飲食店スタッフの人材育成の重要性とその方法とは?

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

飲食業界は人手不足の状態が続いており、アフターコロナ需要を目前に、さらに深刻になっています。離職率も高いことから、人材育成によりスタッフのモチベーションを高めたり、働きやすい環境を整えることが重要となります。

この記事では、飲食店スタッフの人材育成について解説します。

飲食事例LP

飲食店で人材育成はなぜ必要?

飲食業界で人手不足が課題なため

飲食業界では8割以上の店舗で人手不足と感じているそうです。飲食業界では「給与が安い」「肉体労働でつらい」「休みが取れない」といった悪いイメージがあり、こうしたイメージを払しょくしながら働きやすい環境を整えることが急務となるでしょう。

そのために人材育成を積極的に行うことで、スタッフは自身のスキルアップを感じ、モチベーションがアップするという効果があります。それにより離職率を下げることができるでしょう。

このほか、飲食業界の人手不足を解消するために、電話DXツールを活用している事例がありますので、合わせてこちらの記事をご参照ください!

「飲食店の人手不足を電話DXで解決!その方法とは?」

サービス・接客の品質向上・統一化のため

飲食店で人材育成を行うことで、顧客への接客品質が向上します。顧客満足度向上にもつながるので、飲食店全体の売上を上げるなど、経営面からも大きなメリットがあると言えるでしょう。

飲食店の人材育成で大事なポイントとは?

仕事に対する不安を極力なくす

まずは新人スタッフや未経験のスタッフであっても、不安なく働けるような仕組みを構築しましょう。そのために有効なのがマニュアルです。

マニュアルがあるとスタッフは仕事を覚えやすく、また、後から振り返りやすいというメリットがあるので、サービス品質が向上しやすくなるでしょう。

スタッフのモチベーション管理に気を付ける

どんなスタッフでも、毎日同じことの繰り返しでは飽きてしまい、モチベーションが低下してしまいます。業務の習熟度に合わせて、任せる仕事の範囲を増やしたり、責任の大きな仕事を増やしていくのが良いでしょう。

また、成果を適切に評価することも大切です。分かりやすい評価制度を設け、公平に評価し、必ず給与に反映しましょう。

教育側も準備やフロー整理をしっかり行う

人材育成をする際には、準備をしておくことも大切です。まず何を覚えてもらうか説明し、その後実際にやって見せて、同じことを実践してもらう。最後に評価をする、といった流れをあらかじめ整理しておきましょう。

飲食店の人材育成によるメリット

離職率が低下する

新人スタッフに適切な教育研修ができないケースでは、すぐに辞めてしまったり、連絡が取れなくなる、ということがよくあります。

正しい人材育成を行うことでスタッフの安心感やモチベーションを高めることができ、離職率が低下するでしょう。

サービスの向上につながる

人材育成が適切だと、店舗全体のサービス品質を向上させることができます。特に接客に関わる部分は顧客満足度に直結するので、リピーター獲得や売上拡大につながる可能性も高いです。

採用費の削減

人材育成により離職率が低下すれば、採用費の削減につながります。採用費とは、求人広告費用や、面接・採用にかかる人件費などを言います。

これに教育研修コストを合わせると、1人採用するたびに100万円のコストがかかると言われています。離職率を下げることでコスト削減にもつながるのです。

事業の成長につながる

人材育成によりサービス品質が向上し、顧客満足度が向上すれば、結果的に売上が拡大し事業成長につながります。定期的なフィードバックを行い、適切な評価を続けることで、店舗全体のサービス品質が向上し、能力の高い人材が集まるようになってくるので、最終的には企業を存続させ、発展させることができるのです。

飲食店での人材育成をする方法

マニュアルの作成

飲食店の業務には、大きく分けてホールとキッチンの2つがありますが、業務の性質ごとにマニュアルを作成し、基本的な業務のやり方をまとめておきましょう。サービスの質を一定に保つことができ、育成にかかる時間を短縮させることもできます。

教育・研修環境を整える

スタッフの成長度に合わせた教育・研修制度を用意しておくのもポイントとなります。適切なタイミングで教育研修を行うと、スキルアップを図れるだけでなく、モチベーションアップにもつながるからです。

定期的に面談を行ったり、積極的にコミュニケーションを取るなど、風通しのよい職場環境にしておくことで、スタッフが抱えている問題や不満をいち早く知り、解消するのに役立つでしょう。

評価体制を整える

スタッフを適切に評価し、給与へ反映させていくためには、評価体制を整えることも重要です。評価制度にはいろいろなものがありますが、それぞれの店舗によってふさわしい評価制度をいくつか組み合わせるのがおすすめです。

店側・経営者側からの評価だけでなく、スタッフ側から自己評価・自己申告できるような制度を合わせることで、スタッフのモチベーションを保つのに役立ちます。

適切なフィードバックをする

フィードバックとは、スタッフが達成できたこと、出来なかったことを指摘することを言います。特定の期間を設け、期間内に達成できれば昇給の材料としたり、出来なかったことは今後の目標として継続して取り組みます。

フィードバックによりスタッフは個々人の目標が明確化され、同時に自分の成長度を確認することができるため、モチベーションの維持に大きく関係すると言えるでしょう。

フィードバックをする際は、それぞれのスタッフを客観的に見つめる必要がありますが、DXツールを活用することで働きぶりが見える化され、確認しやすくなることがあります。

電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)は、すべての通話を録音しているので、後から電話対応品質をチェックするのにもおすすめです。電話対応の教育研修素活用することもでき、店舗全体のサービス品質向上に役立つでしょう。

まとめ

飲食店スタッフは人手不足が深刻な状態にあり、離職率を下げるために人材育成が有効です。まずは新人スタッフが安心できるような環境を用意し、スタッフの成長度合いに応じて責任の高い仕事を任せたり、適正な評価により給与に反映させることで、スタッフのモチベーションを維持しましょう。

人材育成によりスタッフのサービス品質が向上すれば、店舗全体のサービス品質が向上するため、顧客満足度アップにもつながります。ひいては店舗の業績拡大に関わるので、ぜひ積極的に人材育成に取り組んでください。

飲食事例LP

その他の記事

無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ問い合わせ