アイブリー
料金プラン
お問い合わせ
無料トライアル

飲食店の省人化とは?実施事例やメリットをご紹介!

TwitterFacebookLINEブックマークPinterest

飲食業界では人手不足の状態が続いており、省人化でコストカットや業務効率化を図る企業も少なくありません。加えてコロナ禍で非接触・非対面によるサービスが重視されつつあります。

一方で質の高いサービスを提供するためには一定以上の人手が必要という考え方もあり、難しいかじ取りを迫られている現状です。この記事では、飲食店の省人化について解説します。

飲食事例LP

飲食店の省人化とは?

人手不足で効率化を図りたい飲食業界では、近年、省人化という考え方が注目されています。セルフレジや注文用のタブレット端末を導入し、少人数のスタッフで店内業務を効率よく回転させる飲食店も増えており、今後も省人化の流れは続く傾向が予想されます。

飲食業界の省人化の事例

省人化サービスの最先端事例では、「自動土産ロッカー」や「配膳ロボット」などのサービスに加えて、バックヤード業務の効率化・DX化が見られます。

効率化システムを導入することで、何日もかけて手作業で行っていた注文書作成や在庫管理といった作業が、わずか数時間で完了するといった事例もあり、省人化に大いに貢献しています。

また、電話自動応答サービスIVRy(アイブリー)を活用することで、電話対応業務を自動化して省人化を実現した事例もあります。こちらで詳しく紹介しておりますので、合わせてご覧ください!

「5分に1回鳴っていたピーク時の電話対応を自動化。デリバリー時の確認も音声録音機能でスムーズな対応が実現【キッチンきむら】」

飲食業界で省人化が注目されている理由

人手不足や人件費削減

飲食業界では、長年、人手不足の状態が続いています。日本では労働人口が毎年減少しており、今後もその状態が改善するとは考えにくいでしょう。

人手を確保するためには人件費の増加も予想されますが、できるだけ人手不足や人件費増加に対応するため、業務をシステムに任せることでの省人化が注目されているのです。

注文や会計などでのミスの予防

注文や会計の際、スタッフが行うとどうしても人的ミスが発生してしまいます。少ない人手でこうした細かい業務を行おうとすると、なおさら負担が増加し、スタッフの心的ストレスになることもあります。

細かい業務をシステムに任せて自動化することで、スタッフの業務負担を減らしながら人的ミスを防ぎ、接客や調理など重要な業務に集中できるようになるでしょう。

コロナ禍による非接触需要の増加

コロナ禍を受けて飲食業界では、非接触によるサービスの需要が高まっています。日本では非接触対応が遅れている現状で、今後は非接触への切り替えが加速するとも言われています。

こうした流れに乗り遅れると、同業他社との競争に置いて行かれてしまうリスクも考えられます。

飲食店を省人化するメリット

人件費削減できる

省人化に取り組むと、まず人件費を削減できるのが一番大きなメリットです。飲食店を運営するにあたって、人件費はかなり大きなウェイトを占めるコストです。人件費が削減できれば、店舗の運営には余裕が出るでしょう。

ミスや人手不足の解消につながる

省人化するためにはITシステム等を導入することになりますが、人が手作業で行うよりも正確なケースが多く、人的ミスを減らすのにも役立ちます。

同時に、人が行うと何時間もかかるような作業が、システムに任せることで数分で終わるケースも珍しくありません。人手が不足していても問題なく店舗を運営することが可能になるのです。

スタッフの業務負担を減らせる

省人化に取り組むと、スタッフの業務を減らすことができるので、スタッフの業務には余裕ができ、システムにはできない高度な業務に集中して取り組み、スキルアップやモチベーションアップにもつながります。

お客さんのサービス体験向上にもつながる

省人化によりミスがなく、待ち時間が短縮される、といった利便性が高まれば、お客さんにとってもサービス体験が向上します。

スタッフにもきめ細かいサービスを提供する余裕が生まれ、接客品質がレベルアップすると、顧客満足度アップも期待できるでしょう。

飲食店を省人化する際の注意点

かえって負担が増えないように気を付ける

飲食店を省人化する際は、システムに対応するのに手間取ったり、顧客がシステムを使いきれずに問い合わせが増える、といった可能性も考えられます。こうした場合、省人化システムを導入する前よりも負担が増えてしまう可能性があり、注意が必要です。

一度にたくさんの省人化システムを稼働させるのではなく、一つずつ試してみて、徐々に慣らしていくような形が理想的です。

システムの導入コストがかかる

省人化システムを導入するには、端末代やシステム運用費用などの導入コストがかかります。規模の大きい飲食店ほど効果も出やすく、コストの回収も早くなりますが、それだけ導入コストも大きくなる点に注意してください。

使いやすく課題が解決できるシステムを選ぶ

省人化システムを導入する時には、使い勝手が良く、店舗の課題が解決できるようなシステムを選びましょう。実際に使用するお客さんの視点で操作してみて、問題なく利用できるようなシステムを選定するのがおすすめです。

飲食店の業務を効率化する省人化ツールをこちらの記事で紹介しております。合わせて参考にしてください!

「【2023年最新版】飲食店の業務を効率化するおすすめツールをご紹介!」

飲食店の省人化を実現するには?

セルフレジの導入

セルフレジは、会計時の混雑を緩和したり、顧客の待ち時間を短縮するためのシステムです。自動化により釣銭のミスが解消され、非対面サービスを実現します。

オンラインオーダーやデリバリーサービスの導入

オンラインオーダーはスマホから前もって予約をしたり、注文を入れておくシステムです。席の予約だけでなく料理の注文も合わせることで、キャンセルを防ぐ効果があります。

UberEatsや出前館に代表されるようなデリバリーサービスを活用し、「ゴーストレストラン」と呼ばれる出前専用店舗を開業している飲食店もあります。ゴーストレストランは実店舗がなく、来店してもテイクアウトしかできませんが、その分スタッフは少人数で済むという利点があり、開業・起業にも適した形態です。

バックヤード業務効率化ツールの導入

飲食店の経営においては、接客や調理といった業務以外にも、食材の仕入れ、在庫管理、マーケティングといった様々なバックヤード業務が発生します。これらの業務を効率化することで、スタッフの負担が削減されて効率よく経営を行うことができるでしょう。

一方で、飲食店で少人数運営をするために課題となるのが電話対応業務です。飲食店では忙しい時間帯ほど電話による問い合わせが多くなることがありますが、電話自動応答サービスIVRyを活用すれば、忙しい時間帯も調理や接客に集中し、電話対応を自動化できます。

詳しくはこちらの記事で紹介しております。合わせてご覧ください!

「飲食店で少人数運営を実現するには!?ワンオペの課題を電話自動化で解消する方法」

まとめ

飲食店では人手不足が常態化しており、システム導入による省人化が注目されています。省人化が実現すればスタッフの負担が減り、よりきめ細やかな接客サービスが実現したり、人的ミスを削減することにもつながるなど、様々なメリットを得るでしょう。

省人化システムを選ぶ際は、かえって負担が増えないよう留意しつつ、使い勝手が良いものを選択しましょう。

飲食事例LP

その他の関連記事

今すぐ無料で試してみるまずは資料請求
IVRy アイブリー

推奨環境:Google Chrome

※IEでは架電・受電機能はご利用できません。

料金プラン導入業界・業者一覧セミナーお役立ち記事導入事例パートナー導入事例パートナー制度電話番号検索運営会社プライバシーポリシー利用規約特定商取引法に基づく表示FAQ