アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

飲食店でインバウンド対策!海外からの集客増加のポイントを解説

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

飲食店業界はコロナ禍の影響を大きく受けており、雇用整理や長期休業といった対応に迫られた企業も多いのではないでしょうか。

今後はウィズコロナ・アフターコロナ期を迎えることになり、インバウンド需要へどう対応していくかが課題となっています。この記事では、飲食店のインバウンド対策や、DXを活用する方法について解説しています。

飲食事例LP

そもそもインバウンドとは?

そもそもインバウンドとは「内向きの」という意味のある言葉です。海外から国内への旅行や、それにまつわる商品・サービスの消費行動を指すことが多いです。

つまりインバウンド需要とは、海外からの旅行者による需要であり、食事・宿泊・観光・ショッピング等のすべての需要を意味します。

広い意味では、外国人向けの標識や案内板を用意する、外国人向けに多国語に対応した観光案内所を用意する、といったこともインバウンド対策に当てはまるでしょう。

インバウンド対策が重要視される理由

お客さんの幅を広げるため

飲食店業界は飽和状態にあり、競争が激化しています。一方で国内cd消費者の需要を喚起したり、リピーターを増やすことには限界があります。

インバウンド需要を取り込むことでお客さんの幅を広げ、売上を拡大することができるでしょう。

アフターコロナのインバウンド対応

アフターコロナを迎えつつある現在、人手が激減している飲食店業界では、反動で急増すると見られるインバウンド需要に対応するのが難しくなっています。今の内からインバウンド対応策を考えて備えておくことが望まれます。

インバウンドというと観光客ばかりをイメージしてしまいますが、実際にはビジネスのために日本へ訪れる外国人も多く、観光客と比べると定期的に訪日する確率が高いと言えます。ビジネス目的のインバウンド需要を取り込めば、リピーター獲得にも大きな期待が持てますね。

在日外国人へのサービス向上

インバウンド対策を行うということは、多国語に対応したり、キャッシュレス決済を拡充させることが中心となります。こうした対策が在日外国人へのサービス向上にもなり、顧客増加が期待できるでしょう。

飲食店のインバウンド対策ポイント

メニューの外国語表記

飲食店でのインバウンド対策としてまず挙げられるのは、多国語に対応することです。英語を基本に、地域によっては中国語、韓国語といった外国語に対応したメニュー表を用意することで、インバウンド客が利用しやすいお店になります。

合わせてお店の公式HPなどでも外国語対応していることをアピールすると、インバウンド客を呼び込むきっかけとなります。

また、注意したいのは、インバウンド客に向けたデザインです。日本人に受けるデザインと、インバウンド客に受けるデザインは異なります。特にメニュー表などは分かりやすいことが重要です。インバウンドを意識したデザインを考えてみるのも良いでしょう。

支払い方法の多様化

日本国内ではまだ現金決済が主流ですが、海外ではキャッシュレス決済が主流の国も増えています。世界的に流通している決済システムを積極的に導入するなど、支払方法を多様化するのが良いでしょう。

予約や問い合わせの外国語対応

近年では、電話やメールであらかじめ飲食店に来店予約を入れることも多くなりました。特に増えているのが海外からの予約や問い合わせです。

メールの問い合わせであれば、翻訳ツールを使うなどして、なんとか対応できるかもしれません。合わせて電話での問い合わせにも対応しておきたいところです。

SNS、旅行情報サイトの活用

InstagramやTwitter、Facebook、YoutubeなどのSNSは世界中で利用されており、インバウンド客も目にしたり、参考にするメディアです。インバウンド客が「多国語に対応していて利用しやすかった」と写真と共に投稿すれば、別のインバウンド需要を呼び込むきっかけになるでしょう。

SNSを活用するには定期的な更新や投稿が必要です。SNSへ投稿予約できるツールや、自動的に過去の人気のある投稿を再掲載するツールを活用するのもいいですね。

このほか、Trip Adviserなど、多国籍で展開している旅行情報サイトを活用するのもおすすめです。インバウンド客のニーズを把握するのにも役立ち、大きな宣伝効果があります。

インバウンド客向けのWi-Fi対応

近年は、無料で使えるWifi環境を設置した飲食店も増えてきました。しかしインバウンド客向けとなると、どうでしょうか?無料Wi-Fiは日本人以上に、インバウンド客にとって重要なものです。

キャッシュレス決済にはインターネット環境が必須であることも多く、Wi-Fiが使えなければキャッシュレス決済ができない可能性もあるのです。

また、Wi-Fi環境が整っていれば、飲食店の料理の写真をその場でSNSにアップしてくれるかもしれません。

インバウンド需要を正確につかむ

日本人にとっても魅力あるコンテンツであっても、インバウンド客にも魅力があるとは限りません。インバウンド客が何を求めているのか、需要を正確につかむことも重要なポイントです。

そのためにはデータを収集して分析したり、アンケート調査といった準備をするのもいい方法です。データ収集・分析に当たっては、顧客管理ツールを活用するのが効果的です。また、ターゲットとする外国の現地にアンケート調査をするサービスもあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

インバウンド営業

ビジネス目的で訪れる外国人をターゲットにインバウンド営業を行うという方法もあります。たとえば国際的な会議やフォーラム、講演会などのイベントが開かれるのに合わせて、会場へ移動販売車で出張したり、会食の会場として提案するといった方法です。

実際に、インバウンド営業により年間の経済効果が800億円に及んだという例もあります。

飲食店のインバウンド対策はDXツール活用がおすすめ

飲食店のインバウンド対策には、いくつかの準備が必須です。そのためにはDXツールを活用するのが良いでしょう。DXツールとは、これまで人の手で作業してきた業務をシステムや機械に任せることができるツールです。

たとえば、海外から外国語のメールが来たら、以前では辞書を片手に翻訳せざるを得ませんでしたが、近年では翻訳ツールの精度が向上し、大体の内容はすぐに理解できるようになりました。

電話自動応答サービスIVRyは多国語に対応した電話DXツールですので、予約や問い合わせの電話が英語や中国語でも、問題ありません。詳しくは問い合わせフォームに記入していただき、後程メールで回答するように誘導すれば、インバウンド客も安心してお店を利用できるでしょう。

飲食店のインバウンド対応を考えているなら、ぜひIVRyをご検討ください!

飲食事例LP

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ