあります。 もし手のかかる業務、時間がかかる業務があるなら、一度のアクションでまとめて対応できないか、検討してみましょう。

このように、ひとつひとつの業務を効率化することで、繁忙期であっても通常時とさほど変わらないような業務フローで運営ができます。

DXツールを導入する

DXツールとは、人の手で行っている業務をシステムや機械に任せられるツールです。たとえば電話DXツールを導入すると、電話の一次対応を自動化することができ、電話番が不要になる、電話対応の回数・時間が半分になる、といった効果が期待できます。

電話対応にかかる手間が減れば、その分スタッフには余裕が生まれるので、きめ細かい接客ができたり、長時間労働・残業増加を防ぐことができます。人件費の節約にもなるでしょう。

旅行業界の閑散期はいつ?

旅行業界の閑散期は、繁忙期以外の時期です。特に梅雨時は閑散期になりやすく、台風の時期には直前のキャンセルも発生しやすいことを理解しておきましょう。

旅行業界の閑散期にしておくべきこと

旅行業界の閑散期には、繁忙期の備えとしてスタッフに教育・研修を実施したり、業務効率化を検討したり、DXツールを導入するなどの業務改革がおすすめです。

こうした改革がスタッフ一人一人に根付くには閑散期を有効活用するのが最適です。多少の赤字は覚悟し、前もって繁忙期の準備をしておくことで、稼ぎ時にしっかりと利益を出すことができるでしょう。

業務改革がうまくいけば、接客品質も向上し、顧客満足度アップやリピーター増加といった効果も期待もできます。

まとめ

旅行業界では、夏休みやゴールデンウィークなど、長期休暇の時期が繁忙期となります。お祭りやイベントがある時期にも繁忙期となることが多く、こうした時期には業務負担が増大し、忙しくなるでしょう。

かねてより旅行業界では人手不足が深刻で、ウィズコロナ・アフターコロナへの需要対応が課題となっています。閑散期の内に準備をDXツール導入などの準備を整え、使いこなせるようにしておくことが大切です。

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、よくある質問には自動で回答し、予約の電話には自動的にSMSを送信し、予約専用URLを案内します。緊急の電話は担当者へ直接つなぐこともできるなど、業態に合わせて自由な使い方ができるのが魅力です。

繁忙期の電話対応の大部分をIVRyに任せれば、スタッフの電話業務負担が軽減し、効率的な接客が可能です。旅行業界の繁忙期に備えるなら、ぜひIVRyをご検討ください!

その他の記事

1ヶ月無料トライアルまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ問い合わせ